グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 鈴木 央紹

鈴木 央紹


すずき ひさつぐ(SUZUKI Hisatsugu)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
ジャズ・サクソフォーン 特任准教授

学歴・学位

大阪音楽大学音楽学部器楽学科サクソフォーン専攻卒業

専門分野・主な担当科目

サクソフォーン奏法、ジャズアドリブ、フリーインプロヴィゼイション、ジャズアンサンブル、作曲、編曲、アルバムや楽曲のプロデュース

研究テーマ

ジャズなどでの即興演奏法の追求
バンドアンサンブル

研究・社会活動

プロフィール
4歳よりピアノ、10歳よりサックスを始める。ジャズアドリブを独学で始め16歳より演奏活動、17歳で「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞 Instrumental部門Grand Prixを受賞。
クラシックサックス奏法を前田昌宏氏に師事、大学在学中よりジャズライブ等の演奏活動も行う。

海外のミュージシャンとの共演も多く、 Ron Carter、 Lewis Nash、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington等多数、その信頼も厚い。
また、CDプロデュースワークや楽曲アレンジで「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど高い評価を受けている。

現在、自己のリーダーバンドの他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Six」を始め、土岐英史バンド、原大力グループ、原朋直グループ、TOKUグループ等に参加。
そのほか数々のセッション、コンサート、CMやTVドラマ劇判レコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、参加アルバムは100枚を超え、映像作品参加も多数、ジャンルを問わず幅広く活動中。
D'Addario Woodwinds エンドーサー。

リーダーアルバム
2009年、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2014年、鈴木央紹カルテット「Standards++」をT5Jazz Recordsよりリリース。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

教育方針

多くの事を伝え、自由でクリエイティヴな演奏表現の可能性を共に追求、共に音楽を学んでいきたいと思っております。

所属団体

日本音楽著作権協会(JASRAC)信託会員
ミュージック・ピープルズ・ネスト(MPN)会員
パブリック・イン・サード会 (PIT)会員

映像動画リンク(Promotion Video)

鈴木央紹カルテット(2014):https://youtu.be/kid8Q92DPLE
大野雄二&ルパンティック(2006〜):http://www.vap.co.jp/ohno/movie/index.html