グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



サイトマップ

検索

TOP >  学生紹介 >  『全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏』 大阪音楽大学「BLACKMOON」が優勝!

『全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏』 大阪音楽大学「BLACKMOON」が優勝!


このエントリーをはてなブックマークに追加


8月14日(土)に放送されたフジテレビ系列『全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏』(ハモネプ)で、本学代表で出場した「BLACKMOON」(ブラックムーン)が優勝しました。ブラックムーンはハモネプ出場を目指して結成されたグループで、メンバーは、ミュージッククリエーション専攻2年太田温音さん(ハル)、豊田幸平さん(コウヘイ)、ヴォーカルパフォーマンス・コース2年齋藤好花さん(このか)、花野安優さん(あんゆ)、牧野正虎さん(とら)、ミュージカル・コース2年原田美優さん(みゆ)の6人。メンバー全員がアカペラ初挑戦でしたが、「音楽だけはどこの大学にも負けたくない」という強い気持ちで挑みました。

前列左から、このか、あんゆ、みゆ
後列左から、ハル、コウヘイ、とら


ブラックムーンの強みの一つは「メインボーカルとして歌える歌手が揃っている」こと。その強みを最大限に生かした「ボーカルリレー」がパフォーマンスの見どころで、1回戦のMrs. GREEN APPLE『青と夏』、決勝のReol『第六感』ともに、それぞれの歌手の魅力が存分に引き出されていました。また、コーラスも高い歌唱力ゆえの充実した響きがあり、曲全体が華やかに仕上がっていました。ボーカル・コーラスを支えるリズム体もハイレベルで、的確なビートを刻むボイスパーカッションと安定感のあるベースが、演奏のクオリティーをさらに高めていました。『青と夏』ではビートボックス(ボイスパーカッション)ソロを取り入れるなど、他とは一味違った構成にも挑戦。全員が主役として輝くアレンジは見事でした。

出場校の中で唯一の音楽大学というプレッシャーもある中、全員が心の底から音楽を楽しんでいる姿がとても印象的でした。「日本一」に輝いたブラックムーンの今後の活躍にもぜひご注目ください。
「BLACKMOON」メンバーより

とら(ボーカル・コーラス)
ヴォーカルパフォーマンス・コース 2年

今回初めてこのような形でアカペラをしてみてとても楽しくて、誘ってくれたメンバーのみんなや応援してくださった関係者のみなさまにはとても感謝しています。
学校の授業でもバンド形式での練習や本番はありますが、アカペラは他とは一味違って誰か1人の出す音がズレれば全員がずれてしまうということがとても難しかったです。
優勝はできましたが、正直まだまだできていないことが多かったのでとても勉強になりました。
全員がこれから個人として旅立っていく中で素晴らしい経験になったと思いました。
応援ありがとうございました。

あんゆ(ボーカル・コーラス)
ヴォーカルパフォーマンス・コース 2年

「ハモネプ2021夏」ご視聴いただき、本当にありがとうございました。
メンバー全員がアカペラ初挑戦で、色んな壁にぶつかり、色んなハプニングもありましたが、6人全員が同じ優勝という目標に向かってチーム一丸となり、本番では最高のパフォーマンスを披露することができました。
メンバー全員には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
大きな舞台で歌うことの楽しさ、チームワークの大切さを改めて感じることができました。
ブラックムーンで力を合わせ、また沢山の方々が応援してくださった結果、優勝することができ、本当に嬉しく思っています。
本当にありがとうございました。
この経験を活かし、更に音楽活動に精進して参りたいと思っていますので、これからも温かい応援、どうぞよろしくお願い致します。

このか(ボーカル・コーラス)
ヴォーカルパフォーマンス・コース 2年

今回、ハモネプに出演、そして優勝できたことが本当に嬉しいです。
そして、優勝できたことはこれからの音楽活動への自信に繋がりました。
全員がアカペラ初挑戦ということもあり、初めは不安やプレッシャーを大きく感じていました。
そこから、それぞれの音楽知識を共有し合い、全員が満足いくパフォーマンスを作り上げることができました。
また、自分と違った特徴を持つメンバーと練習を重ねることで、自分の短所を補ったり、新しい知識を学ぶきっかけにもなりました。
とてもいい経験をすることができました。