グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



新着一覧

ホーム > 新着一覧 > 対面授業の段階的実施について > 学内の感染予防対策について

学内の感染予防対策について


本学では新型コロナウイルス感染予防対策として、以下の取り組みを行っています。

学生への健康状態の確認

対面授業開始にあたり、ポータルサイトを通じて、健康状態の確認を行います。

教職員の健康チェックの実施

出勤前に検温し、風邪の症状がある場合は勤務しないように指示しております。

ドアノブ・階段手すり等共用部分の定期消毒

消毒液の学内設置

消毒液を学内の各所に設置しています。

各窓口における飛沫防止フィルムの設置

各館学生サロンにおける座席の間引き及び窓開放

全室換気扇を完備

レッスン室・練習室使用時の消毒用次亜塩素酸水の配布

※「次亜塩素酸水」は、アルコール消毒液に代わる新型コロナウイルスに有効な消毒液として注目されています。
経産省から評価要請を受けた「製品評価技術基盤機構」では、既にインフルエンザウイルスでの有効性を確認しており、現在、新型コロナウイルスに対する有効性評価試験を進めています。
「次亜塩素酸水」はキッチンハイターやブリーチ等に含有されている「次亜塩素酸ナトリウム」よりも比較的安全性が高く、殺菌力も強いため、食品関連やペット業界、介護施設等、幅広い分野で利用されています。

本学オリジナル飛沫防止パネル「DAIONパネル」の適宜設置

その他、各専攻・コースにて、各種対策を行っています。