グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 上村 昇

上村 昇


かみむら のぼる(KAMIMURA Noboru)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
チェロ 特任教授

専門分野・主な担当科目

チェロ

プロフィール

1975年京都市立芸術大学卒業。黒沼俊夫氏に師事。77年第46回日本音楽コンクール第1位。海外派遣コンクール松下賞受賞。79年京都・東京にてデビュー・リサイタルを開く。第6回カサド国際チェロ・コンクール優勝。その後ジュネーヴにて、ピエール・フルニエ氏に師事、ヨーロッパ各地で演奏した。ジュリアード音楽院教授、ハーヴィー・シャピロ氏の夏期講習にも、度々参加し薫陶をうける。NHK交響楽団をはじめ、国内外の著名オーケストラと共演、91年にはノイマン指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団とドヴォルザークのチェロ協奏曲を演奏した。93年第5回飛騨古川町音楽大賞奨励賞受賞。98年ABC国際音楽賞受賞。2001年第19回京都府文化賞功労賞受賞。ソリストとして、また室内楽の分野においても著名なアーティストたちからの信頼も厚い。98年には京都府民ホール・アルティの開館10周年を記念し、アルティー弦楽四重奏団を結成。以来京都で定期公演を行い、2008年には第28回音楽クリティック・クラブ賞、京都府新世紀かがやき交流賞を受賞している。京都市立芸術大学名誉教授、桐朋学園大学特任教授、大阪音楽大学特任教授、京都市文化功労者。