グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻・コース

ホーム > 専攻・コース > 弦楽器専攻(4年制)/弦楽器コース(2年制) > 弦楽器専攻 ヴァイオリン演奏家特別コース(4年制)

弦楽器専攻 ヴァイオリン演奏家特別コース(4年制)




2023年4月より
「弦楽器演奏家特別コース」に
リニューアル


「弦楽器演奏家特別コース」独自の
手厚いカリキュラム。


高度な個人実技レッスンに加え、将来の志向に応じて多彩な授業をアレンジできることに特化したコースです。本学が誇る多彩な教員からオーケストラ・室内楽、各種アンサンブルなどを学ぶことができます。

毎週45分の「個人レッスン」に加え、「管弦打演習特AI~BIV」を実施(年間30回)

  • 将来志向に応じて自由に授業内容をセレクトできる!(「専門実技」「オーケストラスタディ」ほか)
  • ジャンル毎に希望の教員に師事できる!
  • 一部のレッスンはピアノ伴奏付き!

「演奏家特別コース」ならではの取り組み

  • 年1回、大学内の本格ホールで「リサイタル」を開催!
  • 2年次から「室内楽」を受講できる!(通常は3年次より履修)

※「弦楽器演奏家特別コース」について
一部の奨学金制度が適用外となります。後期総合型選抜では受験できません。大学・短大とは異なる課題曲で入学者選抜を実施します。
詳しくは入試センター(0120-414-015)までお問合せください。

特別教授、特任教授が直接指導


漆原朝子 特任教授による
ヴァイオリン特別講義

想い描く音色が出せるよう、
身体の使い方から直接レッスン。


 ヴァイオリンは自然に構えられるようになることがすでに難しい楽器です。その上西洋人の大きくて柔らかい筋肉と違い、日本人の筋肉は小さくて縮みがち。同じような身体の使い方をしてしまうと、思うように音が響かなくなります。理想の音に近づくには、効果的な呼吸法で、身体の力を適切に緩めることが大切です。身体のこわばりを取れば、体内に音が共鳴してより響くようになるのです。そのための身体の使い方をお伝えすることで、想い描く音色が出せるようになればと願っています。
 特別講義は今年で2年目となりますが、年に数回でも皆さんに直接会ってレッスンを行うと、身体の使い方もしっかり意識してもらえているなと実感。毎回、着実にステップアップしてくれ、うれしくなります。
 大音生はとてもポジティヴで素直な印象です。調和のとれた心で演奏すると、身体も緩みやすくなり、より表現したいことを伝えやすくなると思います。とても難しいことですが、少しでも皆さんのお役に立てたらと願っています。
(2017年取材時)
漆原 朝子 Profile
ヴァイオリニスト。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校に在学中、第2回日本国際音楽コンクールにおいて最年少優勝。ジュリアード音楽院卒業。88年N響定期公演デビュー。ニューヨーク、ワシントン等でも絶賛を博す。その後はマールボロ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、ルツェルン音楽祭などにも登場し、内外のオーケストラとの共演も数多い。近年では、ライフワークの一つでもあるエルガーの大作、ヴァイオリン協奏曲を、ジョゼフ・ウォルフと数回にわたり共演。兵庫芸術文化センター管弦楽団定期演奏会での演奏はライブ録音によるCDが発売され、絶賛されている。これまでに、アリオン賞、モービル音楽賞奨励賞、文化庁芸術祭レコード部門優秀賞などを受賞。現在東京藝術大学教授、および大阪音楽大学特任教授。


