グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻・コース

ホーム > 専攻・コース > 打楽器専攻(4年制)/打楽器コース(2年制)

打楽器専攻(4年制)/打楽器コース(2年制)



〈2023年4月開設〉
「打楽器専攻 打楽器演奏家特別コース」

高度な個人実技レッスンに加え、将来の志向に応じて多彩な授業をアレンジできることに特化したコースです。本学が誇る多彩な教員からオーケストラ・吹奏楽・室内楽、各種アンサンブルなどを学ぶことができます。

「演奏家特別コース」ならではの手厚いカリキュラム

毎週45分の「個人レッスン」に加え、「管弦打演習特AI~BIV」を実施(年間30回)

  • 将来志向に応じて自由に授業内容をセレクトできる(「専門実技」「オーケストラスタディ」「バンドスタディ」ほか)
  • ジャンル毎に希望の教員に師事できる
  • 一部のレッスンはピアノ伴奏付き!

「演奏家特別コース」ならではの取り組み
  • 年1回、大学内の本格ホールで「リサイタル」を開催!
  • 2年次から「室内楽」を受講できる!(通常は3年次より履修)

※「打楽器演奏家特別コース」について
一部の奨学金制度が適用外となります。後期総合型選抜では受験できません。大学・短大とは異なる課題曲で入学者選抜を実施します。
詳しくは入試センター(0120-414-015)までお問合せください。

紹介ムービー

第47回大阪音楽大学パーカッションオーケストラコンサート

大音の打楽器といえば「打楽器オーケストラコンサート」。毎年、全学年・全員が参加し、本来多数の楽器で奏でるオーケストラ曲を打楽器のみで演奏します。学びの集大成としてはもちろん、多様な音の集合体であるオーケストラ曲を“ 単一の楽器”でいかに再現するかのチャレンジでもあります。他楽器が担う音を打楽器で表現することにより、楽譜における音の強弱にもさまざまな解釈があること、編成の特色、色彩感の追究を理解する絶好の機会になります。

吹奏楽フェスティバル2018


授業「オーケストラ」


打楽器コンセプトムービー


学びの特色

アカデミックに技術を極め、あらゆる将来志向に応える

カリキュラムの軸は「アンサンブル」。さまざまな合奏系科目を経験することで、セッションの感覚、奏者間のフォロー精神、メイン奏者とサブ奏者における演奏技術の使い分けなど、将来打楽器奏者として活躍するうえで欠かせない技術を養います。

自分に合った学習プランで将来設計を!

1~2年(短大は1年) 基礎技術を固める

2~4年(短大は2年) 目標に応じて各教員がレッスン!
  • マリンバソリスト
  • 現代音楽ソリスト
  • 吹奏楽プレイヤー
  • オーケストラプレイヤー
  • 打楽器インストラクター
  • 教員 etc...

「合奏」から「基礎科目」まで充実

個々の課題に合わせてマンツーマン指導する「レッスン」はもちろん、打楽器のみで行う「専門合奏」、古典から現代における多様な作品を取り上げる「室内楽(大学のみ)」、他専攻と合同で行う「吹奏楽」や「オーケストラ」など、合奏科目が特に充実。実技への理解を深められる「ソルフェージュ」「音楽理論」などの基礎科目も豊富です。

打楽器(レッスン)

専門合奏

室内楽

オーケストラ


打楽器に打ち込める日本有数の施設

打楽器専用練習室
マリンバ、ティンパニなどを常設する専用練習室。個人レッスンはもちろん、自主練習でも利用することができます。

吹奏楽・オーケストラ用大教室
オーケストラや吹奏楽の練習ができる大教室。レッスンやアンサンブル、オーケストラの授業、リハーサルなど、さまざまな場面で活用されています。

各種打楽器を多数完備

ティンパニ
  • 本皮仕様:1セット
  • プラスティック皮仕様:5セット
  • バロックティンパニ:4台 ほか
マリンバ
  • 5オクターヴマリンバ:6台
  • バスマリンバ:3台
  • 4オクターヴ半マリンバ:8台 ほか
その他
  • コンサートタム:57台
  • スネアドラム:15台
  • バスドラム:7台
  • 各種グロッケン、ビブラフォン ほか多数

全教員のレッスンが何度も聴講できる「オープンレッスン制度」

在籍している専攻・コースにかかわらず、全ての教員のレッスンを聴講できる「オープンレッスン制度」を導入。事前に申し込めば何度でも利用できます。各教員が得意とするジャンルを多く聴くことで、演奏家としての幅が広がります!

