グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 武藤 好男

武藤 好男


むとう よしお(MUTO YOSHIO)

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
作曲 教授

学歴

大阪音楽大学大学院音楽研究科作曲専攻修了

学位

芸術学修士

専門分野・主な担当科目

作曲・作曲理論・楽曲分析

研究テーマ

現代音楽作品の思想と方法論、楽曲の構造分析

研究・社会活動

これまでに作曲した作品は室内楽を中心に約100曲。
管弦楽曲の打楽器オーケストラへの編曲を毎年やっています。その他新作発表を中心とした作曲活動。 2007年には、定期演奏会のために、久しぶりにオーケストラ作品を書きました。

著書:「明解和声法」上・下巻(共著)、「明解新楽典」(共著)以上音楽之友社

教育方針

何事でも同じですが、作曲するにあったて大切なのは意欲(やる気と自覚)と基礎的なスキル。 意欲のある人には、それを作品化する適切なアドヴァイスを、ない人(?)には、作曲をする喜びを知ってもらう。作曲は一生できます。長い目で見て、作曲をする基礎体力が付くよう、その上で一人一人の個性を伸ばすよう、日々努力しています。

所属学会・団体

今はどこにも所属していません。