グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 清水 光彦

清水 光彦


しみず みつひこ(SHIMIZU Mitsuhiko)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
声楽 講師

プロフィール

1952年7月兵庫県、神戸市に生まれる。大阪音楽大学卒業、同大学院(オペラ研究室)修了。
1981年よりウィーンへ留学。ウィーン国立音楽大学にて学ぶ。この間、ウィーン室内歌劇場にも所属する一方、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、ベルギー各国各地にても公演する。ウィーンにて、バジリオ[フィガロの結婚]、フェランド[コジ・ファン・トゥッテ]、タンツ・マイスター[ナクソス島のアリアドネ]等を好演。教会でのミサのテノール・ソロ等も数多く歌う。
ウィーン国立音楽大学(オペラ科)ディプロマ修得(卒業)後、1986年3月 帰国。
関西二期会、大阪音楽大学オペラハウス 等を中心に、次郎作[昔噺 人買太郎兵衛]、与ひょう[夕鶴]、コンキーリア侯爵[ラ・チェッキーナ(良い娘)]、ベドリッロ[後宮からの逃走]、フェランド[コシ・ファン・トゥッテ]、ドン・オッターヴィオ[ドン・ジョヴァンニ]、タミーノ[魔笛]、マックス[魔弾の射手]、アルフレ―ド[椿姫]、ヴァルタ―[タンホイザ―]、ドン・ホセ[カルメン]、ロドルフォ[ラ・ボエーム]、ピンカートン[蝶々夫人]、アイゼンシュタイン[こうもり]、アヴィート[三王の恋]、トルケマダ[スペインの時]、ロバを連れた男[賢い女]、電信技士[夜間飛行]、市長[アルバ―ト・ヘリング]、トニー[若き恋人たちへのエレジー]、若い男[金閣寺] 他、数多くのオペラに出演、いずれも高い評価を得ている。ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ヴェルディー等の宗教曲のテノール・ソロや、コンサ―トも多数。
2003年3月、シューベルトの「冬の旅」をもって神戸文化中ホールにてリサイタルをひらき好評を博す。
2009年1月より公益社団法人関西二期会事務局長に就任。2012年7月、「60th(還暦)記念コンサート」を神戸文化大ホールにて行う。
2016年3月、「音楽生活45周年を迎えて」と題し松方ホールにてリサイタルを開く。
2009年1月から2017年3月まで公益社団法人関西二期会事務局長に就く。
2017年4月より同法人事務局参与に就任。現在に至る。
合唱活動に於いては、1989年8月『神戸市混声合唱団』発足と同時に入団、2000年3月退団まで、パート・リーダー、コンサート・マスター、副指揮者を歴任し数多くの(300回を超える)コンサートに出演した。
現在、グリーンフォークコーア、ハルモニア室内合唱団、各合唱団指揮者。
これまでの演出作品は『メリー・ウィドー』(レハール)、『ホフマン物語』(オッフェンバッハ)、『あまんじゃく と うりこひめ』(林 光)、『アマールと三人の王様』(メノッティ)、『フィガロの結婚』(モーツァルト)、『カルメン』(ビゼー)、『昔噺 人買太郎兵衛』【人形浄瑠璃とのコラボレーション】(間宮芳夫)。
実行委員(ボランティア)として阪神淡路大震災の年から連続して開催している「すずらんホールコンサート」(神戸市北区)は23年目を迎え54回を数えている。
2017年9月「神戸市文化活動功労賞」受賞。
田原祥一郎、故広岡隆正、故五十嵐喜芳、常森闘志、故マリオ・デル・モナコ各氏に師事。
大阪音楽大学非常勤講師。日本演奏連盟会員。神戸音楽家協会会員。神戸波の会会員。兵庫県音楽活動推進会議メンバー。

専門分野・主な担当科目

声楽レッスン

研究テーマ

声楽全般(オペラ、歌曲)とクラシックの声楽における基礎発声

教育方針

それぞれ個性にあった指導を目指し、その個性を伸ばす。