グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 薗田 郁

薗田 郁


そのだ いく(SONODA Iku)

大阪音楽大学
ミュージックコミュニケーション 助手

学歴・学位

学歴

大阪大学大学院文学研究科 博士前期課程修了
大阪大学大学院文学研究科 博士後期課程単位習得退学

学位

博士(文学)

専門分野

音楽学(日本音楽)

研究テーマ

近代日本の音楽・芸能史(興行史)

これまでの主な活動業績

学術論文

  • 「大正期から昭和初期における浪花節の地域受容―多面化する興行―」『日本伝統音楽研究』第17号(2020年)、1-13頁。
  • 「活動人形とその担い手―横断する近代の地方芸能」『比較日本文化研究』第19号(2019年)、41-51頁。
  • 「明治中後期における源氏節の興行活動の拡がりとそのあり方―東海地方を軸に」『日本伝統音楽研究』第15号(2018年)、76-95頁。
  • 「猿倉人形の立ち回りと囃子における『大衆化』と『民俗化』」、『民俗音楽研究』第43号(2018年)、1-12頁。
  • 「文弥節と佐渡の文弥人形」『民族藝術』第32号(2016年)、56-60頁。

共著

  • 『浪花節の生成と展開ー語り芸の動態史にむけて』、せりか書房、2020年(第五章「浪花節の「民俗化」と人形芝居ー西畑人形の節劇をめぐって」を担当執筆)。
  • 『八王子車人形調査報告書』、八王子市教育委員会、2020年(第五章第三節「説経節の展開と車人形―明治期以降を中心に」を担当執筆)。
  • 『伝統文化 入門編 (はじめて学ぶ芸術の教科書)』、京都造形芸術大学 東北芸術工科大学 出版局藝術学舎、2019年(第三章「文楽」担当執筆)。

所属学会

日本音楽学会、東洋音楽学会、日本民俗音楽学会