グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



サイトマップ

HOME >  学生紹介と進路 >  『全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏』 大阪音楽大学「BLACKMOON」が優勝!

『全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏』 大阪音楽大学「BLACKMOON」が優勝!



8月14日(土)に放送されたフジテレビ系列『全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏』(ハモネプ)で、本学代表で出場した「BLACKMOON」(ブラックムーン)が優勝しました。ブラックムーンはハモネプ出場を目指して結成されたグループで、メンバーは、ミュージッククリエーション専攻2年太田温音さん(ハル)、豊田幸平さん(コウヘイ)、ヴォーカルパフォーマンス・コース2年齋藤好花さん(このか)、花野安優さん(あんゆ)、牧野正虎さん(とら)、ミュージカル・コース2年原田美優さん(みゆ)の6人。メンバー全員がアカペラ初挑戦でしたが、「音楽だけはどこの大学にも負けたくない」という強い気持ちで挑みました。

前列左から、このか、あんゆ、みゆ
後列左から、ハル、コウヘイ、とら


ブラックムーンの強みの一つは「メインボーカルとして歌える歌手が揃っている」こと。その強みを最大限に生かした「ボーカルリレー」がパフォーマンスの見どころで、1回戦のMrs. GREEN APPLE『青と夏』、決勝のReol『第六感』ともに、それぞれの歌手の魅力が存分に引き出されていました。また、コーラスも高い歌唱力ゆえの充実した響きがあり、曲全体が華やかに仕上がっていました。ボーカル・コーラスを支えるリズム体もハイレベルで、的確なビートを刻むボイスパーカッションと安定感のあるベースが、演奏のクオリティーをさらに高めていました。『青と夏』ではビートボックス(ボイスパーカッション)ソロを取り入れるなど、他とは一味違った構成にも挑戦。全員が主役として輝くアレンジは見事でした。

出場校の中で唯一の音楽大学というプレッシャーもある中、全員が心の底から音楽を楽しんでいる姿がとても印象的でした。今後のそれぞれの活躍にもぜひご注目ください。
「BLACKMOON」メンバーより

みゆ(ボーカル・コーラス)
ミュージカル・コース 2年

今回ハモネプで優勝できたことが本当に嬉しいですし、誇らしいです。
全員がアカペラ初挑戦・ハモネプ初出場、しかも「音大生」という肩書きを背負っている覚悟があり、日々練習や生活に焦りが見えましたがやり切りました。
日々の練習でも焦りはありましたが、音感のあるメンバーが揃っていたのであまり細かな苦労はせず、自分たちの専攻学科を活かして取り組むことができました。
そして本番前ギリギリまで家族と過ごすよりもメンバーと毎日練習していたので、メンバーは今や家族同然です。
絆も深まり、アカペラ力も必然的に向上していったと思います。