グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 江南 泰佐

江南 泰佐


えなみ たいすけ(ENAMI Taisuke)

大阪音楽大学
ミュージックコミュニケーション 講師

学歴・学位

大阪大学文学研究科前期修士課程

専門分野・主な担当科目

メディア論、メディア論入門、音楽ジャーナリズム

研究テーマ

主に音声メディアをベースとしたコンテンツ制作と情報発信。

これまでの主な活動業績

研究・社会活動

音楽家(音楽と音に関わる様々なこと)。大阪出身。大阪大学文学部修士課程卒。
1998年以降ラジオ番組のDJとして音楽キャリアを開始。並行して自身の音楽活動も開始。通常の楽器から日用品までを演奏するスタイルで音楽と音の間、音楽とダンス、演劇、ビジュアルアートといった他の表現との境目を浮かび上がらせる活動を国内外で展開。2017年にはサウンドや気配を通した他者とのコミュニケーションにフォーカスした大所帯非楽器アンサンブルPOLY!を立ち上げる。2021年サウンドデザイン、エンジニアとして参加した映像作品「gong batu」がROME MUSIC VIDEO AWARDSにてBest Experimental Music Video賞、Art Film AwardsにてBest Sound Design賞などを受賞。ソロ作品としては enami Taisuke 「ferment」(Meister Musik/2014)などがある。

メディア

1998年以降KBS京都ラジオを中心に音楽番組DJとして音楽キャリアを開始。番組ではDJだけではなく音楽セレクト、企画、台本作成も担当。音楽セレクトについては2000年前後から世界のあちこちで生まれてきた新しいルーツ音楽のシーンを積極的にとりあげると同時に、環境問題という21世紀の”今”の問題を念頭に関西のラジオ番組では初めてと言われた「フィールドレコーディング」音源の特集をプログラム、セレクト。担当番組は週4回放送のオビ番組、2時間生放送、公開収録などさまざまなスタイルで企画、放送される。またインタビュアーとしては300人以上にわたる国内外のポピュラー音楽の第一線音楽家のインタビューを担当。インタビュイーとしてはアイルランドの伝統音楽のトップグループのAltanのMairéad Ní Mhao aigh氏やカラフト・アイヌの伝統弦楽器トンコリ奏者OKI氏といったトラッドシーンからドイツの音楽グループCANのメンバーIrmin Schmidt氏といった電子音楽シーン、アメリカの即興演奏者Jim O'Rouke氏、そして日本の新しいJAZZシーンを牽引する菊池成孔氏、東京スカパラダイスオーケストラなどが挙げられる。2009年にはKBS京都ラジオと京都アルファステーションの合同番組『Kyoto Radio Day09 ecoes Special Radio Program』において矢野顕子氏インタビュアーとして抜擢。近年はアートギャラリー、劇場、ホールなどでの音楽トークイベントや地域コミュニティでのラジオコンテンツなども企画、制作している。

  • 「さざなみラジオ」岡山県長島喫茶さざなみハウス(地域コミュニティラジオ/2021~)
  • 「紳士・淑女のための音楽」ArtTheater dB KOBE(音楽トークイベント/2017~)
  • 「快音採取 世界の音旅」【鉄道芸術祭vol.4】関連プログラム ネット配信音楽番組 アートエリアB1(インターネットラジオ/2015)
  • 「オトダマ・ラジオ」 KBS京都放送(ラジオ番組/2009年~2013年 )
  • 「Kyoto Radio Day09 ecoes Special Radio Program」矢野顕子氏インタビュー担当(ラジオ番組/KBS京都放送+α-STATION/2009年 )
  • 「Radio FOON」 NPO GROUP “organic platform FOON”(インターネットラジオ/2006~2007)
  • 「far east jungle」KBS京都放送 (ラジオ番組/1998~2005)

