グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



入学者選抜・オープンキャンパス

作曲/作曲デザイン



DAW特別講座 vol.3


第一線で活躍中の
現役プロから学ぼう!
「DAW特別講座vol.3」では
“聞くため”だけの音楽ではなく、
他の映像と合わせて“使う”側の
視点に重きをおいてお話しします。
映像音楽や、ゲーム音楽づくりに
興味がある方のご参加を
お待ちしています!

申込締切:希望日の3日前まで

講座の主な内容
1)「映像音楽」制作の裏側は?
テレビ番組やCMなどで用いられる音楽は、場面を強調したり、ムードを伝えたりと、さまざまな演出効果を担っています。
そんな映像の背景として使用される音楽の考え方や作曲方法について、CM楽曲の事例を通じてお話しします。
デモ音源から完成までの過程や、実際の打合せ時の資料を紹介しながら、楽曲制作の流れを解説します。

2)「ゲーム音楽」制作の裏側は?
ゲームの顔となるメインテーマ以外にも、プレイヤーへの通知を目的とするスティンガー、集中力を高めるためのパズルトラックなど、ゲームにはさまざまな音楽が用いられます。また近年のゲームでは、プレイヤーの行動に合わせてリアルタイムに音楽が変化する「インタラクティブミュージック」が主流となっており、それらのゲーム音楽の仕組みや作曲方法についてもお伝えします!


開催概要
日時:
2023年1月29日(日)13:30~15:00
2023年5月7日(日)13:30~15:00
2023年8月5日(土)13:30~15:00

場所:
大阪音楽大学 K号館

定員:
各回10名程度(先着順)

対象:
PCでの音楽制作に興味がある中学生・高校生

受講費:
無料(完全予約制)


講師の紹介

川崎 泰弘 講師
キャットミュージックカレッジ専門学校を卒業後、フリーランスの作編曲家として活動を開始。AKB48をはじめ、様々なメジャーアーティストへの楽曲提供、レコーディングに携わる。グランブルーファンタジー 、BATON=RELAY、天華百剣-斬-など、ゲームとのタイアップとなる歌モノ楽曲も多く、作品の世界観やキャラクター像を掴み、音楽へ反映させることを得意としている。グランブルーファンタジーへの楽曲提供では、FINAL FANTASYシリーズ等の音楽を手掛ける植松伸夫氏との共作を果たす。その他、『バーチャファイター(SEGA)』×『グーニャファイター(Mutan)』コラボ楽曲など、ゲーム内BGM、ジングルを多数手掛ける。


お問合せ

大阪音楽大学 入試センター「DAW講座」係

3/26(日)春のオープンキャンパス


作曲デザイン・コース受験対策レッスン

アレンジ曲からオリジナル曲まで、気になるポイントを丁寧にアドバイス。
ぜひお気軽にお申し込みください!


対 象:作曲デザイン・コース、作曲専攻、電子オルガン専攻を目指す方
日 時:ご相談の上、個別に決定します(45分間)
場 所:大阪音楽大学短期大学部
受講料:各レッスン1回まで無料

レッスンを継続して受講したい場合は、ご相談ください。

『DAW』 "PCで作曲するなら"

DAWレッスン【初心者OK!!】
「歌モノ」「ゲーム音楽」「インストゥルメンタル」「オーケストラ」「吹奏楽」など。
マンツーマンでご希望に応じたDAWのレッスンを行います。
DAW未経験でもご受講いただけます。
まずは、DAWがどんなものか知りたい!という方もぜひお申し込みください。

作曲デザイン・コース受験対策…『作品提出(録音物)』にご活用いただけます。


『楽譜』 "譜面で作曲するなら"

ライティングレッスン
「クラシック」「ポピュラー」など。
作曲技法を楽譜ベースで学べます。
マンツーマンで、ご希望に応じたレッスンを行います。

作曲デザイン・コース受験対策…『作品提出(楽譜)』にご活用いただけます。



『鍵盤』 "弾きながら作曲するなら"

電子オルガンレッスン、ピアノレッスン
「ジャズ・ポピュラー」「クラシック」など。
鍵盤での作曲技法と理論を学べます。
マンツーマンで、ご希望に応じたレッスンを行います。

作曲デザイン・コース受験対策…『創作演奏』にご活用いただけます。



お問い合わせ

入試センター「作曲デザイン・コース受験対策レッスン」係
電話:0120-414-015(フリーコール)
FAX:06-6336-4428
E-mail:info-nyushi@daion.ac.jp

ビギナーのためのライティング講座

テクノロジーの発達で、今は楽譜がなくても作曲ができる時代になりました。 言いかえれば、誰もが簡単に作曲できるのかもしれません。

ただ、「作曲を仕事にしたい!」となると話は違ってきます。
・音楽のルールを熟知している
・作品を構成する一つ一つの音の扱い方、役割が分かる


こうした、仕事に必須のスキルを身につけるためには「ライティング(楽譜)」の勉強が必要です。
そして、自分の作品を演奏者に伝えるには、昔も今も楽譜が欠かせません。

この講座は、作曲経験がある方には「作曲デザイン・コース」のライティングの体系的な授業縮図を、作曲経験がない方には一から作曲の方法を学べるよう、クラシックとポピュラーの作曲法をお伝えします。

【ライティングで作曲を勉強中の方は】
マンツーマンで個人レッスンが受けられる「🔗作曲デザイン・コース受験対策レッスン」の受講がおすすめです。



開催概要

※ 次回開催日は未定です。



講師の紹介

クラシック担当/森本友紀
(作曲デザイン・コース教授)

大阪音楽大学大学院作曲研究室修了。デュオユニットHeart of Notesとして演奏活動。N.Y.州各地で委嘱作品を発表。宝塚歌劇団、NHK児童劇団などに楽曲を提供。代表作ミュージカル「寝屋のはちかづき」は来場者1万人を突破。

ポピュラー担当/木村知之
(作曲デザイン・コース准教授)

大阪音楽大学大学院作曲研究室修了。自己バンド「キムサク」〝ツナガレタアオ〟でCDデビュー。HMV JAZZ月間チャート3位。ミュージカルや劇伴作品多数。

お問合せ

大阪音楽大学 入試センター「ライティング講座」係