グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



サイトマップ

HOME >  DAION座(上部団体) >  ABOUT US >  クリエイティブスタッフ

クリエイティブスタッフ


代表:羽鳥三実広 (演技指導・脚本・作詞・演出)

大阪音楽大学短期大学部 教授
DAION座代表
シアタープロジェクト羽鳥 代表
脚本家・作詞家・演出家

オフィシャルサイトはこちら
慶応義塾大学商学部卒。劇団四季出身。学生時代より27年間に亘る同劇団在籍中、俳優として3000回以上の舞台に立ち、演出助手、脚本執筆、演技教師も兼務。作品作りに参加すると共に多くのメインキャストを育てる。「ミュージカル 異国の丘」(東京・四季劇場 2001年)は浅利氏との共著。2003年に退団。2004年、シアタープロジェクト羽鳥を設立。「羽鳥塾」での俳優育成と共に創作活動を開始する。2011年4月より大阪音楽大学短期大学部教授に就任。「明るく、元気に、朗らかに」を学生のモットーとし、「表現の楽しさにつながる基本の徹底」を軸に、ミュージカル・コースでの指導に当たっている。他に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの演技指導と演出協力(2006年~)やTBS新人アナウンサーのボイストレーニング(2006年~)、全国各地での講演やワークショップ等々、精力的な活動を行っている。

主な創作作品(脚本・作詞・演出)

  • 「ソロ・ミュージカル YAKUMO」(東京・青山円形劇場 2004年 NHK BS2でも放映)
  • 「ファンタジー ミュージカル 夜物語」(東京・前進座劇場 2009年 2010年)
  • 「ミュージカル 孤児マリア」(東京・俳優座劇場 2012年 2014年)
  • 「ミュージカル 寝屋のはちかづき」(大阪・アルカスホール 2014年)
大阪音楽大学でも毎年オリジナル作品を創作上演。
  • 2012年「あの鐘を鳴らすのはあなた」
  • 2013年「マダム・オズ」
  • 2014年「マリリン」
  • 2015年「ガラスの戦士」
  • 2016年「かがり火 恋唄」
  • 2017年「ママ、ふり向かないで」
  • 2018年「空の向こうの物語」

副代表:松田ひろ子 (歌唱指導・作曲・編曲)

大阪音楽大学短期大学部
准教授/DAIONミュージカル研究会副代表

滋賀県立石山高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
劇団四季を経てシンガーとして活動するほか、クラシック・ミュージカルの垣根を越えて幅広いジャンルの歌唱指導には定評がある。
バッハなど宗教曲のソリストをはじめ、オーケストラコンサートの司会やファミリーコンサート、ギターや打楽器・お琴など器楽とのコラボレーションなど多彩な取り組みは、各方面から注目を浴びる。
幼いころより続けてきた合唱や青春時代に影響を受けた声楽の音楽基礎を生かし、ミュージカル創作に取り組む。DAI-ONミュージカル試演会作品の編曲・作曲・歌唱指導を担当している。その他、ショッピングモールにおけるミニミュージカルショーやコンサートイベントの構成・編曲も意欲的に手掛ける。
しが県民ミュージカル「湖の約束」「ザ・デビュー!男の料理教室」歌唱指導。しがアートスクール「ミュージカルをつくろう」講師。夏の音楽院フェスティバル・ミュージカル体験教室歌唱指導(大阪音楽大学付属音楽院)。「まほろば—21世紀創作歌曲の会」会員。歌唱指導で心がけていること—「音楽の楽しみ方を伝える」「一人一人の身体と発声の癖を発見し、目的に合った指導」

藤井いづみ (編曲、ピアノ伴奏)

大阪音楽大学短期大学部 非常勤助手

大阪芸術大学ピアノ科卒業・お茶の水女子大学文教育学部研究科修了。
その後ポーランド・チェコにて室内楽の研鑽を重ねるもジャズに目覚め、ジャズマンと結婚しクラシック界から遠ざかる。6年を経て破局……。
室内オペラ「夕立ち」~故・磯部淑作曲~初演稽古ピアノがきっかけになり母校大学院助手として勤務。心機一転!日本歌曲研究と伴奏・古典的な分野の通奏低音奏者と して、活動を再開する。そして、御縁あり当校ミュージカルコースに出校することになり、童謡・歌謡曲から室内音楽~現代音楽等の作品をミュージカルに生かす方法を研究テーマとしている。
『捨てる神ありゃ拾う神あり』役に立たない経験はありませんね!

