グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 西村 理

西村 理


にしむら おさむ(NISHIMURA Osamu)

大阪音楽大学・大阪音楽大学大学院
音楽学 准教授

学歴

国立音楽大学音楽学学科 卒業
東京藝術大学大学院修士課程 修了
東京藝術大学大学院博士後期課程 修了
ウィーン音楽・演劇大学博士課程 中退

学位

博士(音楽学)

専門分野・主な担当科目

専門分野:西洋音楽史。
主な担当科目:西洋音楽史概説、西洋音楽史(管弦楽)、音楽学演習、修士演奏資料研究(大学院)、音楽学研究演習(大学院)、文献研究(大学院)

研究・社会活動

学術論文

  • 「「赤いヴィーン」におけるマーラーの交響曲演奏―「労働者交響楽演奏会」の意義」『大阪音楽大学研究紀要』第49号(2011年)、5-30頁。
  • 「『音楽雑誌アンブルッフ』の社会政治的な意味―両大戦間における反ユダヤ主義との関係」 『大阪音楽大学研究紀要』第48号(2009年)、61-75頁。
  • 「戦中最後の演奏会はいつだったのか?―1945年6月 日響定期公演のベートーヴェンの《第9》」 『フィルハーモニー』(NHK交響楽団)第79巻第2号(2007年2月号)、29-37頁。
  • 「ウェーベルンと過去の音楽―《パッサカリア》作品1をめぐって」『フィルハーモニー』(NHK交響楽団)2005年2月号(第77巻第2号)、30‐38頁。
  • 「『新ヴィーン楽派』概念の成立と政治的イデオロギーとの関係」『美学』第53巻第1号(2002年)、71-84頁。
  • 「音楽雑誌『アンブルッフ』におけるシェーンベルクの音楽をめぐる言説―1920年代における音楽学の知と反ユダヤ主義への抵抗―」『音楽学』第47巻第1号(2001年)、40-54頁。

監修・執筆

  • 『CD付きもう一度学びたいオペラ』西東社、2007年。
  • 『CD付きもう一度学びたいクラシック』西東社、2006年(普及版:『厳選CD100曲 よくわかる クラシックの基本』西東社、2011年)。

共著

  • 『この曲、わかる?―聴きながら楽しむクラシック入門100』 ヤマハミュージックメディア、2010年。
  • 『楽譜を読む本―感動を生み出す記号たち』 ヤマハミュージックメディア、2010年。
  • 『知ってるようで知らない ベートーヴェンおもしろ雑学事典』ヤマハミュージックメディア、2009年。
  • 『知ってるようで知らないモーツァルトおもしろ雑学事典』ヤマハミュージックメディア、2006年。
  • 『知ってるようで知らないクラシックおもしろ雑学事典』ヤマハミュージックメディア、2002年。ほか

教育方針

音楽学とは、音楽についての思考方法を身につけるための学問です。音楽についての思考方法はひとつではありません。音楽理論の立場、哲学の立場、社会学の立場、歴史学の立場、人類学の立場など様々な立場から音楽を考えることができます。これらの思考方法を学ぶことを通して、音楽をめぐる事柄について自ら問題を設定し、解決していく力を学生に培ってもらうことを目指しています。

所属学会・団体

日本音楽学会、美学会

その他

趣味でジョギングをしています。なかなか日程が合わず、マラソン大会にはほとんど出ていません。