上村昇特別教授による
チェロ特別講義

上村 昇 Profile
1975年京都市立芸術大学卒業。黒沼俊夫氏に師事。77年第46回日本音楽コンクール第1位。海外派遣コンクール松下賞受賞。79年京都・東京にてデビュー・リサイタルを開く。第6回カサド国際チェロ・コンクール優勝。その後ジュネーヴにて、ピエール・フルニエ氏に師事、ヨーロッパ各地で演奏した。ジュリアード音楽院教授、ハーヴィー・シャピロ氏の夏期講習にも、度々参加し薫陶をうける。
NHK交響楽団をはじめ、国内外の著名オーケストラと共演、91年にはノイマン指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団とドヴォルザークのチェロ協奏曲を演奏した。93年第5回飛騨古川町音楽大賞奨励賞受賞。98年ABC国際音楽賞受賞。2001年第19回京都府文化賞功労賞受賞。ソリストとして、また室内楽の分野においても著名なアーティストたちからの信頼も厚い。98年には京都府民ホール・アルティの開館10周年を記念し、アルティー弦楽四重奏団を結成。以来京都で定期公演を行い、2008年には第28回音楽クリティック・クラブ賞、京都府新世紀かがやき交流賞を受賞している。京都市立芸術大学名誉教授、桐朋学園大学特任教授、大阪音楽大学特別教授、京都市文化功労者。

紹介ムービー


授業紹介「オーケストラ」



弦楽器コンセプトムービー


コースの特色


多角的に学べるカリキュラムで、
幅広く活躍できる演奏家を育成。


弦楽器の魅力はその活躍フィールドの広さ!ソリスト、オーケストラ奏者、室内楽奏者、弦楽器指導者... 多彩な分野で活躍が可能です。

個人レッスン
週1回60分間の「専門実技レッスン」と、そのレッスンをより深く、より多角的に掘り下げるためにもう1名の教員によるレッスンが受けられます。
指導にあたるのは日比浩一 特任教授森下幸路 特任教授といった本学の誇る強力な教員陣です。


専門合奏
専門合奏は「弦楽アンサンブル技術の実践と修得」がテーマ。バロック期~近現代の重要な教材を取り上げ、それらの楽曲に相応しい読譜力と奏法および表現力を身につけます。将来、弦楽器の指導的立場に従事出来る人材の育成を視野に合奏の基本的な能力や素養を身につけ、探求、習得していきます。発表の場として「ザ・ストリング・コンサート」を開催します。


室内楽
主に弦楽四重奏の形態を中心に、古典から近・現代に至る室内楽作品を学びます。前期と後期に「室内楽発表会」を開催します。


オーケストラ
交響曲、協奏曲、オペラ、宗教曲など多岐にわたる管弦楽曲を取り上げ、アンサンブル技術を習得します。オーケストラに精通した指導陣のもと、演奏に必要なスキルを実際の演奏経験から学びとります。主に「大学定期演奏会」「学生オペラ」といった演奏会で成果を発表します。




学習の成果を発表する「演奏会」

定期演奏会はおもにクラシック専用ホール「ザ・シンフォニーホール」で開催。


学内にある「ザ・カレッジ・オペラハウス」はプロも公演する本格オペラ劇場。


専攻生による演奏会「ザ・ストリング・コンサート」(2019年度は常翔ホールで開催)


卒業後は「オペラハウス管弦楽団」の
団員として活躍する道も

卒業後は、オーディションを経て「大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス」専属の楽団である「ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団」で活躍することも可能です。正指揮者に大勝秀也、牧村邦彦を擁し、ザ・カレッジ・オペラハウス主催のオペラ公演の管弦楽を担当しています。3度の文化庁芸術祭 芸術祭大賞を受賞したハイレベルな本楽団で経験を積むことで、他のオーケストラにチャンレンジする道も開けます。

教員紹介


弦楽器のスペシャリストが
きめ細かく丁寧に指導。


教員一覧はこちら

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 高等学校教諭一種免許状(音楽)※
  • 小学校教諭一種免許状(神戸親和女子大学との提携により所定の要件を満たすことで取得可能です。このプログラムは2年次前期にのみ開始できます。)
※3年次編入の場合、出身大学等における単位修得状況により卒業時には取得できない場合があります。