グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 石井 なをみ

石井 なをみ


いしい なをみ(ISHII Naomi)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
ピアノ 特任教授

学歴・学位

神戸女学院大学音楽部卒業。同研究生修了。国際ロータリー財団奨学生としてザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学大学院演奏家コースに留学。芸術学学士

専門分野・主な担当科目

ピアノ実技

研究テーマ

  1. バッハ、モーツァルト、ハイドン、ベートーベン、シューマン、ショパン、リスト、ラフマニノフ、スクリャービン、プロコフィエフ etc
  2. 指導者の育成。オルガン・ピアノの本、バロック白楽譜、ツェルニー、ソナチネ、ブルグミュラー他を使用しての指導法。

研究・社会活動

全国各地にてセミナー・公開レッスンを展開中。

主なセミナー

  1. マル秘スーパーレッスン術
  2. バッハが教えてくれること 
  3. オルガン・ピアノの本の活用講座
  4. 究極のツェルニー30番
  5. ブルグミュラーで学ぶ表現のためのテクニック
etc

主な国内コンクール審査員歴

  1. 日本バッハコンクール
  2. ピティナ・コンぺティション
  3. ショパンコンクール in ASIA
  4. 日本クラシック音楽コンクール
etc

海外審査員歴

  1. 2014年8月ウイーンでのVIP夏期アカデミー国際マスタークラス招聘講師及び「第6回ロザリオマルチーノ国際コンクール」審査員
  2. 2016年3月米国コネチカット州ハートフォードでの「2016年ショパン国際ピアノコンクール、ハートフォード」審査員
  3. 2017年7月ポーランド・ブスコ-ズィドロイにて第2回クリスティアン・トカチェフスキー国際コンクール審査員
  4. 2017年8月ポーランド・クロズヴェキィ宮殿にて国際マスタークラス招聘講師
  5. 2018年8月ウイーンでのVIP夏期アカデミー国際マスタークラス招聘講師及び「第10回ロザリオマルチーノ国際コンクール」審査員
  6. 2019年3月米国コネチカット州ハートフォードでの「2019年ショパン国際ピアノコンクール、ハートフォード」審査員

教育方針

考える、楽しい、コミュニケーションのあるレッスンを希望します。
以下の2点に重点をおいて、共に研鑽したいと思っています。
  1. 各時代の楽器の響かせ方と音色のつくり方。
  2. 各時代の作曲家の意図を表現できる楽譜の深読みの方法。

所属学会・団体

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会評議員。公益財団法人日本ピアノ教育連盟会員。
昭和音楽大学・大学院、神戸女学院大学・大学院、兵庫県立西宮高等学校音楽科、各非常勤講師。

その他

日本バッハコンクール(2019年度第10回)を第1回から実行委員長としてコンクールの企画・運営を実施。
2007年からポーランドから来日する室内管弦楽団との「子供のためのコンチェルト」を神戸市内にて2年毎に継続して開催。

主な著作
共著「生徒を伸ばすピアノレッスン大研究」、
制作協力「新版みんなのオルガン・ピアノの本I~IV」、「新版みんなのオルガン・ピアノの本ワークブックI~IV」(ヤマハミュージックメディア)等がある。
共著「バロック白楽譜I~III」(東音企画)、監修「バロック白楽譜指導ガイド」(2015年度から毎年発行)