グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



入学者選抜・オープンキャンパス

受験ナビ



入学者選抜の日程

入学者選抜の種類 出願期間 試験期間 合格発表
総合型選抜 2022年9月21日(水)
~10月3日(月)
※消印有効
2022年10月23日(日)
~10月24日(月)
2022年11月4日(金)
学校推薦型選抜 2022年11月1日(火)
~11月8日(火)
※消印有効
2022年11月29日(火)
~11月30日(水)
2022年12月9日(金)
一般選抜 2023年1月5日(木)
~1月14日(土)
※消印有効
2023年2月4日(土)
~2月7日(火)
2023年2月14日(火)
後期総合型選抜 2023年2月22日(水)
~3月1日(水)
※消印有効
2023年3月17日(金)
2023年3月23日(木)

入学者選抜の試験科目

入学者選抜の試験科目については、「受験アドバイス」にくわしく掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。
総合型選抜(10/23~24) 試験科目 専/併 備考

進学実技適性テスト  各区分

同窓会≪幸楽会≫区分
教員区分 ・ 一般区分
大阪音楽大学付属音楽院区分
面接・調査書 + 小論文 専願
既卒可
※9/3(土)・4(日)の「進学実技適性テスト」を受け、テスト結果が「適性あり」なら「専門課題」が免除に!
※ソロ・コンクールで相当の成績を上げ、本学が入学にふさわしいと判断した場合も「専門課題」が免除となります。
進学実技適性テストを受験していないか、
受験したが「適性あり」とならなかった場合
面接・調査書 + 小論文+
専門課題(口頭試問含む)
学校推薦型選抜(11/29~30) 試験科目 専/併 備考
指定校推薦区分 面接・調査書 専願

現役
のみ
指定校推薦が適用となれば「専門課題」「小論文」が免除に!
高等学校音楽系クラブ推薦区分 面接・調査書 + 小論文 音楽系クラブ推薦が適用となれば「専門課題」が免除に!
公募推薦区分 面接・調査書 + 小論文 +
専門課題
総合型選抜と学校推薦型選抜ともに出願する場合、
学校推薦型選抜は「公募推薦区分のみ」出願可。
一般選抜(2/4~7) 試験科目 専/併 備考
面接・調査書 +
専門課題 +
国語・英語(※1) +
音楽基礎科目(大学のみ)(※2)
併願可
既卒可
※1
◆大学・短大を卒業(見込)の方は「国語」免除。また、同一外国語を4単位以上修得の方は「英語」免除。
◆英検2級以上合格の場合、「英語」受験不要(満点とみなします)。
※2
◆ミュージッククリエーション専攻、ミュージックコミュニケーション専攻、ミュージックビジネス専攻、邦楽専攻は「音楽基礎科目」受験不要。
◆次の場合は音楽基礎科目免除。
音楽基礎科目認定テストで認定取得/高等学校音楽科・音楽コース、本学が認定した高等学校、大学音楽学部・短大音楽科を卒業(見込)/大阪音楽大学付属音楽院進学コース成績認定
後期総合型選抜(3/17) 試験科目 専/併 備考
面接・調査書 + 小論文 +
専門課題(口頭試問含む)
併願可
既卒可
【演奏家特別コースの受験について】
・後期総合型選抜以外の入学者選抜で受験できます。
・学校推薦型選抜の「指定校推薦区分」と「高等学校音楽系クラブ推薦区分」では実施しません。

【総合型選抜】「進学実技適性テスト」について

総合型選抜の受験予定者対象に、「進学実技適性テスト」を実施します。
受験資格:高等学校を2023年3月卒業見込、または卒業していること。

試験科目は、「専門課題(口頭試問含む)」です。 
このテストを受け、結果が「適性あり」なら 総合型選抜の「専門課題」が免除となります。

進学実技適性テストには次の4つの審査区分があります。
同窓会≪幸楽会≫区分 大阪音楽大学卒業生の推薦が必要 
※実施要項、課題内容は本学卒業生に確認してください(本学卒業生で実施要項をお持ちでない方は入試センターへお問い合わせください)
▶「進学実技適性テスト」を2022年9月3日(土)・4日(日)
に受験
出願期間 8/4(木)~18(木)
▶テスト結果が
「適性あり」なら、
総合型選抜の「専門課題」は免除に!
教員区分 大阪音楽大学教員(音楽院講師含む)の推薦が必要
※実施要項、課題内容は本学教員に確認してください(本学教員で実施要項をお持ちでない方は入試センターへお問い合わせください)
一般区分 上記以外
※「一般区分」の実施要項が必要な方は、資料請求フォームからお申込みください
大阪音楽大学付属音楽院区分 大阪音楽大学付属音楽院
進学コース在籍者

※実施内容は音楽院にお問い合わせください
▶「進学実技適性テスト」を2022年8月30日(火)に受験
進学実技適性テストを受験していないか、受験したが「適性あり」が得られなかった場合 ▶総合型選抜で
「専門課題」を受験

【学校推薦型選抜】指定校推薦区分・高等学校音楽系クラブ推薦区分について

① 指定校推薦区分 高等学校音楽科、または本学が指定した高等学校の推薦を受けた者 ▶ 推薦を受けられるか、①は高校に、②は所属するクラブの顧問に確認し、受験年度の9月末日までに高校から本学へご連絡ください。
その後、10月に課題の審査と面談(専攻・コースにより異なる)を行います。
▶適用となれば、
学校推薦型選抜の
「専門課題」「小論文」が
免除に!
② 高等学校音楽系クラブ推薦区分 実技が極めて優秀で、所属するクラブの顧問より推薦を受けた者 ▶適用となれば、
学校推薦型選抜の
「専門課題」が免除に!
上記以外、または ①・② が適用とならなかった場合 ▶学校推薦型選抜
(公募推薦区分)を受験
学校推薦型選抜の受験資格は次のとおりです。
1.高等学校を2023年3月卒業見込、または2022年9月卒業で、出身高等学校長の推薦を受けられること。
2.合格した場合は必ず本学に入学すること。(専願)

「指定校推薦区分・高等学校音楽系クラブ推薦区分」には別途課題がありますこちらを確認してください。

音楽基礎科目の「認定」について

8月・12月・3月実施の「音楽基礎科目認定テスト」を受ける
  • ソルフェージュ(旋律聴音/新曲視唱)
  • 楽典
  • 鍵盤楽器(ピアノまたは電子オルガン)
テスト結果が「認定」
一般選抜の「音楽基礎科目(ソルフェージュ・楽典・鍵盤楽器)」が免除されます
※専攻によって必要な「音楽基礎科目」が異なりますので、受験の際は志望する専攻に合わせて科目を選択してください。