舞台・ワークショップ作品構築

ソロでの活動はもちろん様々なプロジェクトに参加。例えば2016年からはインドネシアの音楽家も交えながら演劇・舞台、東洋音楽の手法を参考にした異ジャンル間での双方向コミュニケーション表現プロジェクト「影の色彩 ワヤンプロジェクト/おどる影絵!」に参加。同プロジェクトのワークショップや舞台作品が入選、ノミネート。2017年には楽器を使わず日用品で演奏する大所帯非楽器アンサンブルPOLY!を立ち上げ、劇場での公演、小学校でのワークショップはもちろんインドネシア、台湾といった東南アジアの音楽家とのコラボレーションを展開。
近年は「環境そのものを楽器として見立てる」というコンセプトのもと、瀬戸内海の島や山村を舞台にサウンドインスタレーション作品への参加やフィールドレコーディング、サウンドのワークショップも積極的に行っている。

  • 「ホリデー・パフォーマンス Vol.10」ロームシアター京都(大所帯非楽器アンサンブルPOLY!/2022)
  • 「気配・身体・音楽/国内ダンス留学」ArtTheater dB KOBE(ワークショップ/2021)
  • 「やさしいコンテンポラリーダンスクラスーこんにちは、共生社会ー」ArtTheater dB KOBE(ワークショップ/2021)
  • 「たそがれもののけハウス」豊中市立ローズ文化ホール(舞台公演/2021)
  • 「マルジナリア ー 目を閉じて。時の音遊歩ー」奈良市十三軒町自治会 他 (ワークショップ/2021)
  • 「まちのすきまカフェ2020 ~アートデリバリー~ 」NPO法人ハートアートリンク(ワークショップ/2020)
  • 「HOKURIKU DANCE FESTIVAL ~Extra edition~ 北陸ダンスフェスティバル 番外編」金沢市民芸術村 (舞台公演/2019)
  • 「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム 2019」 愛知県芸術劇場(大所帯非楽器アンサンブルPOLY!/2019)
  • 「Art Festival KAVC アートジャック 2018」 KAVC 神戸アートビレッジセンター(大所帯非楽器アンサンブルPOLY!/2018)
  • 「おーぷんまるびぃ2016 ー おどる影絵!まるびぃ満月影絵楽団とともに ー 」金沢21世紀美術館(影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐/ワークショップ・公演/2016)
  • 「おどる影絵!」アーツ千代田3331 ポコラート全国公募展 vol.6 ワークショップ部門参加作品(影の色彩ワヤンプロジェクト/ワークショップ/2016)

演奏家・作曲・サウンドデザイン

キーボーディストとしてクラムボン、エマーソン北村氏、イルリメをはじめとするJ POPシーンの音楽家達とのライブ・セッションから辻本知彦氏、伊藤愛氏、森川弘和氏、武内美津子氏といったコンテンポラリーダンサーや舞台俳優ともセッション、共演。近年は作曲家として舞台、コンテンポラリーダンス、アニメーションなどの映像作品、企業CM・PV、行政案件の作品に楽曲を提供している。

  • 「Ramayana LAST MISSION」Nananng Anato Wicaksono 福岡まどか.2022.『現代東南アジアにおけるラーマーヤナ演劇』めこん.(委嘱創作作品アニメーション/2022)
  • 「GREENable めぐるつながる発酵POPUP展プロモーション動画」(株)阪急阪神百貨店 阪急本店 サステナブルコンテンツ開発部(イベントプロモーション映像/2022)
  • 「透明色の器 」出演:武内美津子 振付:紅玉 Art Theater dB KOBE(舞台音楽/2021)
  • 「旧遷喬尋常小学校PR案件」岡山県真庭市(行政PR動画/2021)
  • 「勝山ポリフォニー / Katsuyama Poliphony」勝山町並み体験クラフト市(映像作品/2020)
  • 「CORONA」台北偶戯館_台湾(セッション/2019)
  • 「Lacking Sound Festival」藝文展演空間_台湾(セッション/2019)
  • 「白夜-byakuya- 春に漣む(さざなむ)音楽会」富山nowhere(ソロピアノ公演/2019)
  • 「IMAGE GIRL 2017 / 2016」(株)HARUTA (企業web CM/2016~2017)
  • 「AGC studio」AGC旭硝子 建築用ガラスのショールーム「glass | motion | light Juri Nishioka x +ft+/ Fumiko Takahama Architects」(ダンス音楽/2014)

教育方針

過去からの遺産を受け継ぎながらも21世紀の”今”という時代性にこだわったコンテンポラリーなアプローチと批評性に敏感な視野を共有できるようにしたいと思っています。

その他