グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻・コース

ホーム > 専攻・コース > 声楽専攻(4年制)/声楽コース(2年制)

声楽専攻(4年制)/声楽コース(2年制)



学びの特色

関西で唯一の「新国立劇場」連携・協力大学。超充実の指導&学習環境!

100年もの間、数多くの著名な演奏家たちを輩出してきた大阪音楽大学。
学習環境の最大の特徴は、全国でも珍しいオペラハウスを備えた大学であることと、プロの世界と同じシステムで行われる授業があるということ。本学のカリキュラムの強さは、国内外で活躍する歌手の多さからも明らかです。
驚きと感動の大音で、世界の檜舞台への道を開きませんか?

時間割 〈大学4年次の履修モデル〉

声楽界の第一線で活躍する約70名の教員が、一人ひとりの個性を見極めた指導を行います。
MON TUE WED THU FRI
1
2 作曲・編曲法A 重唱研究B 副科吹奏楽A
3 生徒指導論Ⅱ 副科鍵盤楽器 情報処理概論A 歌曲特別研究AⅡ
(ドイツ歌曲)
ドイツリート歌唱・伴奏研究AⅡ
4 オペラ研究AⅡ オペラ実習 合唱C 声楽Ⅶ
5 歌唱表現特別研究 オペラ実習 オペラ実習
(2018年度受講例)

大学の特徴

  • 毎週45分の個人レッスン+毎日の歌唱グループレッスンで、実技の授業量が違います。
  • 「歌唱表現特別研究」では特任准教授から直接レッスンを受けられます。

短大の特徴

  • 2年間に凝縮して学ぶから、マンツーマンレッスンも週2回実施します。
  • 多彩なジャンルの歌唱法を学べます(世界名曲講座/日本名曲講座/合唱/ヴォーカルアンサンブル/歌曲発語演習)。

プロへの最短ルート「演奏家クラス」

※大学対象

オーディションにより選抜し、4年次より“プロフェッショナルな演奏家”を養成する特別研究クラスを設置。「オペラ特別演習」「歌曲特別演習」という形でそれぞれの専門分野を深く研究し、プロの演奏家として活躍するための技術を磨きます。

■歌曲は4カ国語を研究、オラトリオも
イタリア、ドイツ、フランス、日本の4カ国語の歌曲やオラトリオ(宗教曲)を、それぞれ専門分野の教員によるレッスンで学習します。
  • 正確な発音
  • 国々の様式的な音楽表現
  • 言語と音楽の関係


声楽専用「オペラ演習室」を完備(100周年記念館)

舞台照明のセッティングがしやすい「オペラ演習室」は、声が響きやすく日々の練習の成果を発揮できます。また5名同時に使用可能な「控室」はドレッサー付きで2室完備され、舞台メイクの練習に最適です。

ザ・カレッジ・オペラハウス

声楽学生憧れの舞台。756の客席を備えた本格的なオペラ劇場。学生たちによる演奏会はもちろん、内外の著名な音楽家を招いての演奏会も開催。日本で初めて専属のプロ管弦楽団・合唱団を持った劇場です。

ミレニアムホール

室内楽コンサートに最適な最新設備を持つ音楽ホール型大教室。音響や照明技術など舞台機構の操作法を、実践を通して学べます。在学生なら原則無料で使用することが可能。さまざまな演奏会やイベントが連日開催されています。

充実のオペラ科目

  • オペラ研究AI
  • オペラ研究BI
  • オペラ研究AII
  • オペラ研究BII
  • オペラ実習A
  • オペラ実習B
  • オペラ特別演習 (以上大学科目)

「オペラ実習」がすごい!

今のオペラ界で歌手に求められる技術と音楽性を学べる「オペラ実習」! 大学院&大学専攻科&大学4年生との合同の授業で、1年に1本のオペラを完成させます。厳しいオーディションによって配役が決められ、全国の主要な劇場で活躍する指揮者や演出家から、プロさながらの細やかな指導を受けられる絶好の機会。成果発表となるザ・カレッジ・オペラハウスの公演では満員の観客を前に、舞台に立つ感動と貴重な実践経験を積むことができます。

ミレニアムホールで成果発表する「オペラ研究」

「オペラ研究」では、全員がキャストとして一つの役を原語で学び、ドラマや役柄を通して歌唱表現や演技を研究。12月にはミレニアムホールでオペラ全幕の発表会を行い、オペラをつくりあげる工程や舞台に関するすべてを学びます。