学生紹介

 

大学院1年 新堂 帆士斗さん(浪速高等学校 出身)

楽器の数や種類が豊富で、多くの楽曲に取り組めるのも魅力。
 入学して驚いたのは、楽器の数や種類の豊富さです。ほとんどの作品に対応できる充実ぶりで、多くの楽曲に取り組めました。日常的に楽譜を見てイメージトレーニングに励み、音程のない太鼓でもメロディが聴こえるよう、練習時も頭で歌いながら演奏しています。
 いま力を入れているのは、専攻生全員の研究発表となる打楽器オーケストラです。目標は、魅力的な奏者になり、大勢の人に打楽器の世界を知ってもらうこと。そのため図書館にある膨大な数の楽譜も活用し、練習や研究を重ねています。

打楽器コース1年 中村 和奏さん(小松市立高等学校 出身)


聴いてくださった人の心を動かせる打楽器奏者になるのが目標。
基礎から楽曲まで、週2回もしっかりと実技レッスンを受けられるのは大音の大きな魅力。日々スキルアップを実感でき、とても充実しています。今までは鍵盤楽器に力を入れてきましたが、どんな楽器もマルチに演奏できるようになりたいと、近頃は膜鳴楽器の練習に励んでいます。
目標は、聴いてくださった人の心を動かせる打楽器奏者になること。“良い音”が鳴らせているか、思っている音色や音の方向性が出せているかなど、常に自分の音と向き合いつつ大音で研鑽を積み、目標を叶えたいです。
※2021年度取材時の情報です。

卒業後の進路

オーケストラや吹奏楽の楽団員、アンサンブルプレイヤーやソリスト、スタジオミュージシャンなど、プロの奏者として活動するのはもちろん、学校の教員として音楽指導を行う卒業生も多数。幼稚園から小・中・高校、大学まで、幅広い教育現場で活躍しています。

教員紹介

受賞ソリストにオーケストラ奏者、現代音楽巧者...さまざまなジャンルに強い指導陣

多彩な教員がそろっており、目標の変更にも柔軟に対応できます。「当初は吹奏楽を専門にしたかったけど、ソリストを目指したい」「オーケストラに興味がわいた」など、目指す方向にふさわしい教員が丁寧に指導します。

【マリンバソリスト】
岩見玲奈 特任准教授

東京音楽大学卒業、同大学院修了。第25回日本管打楽器コンクール第1位。ザルツブルク国際マリンバコンクール2009第1位。マリンバソリストとして国内外のさまざまなオーケストラと共演。

【現代音楽ソリスト】
葛西友子 特任准教授

大阪音楽大学音楽学部卒業、同大学大学院修了。武生国際音楽祭やサントリーサマーフェスタ等 国内外の様々な現代音楽祭にて新作初演を務める他、ソロ、オーケストラ、吹奏楽、レコーディングなど多岐にわたり活動。

【大阪交響楽団奏者】
小谷康夫 講師

大阪音楽大学音楽学部卒業。第1回日本管打楽器コンクール第3位入賞。オペラハウス管弦楽団ティンパニ奏者を経て現在、大阪交響楽団首席ティンパニ奏者。小谷康夫&アンサンブル「ism」主宰。

【Osaka Shion Wind Orchestra奏者】
高鍋歩 講師

愛知県立芸術大学音楽学部卒業後、Osaka ShionWind Orchestraに入団。以降、オーケストラへの客演、クリニック開催、TV出演、レコーディングなど幅広く活躍。パーカッションパフォーマンス「Beat JACK」メンバー。

【マルチプレイヤー】
寺山朋子 講師

東邦音楽大学卒業、尚美ディプロマコース修了。ニューヨーク国際音楽祭等、国内外にてソロ・アンサンブル曲を委嘱初演。レコーディング、審査や後進の指導等、活動は多岐に渡る。日本打楽器協会理事、「FORT」パーカッションアンサンブルメンバー。

【マルチプレイヤー】
中西京子 講師

大阪音楽大学音楽学部卒業。1982・88年、大阪フィルハーモニー交響楽団と共演。日本演奏連盟推薦リサイタル、NHK洋楽オーディション合格。FM「土曜リサイタル」に出演。第26回なにわ芸術祭「新人奨励賞」を受賞。

【大阪フィルハーモニー交響楽団 奏者】
堀内吉昌 講師

京都市立芸術大学音楽学部卒業、同大学院修了。広島交響楽団を経て、現在、大阪フィルハーモニー交響楽団ティンパニ・打楽器奏者。

【マリンバソリスト】
間瀬尚美 講師

同志社女子大学音楽学科卒業。松方ホール音楽賞、神戸新人音楽賞優秀賞、平成24年度坂井時忠音楽賞、平成26年度神戸市文化奨励賞ほか、受賞歴多数。

取得できる資格

大学音楽学部 音楽学科

  • 中学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 高等学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 小学校教諭一種免許状(神戸親和女子大学との提携により所定の要件を満たすことで取得可能です。このプログラムは2年次前期にのみ開始できます。)
※3年次編入の場合、出身大学等における単位修得状況により卒業時には取得できない場合があります。

短期大学部音楽科

  • 中学校教諭二種免許状(音楽)