グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > シプリアン・カツァリス

シプリアン・カツァリス


かつぁりす しぷりあん(CYPRIEN, Katsaris)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
ピアノ 客員教授


1951年マルセイユ生まれ。キプロス系フランス人のピアニスト兼作曲家。
1972年ベルギーのエリーザベト王妃国際音楽コンクールでは唯一の西ヨーロッパ人受賞者となった。
カツァリスは、世界的なオーケストラとレナード・バーンスタイン、クルト・マズア、チョン・ミョンフン、サイモン・ラトルなどの世界的な指揮者と共演。1984年ドイツでベートーヴェン作曲/リスト編曲の「交響曲全曲」で「レコード・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞した。これまで、ソニー・クラシカル、EMI、テルデック、ドイチェ・グラモフォン、BMG-RCA、デッカ、パヴァーヌなどと数多くの録音を行い、現在は自身のレーベル「PIANO 21」で精力的に録音を行っている。
1992年、日本のNHKは、シプリアン・カツァリスと共同で、フレデリック・ショパンについてカツァリスによるマスタークラスの番組を制作、その個性的なレッスンに多くの若いピアニストが魅了された。 カツァリスは、1997年に「ユネスコ平和芸術家」に任命され、関連のコンサートに参加し、
2015年はユネスコ創立70周年の記念の年で、コンサートをユネスコ周年記念として行っている。