学生だけで創り上げるオペラ「Tutti」

専攻やコースの垣根を越えて、100名近い学生が参加する学生主体のオペラ公演「Tutti」。
そのコンセプトは、学生がすべて行う、ということ。演奏・出演はもちろん、資金集めからオーディション、美術や衣装など裏方の仕事にいたるまで、すべて学生の手で進められます。1981年から30年以上も続くイベントとして、本学の学生の自主性を尊重する伝統を脈々と受け継いでいます。

プロ公演にも参加

プロの公演にもカヴァーキャストとして参加。世界的指揮者だった故アルベルト・ゼッダ氏から直接一人ひとりが指導を受けたことも!

オペラは「原語」じゃなきゃ意味がない!

オペラの授業や公演に、早くから日本語訳ではなく原語歌唱を取り入れている本学。学生のうちから“原語”で歌い演じることは簡単ではありませんが、これが本当に重要なことなのです。大音では入学直後の1年生からイタリア人講師によるイタリア語のディクション(発音法)&歌唱を研究し、正しいアクセントで美しく発語できるよう、子音と母音の扱い方から顔・身体全体を使った表情法まで学んでいきます。こうして在学中から原語で歌うことに慣れるため、卒業後プロの世界でとまどうことがありません。5人しか合格しない難関である「新国立劇場オペラ研修所」に多くの卒業生が合格しているのも、これらの成果といえます。


卒業生の紹介&実績

「新国立オペラ劇場オペラ研修所」2年連続合格!

湯浅貴斗さん(大学院2年)が2019年度「新国立劇場オペラ研修所」に見事合格しました!中村恵理客員准教授、桝貴志さん、中川正崇さん、木村眞理子さん、西村圭一さん、そして昨年度の仲田尋一さんに続く2年連続の合格者で、今後の活躍が期待されます。

湯浅貴斗さんインタビュー

2019年度(第22期生)
湯浅貴斗さん【大学院2年】

◆最難関の入所試験、緊張しましたか?
「もちろんしましたが、良い緊張感の中、楽しみながら臨むことが出来ました」

◆楽しめた秘訣は?
「大学での経験のおかげです。審査は三次まであり、例えば、直前に渡された曲をすぐに譜読みして、審査員の前でコレペティ稽古(オペラ歌唱のコーチによる指導)を受ける、という試験もありましたが、普段大学で経験していることなので、自信がありました」

◆オペラの授業と本番が多い大音。学内オペラ公演の経験はどのくらい?
「授業の発表会、自主公演、オペラ研究部での公演を合わせて20本以上のオペラの舞台に立たせていただきました。授業や本番の数が多い分、楽譜を読む数も増えます。読譜のスピードも上がり、色んなことに即座に対応出来る力がついたと思います」

◆教員について
「ひと言で言うと、優しい。甘い、という意味ではなく、師匠の田中由也先生は、いつでも意見を尊重してくださり、授業でお世話になった先生方も、親身になってくださる方ばかり。教員と学生の距離が近い大学だと思います」

◆大学で得た仲間について
「同級生が本当にいい人たちばかりで、恵まれていました。一丸となって勉強し、時には一丸となってサボり(笑)真剣な時間から、放課後などの何気ない時間まで、一緒に過ごせる友人たちが居たから頑張れたと思います。思い返すと泣きそうになります」

◆ズバリ大音の魅力は?
「オペラの授業は、量も質もダントツ。オペラをやりたい人にとっては一番の大学です。特に、男性は歌わせてもらえる機会が多いので、男性にオススメしたいです」

◆大学選びで大事だと思うことは?
「何がしたいか、大学でどんなことを学びたいか、ということをしっかり考えて、それを学ぶにはどの大学が最適か、ということを、調べることだと思います。できれば、卒業生の声を聞くことが出来ればいいと思います」

◆後輩にエールを!
「芸術としては“楽しい”と思えることがとても大切。どんな状況でも常に"楽しむ"ということを忘れず、その"気持ち"に自信を持って音楽に向き合って下さい」

