グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



広報誌「MUSE」

ホーム > 広報誌「MUSE」 > 2018年度

2018年度



Vol.248(2019年1月15日発行)

吹奏楽が大好きだ!
今年50回目を迎える「吹奏楽演奏会」
吹奏楽で中心的な役割を担う管楽器、打楽器にフォーカスしました。


●この楽器に惚れました!
~吹奏楽やオーケストラで活躍する管楽器。それぞれの楽器の魅力を学生に聞きました。~

●だから合奏はやめられない!
~吹奏楽やオーケストラなど、合奏の機会が多い管打楽器。合奏の面白さや奥深さを3名の学生にインタビュー。~

●管楽器・打楽器のリアル。
~管打楽器専攻・コースの学生300人に、大学生活からプライベートまでのリアルな声を聞いてみました!~

●自ら考え、音に表す真剣勝負の3時間。
~打楽器専攻・コースの熱い専門合奏の授業に潜入しました。~

●私が大音で学んだこと。
~インスペクター、リーダーとして奮闘する4年生2人に、大音で学んだことや得たことを聞きました。~

Vol.247(2018年10月22日発行)

音楽ではたらく、その日のために。
2017年に学内に発足したプロダクション「大音ラボ」と「epoch/c(エポック)」。学びと実践を繰り返しながら「音楽ではたらく」を実現するため、日々奮闘する学生の今に迫りました。


●ミュージッククリエーション専攻生が番組挿入歌を制作!
~仙台放送「オガッタ!?」の挿入歌レコーディング風景に潜入!~

●プロの現場で成長中!
~未来のクリエーターである学部生に話を聞きました~

●大音ラボから生まれた作品の数々。
~どこかで聞いたことがあるかも!?制作実績をズラリとご紹介~

●初の有料イベント成功を目指して!
~ミュージックコミュニケーション専攻生が企画するイベントの打合わせに潜入~

●阪急電鉄路線リレーコンサート(仮)開催が決定!
~2020年に開催されるビッグイベントの軸となるミュージックコミュニケーション専攻。
抱負を聞きました~

Vol.246(2018年7月17日発行)

めざせ!音楽の先生。
毎年コンスタントに音楽の教員を輩出する大音。
人、カリキュラム、サポート体制…
「教員への近道」としての、大音の強みを紹介します。


●教員を目指す学生の素顔。
~教員採用試験合格を目指し、日々奮闘する学生の素顔に迫る~

●学生を支えるカリキュラム。
~大音ならではの教職カリキュラムをご紹介~

●学生の困りごとや悩みをサポート。
~学生をサポートする教職支援室を覗いてみよう~

●主体的な取り組みで仲間と高めあう。
~学生たちは、自ら企画する勉強会でも切磋琢磨しています~

●音楽の楽しさを伝える実践の場。
~支援学校でのボランティア活動に密着~

●学生の思いに応える、熱き指導者。
~先生を目指す大音生の学びを支える教員をご紹介~

●第一線で活躍するセンパイ教員。
~現役教員として活躍するセンパイにインタビュー~

Vol.245(2018年4月16日発行)

大音の新しい顔。
新しい季節の始まり。
大音に新たな風を吹き込むNew Faceを紹介します。

●中村理事長×本山学長対談
~時代のニーズを的確につかみ、学生にとって最善の環境を目指す~

●本山学長ってどんな人?
~本山学長にアンケートに答えていただきました!著名な方々からの祝辞も!~

●次の大音を創る先生たち
~第一線で活躍する演奏者から、すでにおなじみの先生まで、今年度着任された先生たちをご紹介!~

●大音を選んだ理由、大音で目指すこと。
~今年度入学した新入生に、大音を志望した理由や大学生活に期待することなどを聞いてみました~