小島良太 (オーケストラ編曲・音源制作)

大阪音楽大学短期大学部 非常勤講師

オックスフォード大学数学科卒業後、ギルドホール音楽院にて作曲を学ぶ。 2000年度英国NSDF演劇祭音楽部門作曲家賞を受賞。 その後日本に帰国。2002年~2008年劇団四季に在団。 「ライオンキング」、「マンマミーア!」、「はだかの王様」、「異国の丘」、「南十字星」などのミュージカルにシンガー、ダンサーとして出演。 退団後もミュージカル「ドロウジーシャペロン」、ミュージカル「モンティパイソンのスパマロット」などに出演。またミュージカルライブやコンサートにも多数出演。 現在は俳優としてのみならず、作曲家、ピアニストとしても活動。多くのミュージカルやテーマパークのショーなどの作曲・作詞・編曲を手がける。 代表的なミュージカル作品は「魔女の宅急便」の角野栄子が原作のミュージカル「ズボン船長」。またサンリオピューロランド、ニューレオマワールドなどでキャラクターショーやパレードの作編曲を担当する。ボイスアクターとしても活動の範囲を広げ、ナレーションやX-Boxなどのゲームの声優も行っている。

橋本亜美(ダンス指導・振付)

大阪音楽大学短期大学部 非常勤講師

幼少時代に始めたクラシックバレエがダンスの原点。 舞台の上で表現する事に興味を持ち、2002年宝塚北高校演劇科へ進学。そこで、芝居・歌・ダンス・伝統芸能などを学ぶ。 卒業後、アメリカカリフォルニア州の大学へ留学し、パフォーミングアーツ/ダンス専攻でダンスのあるゆる面を勉強し、スキルに磨きをかける。 在学中、ダンスコンテスト『WORLD OF DANCE SAN DIEGO』にゲストダンスグループとして出演、LA最大のダンスショーケース『CARNIVAL』でパフォーマンスを披露、その他イベントに多数参加。 卒業後、ロサンゼルスディズニーランドでパフォーマーを経験。また、ディズニー映画『ハイスクールミュージカル』のキャストオーディションではファイナリストに選ばれる。 帰国し、アメリカでの経験を活かしながら数々の舞台を踏み、2009年自信の活動に新たな要素として、ダンスパフォーマンスグループ【JAMBA】を立ち上げる。 「笑顔の花を咲かせましょう」をモットーに、自主公演や多数プロジェクトイベントに参加。年に一度開催する自主公演ではパフォーマーの他、 振付・演出も行っている。 2012年よりダンス指導、振付など活動の場を広げている。

齊藤まり子(ピアノ伴奏 制作)

大阪音楽大学短期大学部 非常勤助手

大阪音楽大学音楽学部器楽専攻卒業。同大学音楽専攻科ピアノ専攻修了。芹澤佳司氏に師事。ウィーンムジークセミナーなど、国内外のマスタークラスで研鑽を積む。第9回日本演奏家コンクール第3位、第22回和歌山音楽コンクール第2位など、受賞。滋賀県文化振興事業団主催「ザ・ファースト・リサイタル」、「ザ・カレッジ・オペラハウス推薦コンサート2012」、「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2015、2016」出演。2010~2015年次世代文化芸術推進事業に参加、小、中、養護学校にて演奏会を行う。ソロ、アンサンブルで音楽ホールでの演奏活動はもとより、劇場、カフェなどで、ダンサーやアーティストとのコラボレーションにも取り組んでいる。