グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 木村 知之

木村 知之


きむら ともゆき(KIMURA Tomoyuki)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
作曲デザイン 准教授

学歴・学位

大阪音楽大学作曲専攻卒業
大阪音楽大学大学院作曲研究室修了

専門分野・主な担当科目

ベーシックコンポジション、音楽理論、管弦楽法、ポピュラーライティング

研究テーマ

クラシック、ポピュラーの垣根を外し、作曲、編曲に関する普遍的な技法を探る。

研究・社会活動

ベーシストとして、これまで日野皓正、エディーヘンダーソン、オテロモリノー、クリフトンアンダーソン、MALTA 、森山威男、村上ポンタ秀一など国内外のミュージシャンと共演。
2002年、自己バンド『キムサク』デビューアルバム「ツナガレタアオ」作曲作詞 bass担当(イーストワークス・エンターテインメント)をリリース。HMV JAZZ部門月間チャート2位。また同バンドでニュージーランドツアーを行う。(ウエリントンシンフォニーホール)
作曲編曲作品としては、「スーパーリコーダカルテット1、2」が出版される。(共同音楽出版)同グループのCDも多数作品提供。(ナミレコード)
また他にも演劇の作品やミュージカル、モダンダンス、楽曲提供、短編映画等、多数の作品の音楽を担当。

教育方針

学生と共に学ぶ。また学ぶ事や、発見する事の喜びを共に分かち合いたい。

所属学会・団体

JASRAC会員