グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




- 音楽・エンタテインメントの世界で就職&起業するための専攻 -

“音楽ビジネス”とは?リアルな仕事内容を公開!

「いきものがかり」の場合


「きゃりーぱみゅぱみゅ」の場合


SHE'S 10th Anniversary「From19」の場合


音楽コラボアプリ「nana」の場合



カリキュラム

音楽・エンタメ業界で働くために必要なノウハウを凝縮。

  • 音楽業界で働くことを想定し、ライブ制作やコンサート企画を在学中に実習&演習。大規模なフェスやアーティストのマネージャー体験はインターンシップ先で経験できる予定です。基本となるA&R(アーティストの発掘・契約・育成)もしっかり学習。

  • 音楽関係の仕事をするなら知っておきたい「教養」科目も豊富。

  • レコード会社や音楽プロダクション等のインターンシップ(就業体験)先を用意。実際に働くことで、業界の雰囲気や仕事内容をより深く理解できます。

1人1台「Macbook Pro」を支給、ICT(情報通信技術)やビジネス領域も習得。

  • デジタル化が進む音楽業界に欠かせないテクノロジースキルを磨くため、1人1台「Macbook Pro」を支給。授業を通じて映像制作や動画編集、Webマーケティング等のスキルを体得します。

  • これからの音楽業界は、新しい音楽や新しいビジネスを創造する「起業家マインド」が不可欠。アイデアをたくさん生み出す発想法を学び、3、4年次にはビジネスプランコンテストにチャレンジします。

  • 形なく価値あるもの=「知的財産」のカタマリである、音楽業界の就職に強い「知的財産管理技能士」の資格取得が目指せます。

元音楽プロデューサー、マネージャー、起業家たちが直接指導。

指導にあたる教員は、アーティストのマネージャー、プロデューサー、A&R、音楽ビジネスの創業者、エンタメ企業の代表取締役など、業界を知り尽くしたスペシャリストばかり。現場経験で得た生きた知識を、彼らからダイレクトに吸収できます。

ミュージックビジネス専攻の特徴

音楽業界への就職・起業に特化、サポートは東京でも手厚く。

音楽大学のイメージを覆す、90%超の就職決定率を誇る本学。学内での細やかな就職サポートはもちろん、2021年度からは東京に「大阪音楽大学・東京ブランチ」も新設!業界への就職を後押しします。

オープンキャンパス・入学者選抜のお知らせ

音楽業界・エンタメ業界の最先端を体験しよう!
ミュージックビジネス専攻のオープンキャンパスでは、専攻で学べる内容や、卒業後の進路を具体的に説明する「専攻説明会」、入学者選抜課題を解説する「受験対策講座」、様々なご相談を個別にお受けする「個別相談」を実施しています。
>read more...



Twitter    Instagram     LINE