グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻・コース

ホーム > 専攻・コース > 管楽器専攻(4年制)/管楽器コース(2年制)

管楽器専攻(4年制)/管楽器コース(2年制)


管楽器を愛するすべての人へ!関西最多の教員陣による、充実の指導をあなたに
日本で初めて、学内に本格的なオペラ劇場を備えた大阪音楽大学。
長年培ってきた実践重視のノウハウで、豊かな表現力を持つ管楽器奏者を育てます。

新着情報

トロンボーンの呉信一 客員教授による「特別講義(オーケストラスタディ)」や「実技レッスン(要オーディション)」を
聴講・受講できます!

ムービー

同属楽器による演奏会
同属楽器だけで編成された合奏を毎年実施!各楽器を専攻する学生が多い大音だからこそできる演奏会です。

コースの特色

「吹奏楽」から「オーケストラ」まで、あらゆる編成をカバーするカリキュラム

1・2年次に、各楽器の基本的な知識と奏法を習得。3・4年次で、多彩なレパートリーをマスター。室内楽や同属楽器合奏、吹奏楽、オーケストラなどの経験を積み、高い技術力とともに協調性や向上心も育みます。短大では、これらを2年間に凝縮。効率的に指導します。

管楽器(レッスン)

まずは基本演習と作品の解釈、演奏法を学び、試験課題曲を中心に、基礎から応用へと進みます。最適な教材で、一人ひとりの進度に応じた指導を行っています。(大学・短大共通)

吹奏楽

さまざまな吹奏楽作品を取り上げ、構成の分析や研究、演奏を行い、合奏に必須となる基本技術や知識を習得。管打合奏に必要なソルフェージュの感覚も養います。

オーケストラ

オーケストラアンサンブルの基礎力養成を目標に、分奏形式によるオーケストラ・スタディも実施。楽曲に応じた演奏技術を習得し、音色の創造に取り組みます。

専門合奏

同属楽器のみによる合奏が行えるのも大音ならでは。フルート、クラリネット、サクソフォーンの各オーケストラ、トランペット合奏、オーボエ&ファゴット、ホルン、トロンボーン、ユーフォニアム&テューバの各アンサンブルを開講しています。

密度が濃い&幅広い! 短大独自のカリキュラム

『吹奏楽総合演習』がスタート!
吹奏楽に関する知識や技術をトータルに身につける授業です。「マーチング」ではマーチング指導の第一人者を講師に招き、「リペア」では経験豊富なリペアマンが指導します。
組み合わせて学べる
第二主科目
必要な力を2年間で
着実に養成
多彩な科目を
広く選択できる
「第一主科目( 週1 回4 5 分の実技レッスン)」に、他コースの楽器や他分野、他技能などの「第二主科目( 週1 回3 0 分の実技レッスン)」を自由に組み合わせ、自分の興味・進路に合った学習スタイルが作れます。 集中して楽器の演奏技術とその演奏解釈に必要な理解力を養い、豊かな表現力を持った管楽器奏者を育成します。短い期間であっても、学生同士でコンサートを企画立案するなど、それぞれ精力的に活動しています。 2 年間でも、将来の目標に応じた、さまざまな科目が選択できます。卒業生には、指導者や教員として社会で才能を活かしている者や、ソロやオーケストラ、吹奏楽の分野で活躍している演奏家も多くいます。

演奏会の開催

学びの集大成「大学&短大 吹奏楽演奏会」「定期演奏会」

大阪音楽大学 吹奏楽演奏会
@ザ・シンフォニーホール

大阪音楽大学短期大学部 吹奏楽演奏会
@ザ・カレッジ・オペラハウス

大阪音楽大学 定期演奏会
@ザ・シンフォニーホール

充実の練習環境

O号館&P号館 各練習室

O号館101教室

ザ・カレッジ・オペラハウス

ミレニアムホール


学生紹介

※いずれも2016年度取材時の情報です。

卒業後の進路

音楽と楽器に夢中になれる環境で学べたことが、今に生きています。
大学生活はいかがでしたか?
楽譜も豊富にあり、音楽と楽器に夢中になれる環境が素敵でした。音楽を学ぶ仲間がたくさんいるなかで、刺激をもらったり、ライバルが出来たり…。そんな環境を味わえたことは、今でもいい思い出ですし、現在の仕事に生きています。
管楽器の魅力を教えてください。
ソロ、室内楽、オーケストラ、どの分野においても輝く存在になれること。多様な演奏経験が自分を成長させ、自分らしさにつながると感じます。試行錯誤しながら練習し、本番で吹ききったときの達成感を味わうと、やっていて良かったなと思います。
未来の後輩にアドバイスを!
大学をうまく活用して、失敗を恐れず、やりたいことに没頭してください。僕は、出来たときの嬉しさを、多くの失敗から学びました。そして遊ぶときは思いっきり遊び、練習のときはストイックに。このオンオフのリズムは、大学生活で身につきました。
指導者として活躍する卒業生
中学校部門・高等学校部門・職場一般部門、3つの部門で
「吹奏楽コンクール」全国大会出場!
(2017年度実績)
各部門の関西代表9枠中、3校・1団体を卒業生が指導。
「全日本吹奏楽コンクール課題曲」に作曲専攻卒業生の作品が多数採用
  • 2018年度 課題曲III『吹奏楽のための「ワルツ」』
    高 昌帥さん(委嘱作品)
  • 2017年度 課題曲『メタモルフォーゼ~吹奏楽のために~』
    川合 清裕さん(第9回 全日本吹奏楽連盟作曲コンクール 第1位)
  • 2015年度 課題曲V『暁闇(あかつきやみ)の宴』
    朴 守賢さん(第7回 全日本吹奏楽連盟作曲コンクール 第1位) 
  • 2014年度 課題曲III『「斎太郎節」の主題による幻想』
    合田 佳代子さん(第24回 朝日作曲賞 入選)

主な進路先

管楽器を軸に、自分の興味や目標に合わせて幅広く学べ、経験が積めるため、管楽器専攻・コースで身につけたことは、さまざまな進路で活かせます。
  • オーケストラ団員
  • 楽団員
  • オーケストラマネージャー
  • 学校教員
  • 指導者
  • イベント運営
  • ホール運営
  • 企業
  • 音楽ライター、音楽雑誌編集者 ほか

教員紹介

作曲のスペシャリストが個性を引き出して指導します。

講師

取得できる資格

大学音楽学部 音楽学科

  • 中学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 高等学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 小学校教諭一種免許状(神戸親和女子大学との提携により所定の要件を満たすことで取得可能です。このプログラムは2年次前期にのみ開始できます。)
※3年次編入の場合、出身大学等における単位修得状況により卒業時には取得できない場合があります。

短期大学部音楽科

  • 中学校教諭二種免許状(音楽)

入試・オープンキャンパス