グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 西本 智実

西本 智実


にしもと ともみ(NISHIMOTO Tomomi)

大阪音楽大学
指揮 客員教授

プロフィール

イルミナート芸術監督。広州大劇院名誉芸術顧問。
大阪音楽大学客員教授。松本歯科大学名誉博士。
大阪国際文化大使第1号。平戸名誉大使第1号。
東洋文庫ミュージアム諮問委員。

大阪音楽大学作曲学科作曲専攻卒業後、ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院オペラ・シンフォニー指揮科に留学。文化庁芸術インターンシップ奨学金生、「出光音楽賞」など受賞多数。

ロシア国立交響楽団、サンクトペテルブルクミハイロフスキー歌劇場で外国人として初めて指揮者ポストに就き、英国ロイヤルフィル、モンテカルロフィル、リンツ・ブルックナー管、ブダペストフィル、ラトビア国立響、リトアニア国立響、香港フィル、エルサレム響、中国国家交響楽団など次々と招聘され、2010年にはカーネギーホールにてアメリカ響を指揮し高い評価を得て南米各国からも招聘。オペラ指揮者としてもハンガリー国立歌劇場、プラハ国立歌劇場、ウクライナ国立オデッサ歌劇場等から招聘され、その活動は世界約30カ国に及んでいる。
ドイツグラモフォンとCD録音。
ヨーロッパ、アメリカ、アジアへ及ぶその活動に対し2012年には国家戦略担当大臣より感謝状を授与される。
各国の国際音楽祭ほか、「平城遷都1300年」「高野山開創1200年記念演奏会」「ラクイラ音楽ホール落成コンサート」「日ブラジル外交関係樹立120周年」「北京大劇院中日平和友好条約締結40周年記念演奏会」など歴史的演奏会を指揮。
2013年【ヴァチカン国際音楽祭】では熱狂的に絶賛され、【枢機卿によるミサ】ではアジアの指揮者として史上初めて招聘された。平戸市生月島に伝わる『オラショ』の原曲「グレゴリオ聖歌」を455年ぶりに聖地に還した。2014年には、「才能と芸術性と功績」を評価されヴァチカンの音楽財団より最年少で【名誉賞】が授与された。(同年授与者にアーノンクール氏)。2015年同音楽祭では原爆投下70年に際し原爆被害者追悼に捧げられ、【ローマ教皇代理ミサ】において西本が全世界に向けて祈りのメッセージを捧げた。2014年よりサンピエトロ大聖堂におけるミサでの演奏は、ヴァチカンTV放送により世界約35ヶ国に中継されており、2017年にはイルミナートフィル・イルミナート合唱団には名誉パートナーの称号が授与された。
ASEAN各国を代表する作曲家に新作委嘱する「イルミナートフィル初演シリーズ」をホーチミン市オペラハウス(ベトナム)からスタートさせ、タイ王国、フィリピン共和国、ブルネイ・ダルサラーム王国などに広げている。
ヨーロッパ文化支援財団よりA.ショール作品の指揮者に指名されイルミナートフィルで日本初演。
中国より招聘された主要7都市8公演でイルミナートフィルを導き成功させる。

近年では芸術監督として舞台演出も手がけ、『音舞台 泉涌寺』(MBS放送)は、【ニューヨークUS国際映像祭 TVパフォーミングアーツ部門銀賞】【ワールドメディアフェスティバル ドキュメンタリー芸術番組部門銀賞】を同時受賞。伝統芸能とオペラを融合させた「ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜」、オペラ『蝶々夫人』(京都南座/新橋演舞場/松竹座)、演奏会形式バレエ「ロミオとジュリエット」などが全国各地で再演が続いている。他にもアジア各国を代表する作曲家への委嘱作品シリーズもプロデュースしている。

2007年ダボス会議を主催する『世界経済フォーラム』より「若き世界的リーダー」に選出されており、2012年にはハーバード大学ケネディ公共政策大学院"エグゼクティブ教育"に奨学金研修派遣され修了。

2004年『Newsweek JAPAN』「世界が尊敬する日本人100人」に選出、2012年~2015年中学数学3(日本文教出版)教科書巻頭メッセージ、2015年〜2016年G7サミットに向けて、日本政府が海外へ日本国を広報するCM及び 日本国政府公式英文広報誌「We Are Tomodachi」に、国際的に活躍している日本人として起用など、その活動は世界から注目を集めている。

西本智実公式HP http://www.tomomi-n.com/