グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 住谷 秀夫

住谷 秀夫


すみたに ひでお(SUMITANI HIDEO)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
音響学 教授

学歴

京都産業大学大学院理学研究科物理学専攻前期課程修了

学位

理学修士

専門分野・主な担当科目

専門分野:理論天文学
学部:音響学 情報処理概論
短大:音響学A 音響学B

研究テーマ

彗星群の統計的分析
出現した時期が異なるのに、ほぼ同じ軌道を描く複数の彗星を彗星群と言います。
彗星群の中で最大のものは、Kreutz群と呼ばれ、1700近くの彗星が見つかっています。
この彗星群の軌道の特徴は太陽に大変接近することです。
このため、もともとは大きな彗星が分裂を繰り返して、この彗星群を形成してきたと考えられます。
これらの彗星軌道の分析を主に続けています。

研究・社会活動

  • 『「単振動フィルター」を通して見た中心差―Le Verrierの水星運動理論に適用―』大阪音楽大学紀要47号(2008年)
  • 「天体の運動理論樹立に際して留意すべき事項」大阪音楽大学紀要46号(2007年)
  • 「Kreutz群のサブグループ」第35回天体力学N体力学研究会集録(2003年)
  • 「Kreutzの太陽を掠める彗星群のサブグループII」大阪音楽大学紀要39号(2000年)
  • 「Kreutzの太陽を掠める彗星群のサブグループ」大阪音楽大学紀要37号(1998年)

教育方針

担当科目では、数学や物理的な知識も必要になりますが、これらの学問の考え方や使い方を伝えたいと思っています。

所属学会・団体

  • 日本音響学会、日本音楽知覚認知学会
  • 日本天文学会、東亜天文学会

その他

夜空の星を見ながら小一時間、散歩することが気分転換になっています。
季節が変わると見える星座も変わります。
また、惑星の位置も星座の中を移動します。
晴れたときには、夜空の星を見上げてみませんか。