グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  入学者選抜 / 学費・奨学金

入学者選抜 / 学費・奨学金




入学者選抜について


2023年度 入学者選抜日程

出願期間 試験期間 合格発表 試験の種類・科目 その他
総合型選抜 2022年9月21日(水)~10月3日(月)※消印有効 2022年10月23日(日)~10月24日(月
2022年11月4日(金) 面接・調査書+小論文+専門課題※1 ※2 専願のみ
学校推薦型選抜 2022年11月1日(火)~11月8日(火)※消印有効 2022年11月29日(火)~11月30日(水) 2022年12月9日(金) 面接・調査書+小論文+専門課題※1 ※3 専願のみ
一般選抜 2023年1月5日(木)~1月14日(土)※消印有効 2023年2月4日(土)~2月7日(火) 2023年2月14日(火) 面接・調査書+専門課題+国語・英語※4
後期総合型選抜 2023年2月22日(水)~3月1日(水)※消印有効 2023年3月17日(金) 2023年3月23日(木) 面接・調査書+小論文+専門課題※1
※1 課題の提出、プレゼンテーション、口頭試問を含みます。
※2 「進学実技適性テスト」で「適性あり」なら、総合型選抜で専門課題は免除になります。
※3 指定校推薦区分適用者は学校推薦型選抜の「専門課題」と「小論文」は免除になります。音楽系クラブ特別推薦区分適用者は学校推薦型選抜の「専門課題」は免除になります。
※4 大学・短大等を既卒の場合は一般選抜の「国語・英語」が免除になります(英語に関しては所定の単位修得などの免除条件があります)。また、実用英語技能検定(英検)2級以上の検定に合格している場合、「英語」は受験不委です(満点とみなします)。


教員からの受験アドバイス(2022年度入学者選抜)


▶ 毎月「受験対策講座」開講中!お申込はこちら

実技課題について
私たちの専攻に入学するための一番の条件は、「音楽が好き」なことです。
そして、その「好き」なことを、人々に様々な方法で伝えていくことを学ぶことが、ミュージックビジネスの原点です。
まずは、ジャンルにこだわらず、色々な音楽を聴いてみましょう。その中で出会ったアーティストを掘り下げて聴くことは、大事なことだと思います。そして、その楽曲やアーティストのどんなところが良かったのか、気に入ったのかを言葉にしてみましょう。
さらに、そのアーティストや楽曲の良さをどんな人に、どんな年齢層に、どんな言葉で、どんな方法を使って伝えていくのが一番伝わりやすいのかを、考えてみましょう。その時、伝えるためにふさわしいキャッチコピーを考えてみると良いかもしれません。人に伝えるということを、これまで以上に意識してください。
キャッチコピーを考えるには、音楽を聴くだけでは難しいかもしれません。友達とアーティストの話をしてみたり、映画を見たり、本を読んだり、もしかすると街を歩いている時に見かける看板などにアイデアが隠れているかもしれません。
試験に向けて、日頃から色々なことに興味を持ってみてください。

プレゼンテーションと口頭試問について
提出されたプレゼン資料について、上で述べたような「どうして企画したのか」ということを中心に質問します。
人に伝えるということを意識して、自分の言葉で答えてくれることが大切なポイントです。




「進学実技適性テスト」について

総合型選抜(10月)受験予定の人を対象に、事前に専門課題の審査をおこなうテストです。

このテストを受験した結果、専門課題の実力が「適性あり」と評価された場合、総合型選抜における「専門課題」が免除となります。その場合、総合型選抜の受験科目は「面接」と「小論文」です。

詳しくはこちら

学費

授業料 1,050,000円
施設費 400,000円
合計(年額) 1,450,000円
※上記の学費には「MacBook Pro」支給費用が含まれています。  
※初年度のみ入学金200,000円が必要です。

奨学金

対象 金額
遠隔地出身者支援給付奨学金 総合型選抜、学校推薦型選抜における専門実技課題が成績上位の遠隔地出身者 年額20万円
大阪音楽大学給付奨学金 2年次以上学業成績が優秀な学生 年額35~15万円
大阪音楽大学奨学事業財団奨学金 年額54万円(無利息貸与)
大阪音楽大学奨学事業財団奨励金 音楽研究活動の経費の一部(支給)