充実のカリキュラムを実証するコンクール実績

全日本学生音楽コンクール全国大会〔声楽部門 大学の部〕にて、連続日本一など優秀な成績を修めています。
第69回(2015年)2位
谷口 耕平さん(大学院2年時)
第68回(2014年)2位
日隈 葉子さん(2013年度 大学卒)
第67回(2013年)1位
斉戸 英美子さん(大学院1年時)
第66回(2015年)1位
野々村 彩乃さん(大学3年時)
第64回(2010年)1位
林 佑子さん(大学4年時)

第一線で活躍する卒業生

中村 恵理 さん(ソプラノ)

新国立劇場研修所修了。ウィーン国立歌劇場をはじめ、ドイツ・バイエルン州立歌劇場、英国ロイヤル・オペラハウス、ワシントン・ナショナル・オペラ、新国立劇場等で活躍。

重松 みか さん(メゾ・ソプラノ)

日本音楽コンクール、日伊声楽コンコルソ共に第1位。ボストン・リリック・オペラ、リヨン・オペラ、コロラド歌劇場、カルロ・フェリーチェ歌劇場、新国立劇場等で活躍。

松位 浩 さん(バス)

オランダ、ルクセンブルク、スイス、オーストリアの劇場や新国立劇場等で活躍のほか、ドイツ・ザールラント州立劇場に首席バス歌手として招かれ終身雇用契約を結ぶ。

角田 祐子 さん(ソプラノ)

フランス・エクサンプロヴァンス音楽祭でデビューし、現在ドイツ・シュトゥットガルト州立歌劇場と専属ソリスト契約。ドイツ連邦共和国より、日本人女性初の「宮廷歌手」の称号を授与される。

桝 貴志 さん(バリトン)

新国立劇場研修所修了。瀧廉太郎記念・全日本高等学校声楽コンクール最優秀賞、イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞、五島記念文化賞オペラ新人賞ほか、受賞多数。

大賀 真理子 さん(メゾ・ソプラノ)

世界的指揮者小澤征爾が音楽監督を務める2015年“小澤征爾音楽塾”オペラ・プロジェクトⅩIII「子どもと魔法」に母親役、中国茶碗役、とんぼ役の三役で全公演に出演。

大和 貴恵 さん(劇団四季俳優)

2008年劇団四季入団。『美女と野獣』で初舞台を踏んだのち、タンス夫人、『ライオンキング』サラビ、『赤毛のアン』ステイシー先生、『アイーダ』アムネリスなどを演じている。

斉藤 美穂 さん(舞台監督)

大学入学直後から舞台裏の世界に魅了され、現在は舞台監督集団ザ・スタッフに所属。新国立劇場や藤原歌劇団等の主催公演をはじめ全国の劇場で活躍している舞台監督。

竹原 由香里 さん(公演制作スタッフ)

( 公財)神戸市民文化振興財団に勤務。神戸文化ホールの主催公演の運営・企画・制作に携わっている。

長町 香里さん(ソプラノ)

世界的指揮者、故A・ゼッダ氏の元で研鑽を積みロッシーニ・オペラ・フェスティバル「ランスへの旅」フォルヴィル伯爵夫人に大抜擢。イタリアデビューを果たす。

梨谷 桃子さん(ソプラノ)

2017年イタリア留学。渡伊間もなくトリエステ歌劇場主催「ジャンニ・スキッキ」「イル・トロヴァトーレ」に出演。マグダ・オリヴェロ国際声楽コンクール入賞。

卒業生の進路

  • オペラ歌手
  • ミュージカル俳優
  • 指導者
  • 学校教員
  • 公演スタッフ(裏方)
  • イベント運営
  • ホール運営
  • 音楽ライター ほか

多くの卒業生がプロの歌手として、文化庁芸術祭大賞など数々の賞を受賞している「ザ・カレッジ・オペラハウス」の公演に、ソリストや合唱団で出演し続けています。

2018年度オペラ公演
「テレフォン」

2018年度オペラ公演
「泥棒とオールドミス」


教職にも強い!

2018年度・2019年度公立学校教員採用試験に、現役生各5名が合格しました!

教員紹介

講師

取得できる資格

大学音楽学部 音楽学科

  • 中学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 高等学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 小学校教諭一種免許状(神戸親和女子大学との提携により所定の要件を満たすことで取得可能です。このプログラムは2年次前期にのみ開始できます)
※3年次編入の場合、出身大学等における単位修得状況により卒業時には取得できない場合があります。

短期大学部音楽科

  • 中学校教諭二種免許状(音楽)