グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 星田 一山

星田 一山


ほしだ いちざん(HOSHIDA ICHIZAN)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
尺八 講師

学歴

  • 昭和55年:大阪音楽大学音楽学部器楽学科箏専攻卒業。在学中、人間国宝 菊原初子氏に三絃を、箏を須山知行、中島警子両氏に師事
  • 昭和56年:都山流尺八楽会 准師範試験首席合格 都山流尺八楽会より特別賞を授与される
  • 昭和59年:都山流尺八楽会 師範試験 首席合格 「グリーンリボン新人賞」授賞
  • 昭和60年:大阪文化祭 奨励賞を授賞 都之雨社定期演奏会で「春の恵」の演奏に対し。
  • 昭和62年:都山流尺八楽会主催 本曲コンクール全国大会において2位金賞(1位無し)、文部大臣賞を授賞
  • 平成元年: 都山流尺八楽会 大師範に昇格
  • 平成6年: 都山流尺八楽会主催 本曲コンクール全国大会において一位金賞、文部大臣賞を再度授賞
  • 平成10年:平成9年度、大阪文化祭 奨励賞 受賞
  • 平成10年:古典の会 夢遊児歌(むーじか)による三曲合奏のCDを発表
  • 平成11年:CD「雫」発表、オリジナル全9曲、作曲、演奏を手がけ、水をテーマにさまざまな水の形態を尺八と水の音で表現。
  • 平成14年:都之雨社(としゅうしゃ)会長に就任都山流尺八楽会竹琳軒(ちくりんけん)允許
  • 平成16年:10月10日、三代 星田一山 襲名。10月11日、三代星田一山襲名披露演奏会を大阪の厚生年金会館芸術ホールで開催

研究・社会活動

NHKTV、NHKFM、民放等出演・フランス、ドイツ、スウェーデン、シンガポール、中国等海外演奏多数・平成10年以降、兵庫県高等学校邦楽コンクール審査委員長を務める

所属団体

大阪音楽大学講師、大阪朝日カルチャーセンター講師、芦屋朝日カルチャーセンター講師、大阪大学邦楽クラブ銀簫会講師、都山流尺八楽会竹琳軒大師範、都之雨社(としゅうしゃ)会長、都山流尺八楽会 都山流講士、関西邦楽作曲家協会会員、邦楽合奏団 鼎常任指揮者

CD

  • 「夢遊児歌」(古典三曲合奏 筝、三味線、尺八)
  • 「雫」星田一山 全作曲 演奏(尺八、ギター、コンピュータ)
  • 「COMUSO」(尺八、ギター、ベース、ドラム、ピアノ)

教育方針

基礎訓練を徹底する・復習が一番

その他

古来より伝えられている本曲と三曲合奏に基本をおいて伝統的な「音」を追求しながら、尺八で表現できるさまざまなジャンルの音楽に取り組んでいます。

また大阪音楽大学では尺八の実技指導のほか、教職課程を選択している学生に対し、中学、高校での邦楽教育をどのように導入、及び指導していくのかといった「邦楽指導法」という授業を担当しております。

バイクで走るのが好きです。

審査員活動

  • 都山流尺八楽会大阪府支部 本曲コンクール 審査員
  • 都山流尺八楽会本部主催 本曲コンクール全国大会 審査員
  • 兵庫県高等学校邦楽コンクール 審査員長
  • 国際尺八コンクール本選 審査員