グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



広報誌「MUSE」

ホーム > 広報誌「MUSE」 > 演奏会・イベントレポート > 第52回吹奏楽演奏会(2021/3/6開催)

第52回吹奏楽演奏会(2021/3/6開催)


2021年3月6日(土)、ザ・シンフォニーホールで第52回吹奏楽演奏会が開催されました。今回は本学の高昌帥教授の作品でプログラムを構成し、作曲者自身の指揮で披露しました。プログラム前半は吹奏楽コンクールで演奏される機会が多い2曲、後半は高教授が本番で指揮をするのは初となる、本演奏会委嘱作品を含めた3曲が組み込まれました。
「吹奏楽のための風景詩『陽が昇るとき』」の輝かしい響きで幕を開けると、続く「ウインドオーケストラのための『マインドスケープ』」では、抒情的な旋律を情緒たっぷりに表現し、会場を魅了しました。

後半1曲目は、ソロのみならずバンドも高難度と言われる「雷神~ソロパーカッションと吹奏楽のための協奏曲」。その名の通り、激しく轟く雷鳴や稲妻の閃光が、吹奏楽の力強い音色でリアルに演奏されました。新堂帆士斗さん(大学4年)の体全体を使った演奏は、まさに、自由自在に雷を操る「雷神」そのもので、終盤のアドリブパートでは、凄まじい速さで打たれたドラムが、落雷したかのような轟音を響かせていました。そのパフォーマンスは、思わず息を呑むほど圧巻でした。

続いて演奏された本演奏会委嘱作品「まじなひ~その参」は、クロマティックゴングとシェルツリーを印象的に用いており、各楽器の繊細な表現力によって描き出された呪術的な怪しい雰囲気に、会場は強く引き込まれている様子でした。その見事な初演には、観客から惜しみない拍手が注がれました。

プログラムの最後を飾ったのは、本学創立100周年記念委嘱作品である「吹奏楽のための協奏曲」。全5楽章から成る豪華な祝祭の音楽で、吹奏楽で使われるほぼすべての楽器を活用した最大規模編成の大曲です。力強いファンファーレが高らかに響き渡ると、その後も生き生きとしたエネルギッシュな演奏が展開され、プログラムを華やかに締めくくりました。

最初からクライマックスのような盛り上がりを見せた演奏会は、観客の熱い拍手に導かれ、アンコールで「カーニバル・デイ」を披露し、高揚感そのままに幕を下ろしました。

撮影:飯島隆