グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



キャンパス・施設


所蔵資料



楽器資料

所蔵資料約2,000点のうち、世界各国の楽器約1,400点を常設展示しています。
展示室は日本の伝統楽器、ヨーロッパの楽器、世界各地域の楽器を3つの部屋に展示しています。また、それぞれの楽器に関連した写真を併せて展示しています。これらには下記のコレクションが含まれます。

所蔵資料検索はこちらをクリックしてください。

サントリー弦楽器コレクション

1999年、サントリー株式会社より寄贈を受けた弦楽器およびその付属品から成るコレクションです。 内訳は、弦楽器42点、弓22点、その他(工具、図版、ロージンボックス(松脂箱))12点の計76点です。 ストラディヴァーリ製(1720年)のピッコロ・ヴァイオリンや、ガスパロ・ダ・サロ製(16世紀後半)のヴィオラ・ダ・ガンバ等の逸品を含んでいます。

水野佐平邦楽器コレクション

本学創立者・永井幸次と親交のあった兵庫県伊丹市の邦楽器製作者で名品の蒐集家でもあった水野佐平氏から、1966年に寄贈されたコレクションです。箏・三味線など日本の伝統楽器70点で、当館楽器収集の機縁となりました。

大阪音楽大学 校史資料

本学創立(1915年)から現在に至るまでの歴史資料を収集しています。文書とともに、録音録画資料も保管しています。
1988年「大阪音楽大学七〇年史 楽のまなびや」、1996年「同八〇年史」を刊行、2016年「大阪音楽大学創立100周年記念誌~Web版 関西音楽史のなかの大阪音楽大学」を公開。
展示コーナーには、本学創設者・永井幸次の胸像、愛用のオルガン、写真などを展示しています。また、文化庁芸術祭大賞などザ・カレッジ・オペラハウスでの上演受賞作品のトロフィーや舞台写真も展示しています。