グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻・コース

ホーム > 専攻・コース > ポピュラー・コース(2年制)

ポピュラー・コース(2年制)


ポピュラー音楽業界で勝負するなら
絶対! 大音の「ポピュラー・コース」
1992年、日本の大学で初めて「ポピュラー・コース」を設置。
以来25年にわたり「実践+理論」のカリキュラムを徹底し、音楽業界で活躍する人材を送り出してきました。
大音の2年間で“現場の要求に応えられる”技術と表現力を身につけます。

ポピュラー演習室

録音スタジオ


コースの特色

教員は実力派の「スタジオミュージシャン」

指導陣は全員、一流のスタジオミュージシャンとしても活躍中です。指導力が高いのはもちろん、音楽業界の事情に精通しているからアドバイスも的確。学生の力を引き出す「育てるプロ」が集結しています。

表現に深みを与える「知識」も重視

「理論」系科目が充実しているのも大音ならでは。知識を伴うことで、実技レッスンだけでは得られない、深みのある演奏力が生まれます。興味があれば、第二主科目としてクラシック系科目(作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、邦楽)や他の音楽ジャンル(ジャズ、ミュージカル、電子オルガン)を学ぶことも可能です。

カリキュラムは「洋楽」がベース!

流行り廃りの激しいポピュラー業界で活躍するには、流行に応じる力も大切。J・ポップは洋楽の流行に強く影響を受けるため、洋楽を知ることでJ・ポップの流行も読めるようになるのです。大音のカリキュラムがあえて「洋楽」中心なのは、こうした理由があります。

多くの実践経験を積むため、あえて「2年間」に

ポピュラー音楽業界は経験重視の世界。チャンスを逃さず、より早い段階からチャレンジできるようカリキュラムを2年間に凝縮し、ベースとなる基礎力をしっかり育てます。卒業後、「もっと勉強してみたい」なら短大専攻科へ進学することも、他の音楽ジャンルに興味が出たなら大学3年次に編入することも可能。進路を自由に選べるのも短大の大きなメリットです。

ポピュラー・コースの中心科目

実践 自分自身のスキルアップ
  • ポピュラー・ヴォーカル・レッスン
  • ポピュラー・インストゥルメント・レッスン
  • ベーシック・キーボードI・II
  • キーボード演習I・II
グループワーク
  • バンド・パフォーマンス
  • コラボレート・スタディ
理論
  • MIDIシステム・テクノロジーI・II・III・IV
  • ポピュラー・ヴォーカル・セミナー
  • ポピュラー・インストゥルメント・セミナー
  • ミュージック・ビジネス・マネージメントI・II
  • ポピュラー音楽演習Ia・Ib・IIa・IIb
  • ポピュラー音楽講座I・II
  • 電子音響機器演習I・II
  • 作曲法I・II
  • インストラクター概論I・II
*インストゥルメントは「ギター、E ベース、ピアノ・キーボード、ドラム・パーカッション、サックス・フルート」の総称

主な音楽カテゴリー

ロック・スタンダード/J・ポップ/A・O・R/フュージョン/ジャズ・スタンダード/ブルース/ゴスペル・ミュージック/R&B /ブラック・コンテンポラリー/カントリー&ウエスタン/ラテン音楽/ テクノ・ポップ/ ポピュラー・ピアノ音楽/ピアノ・ソロ/ラウンジ・ミュージック/ 映画音楽

POPULAR TOPICS

日々、進歩を続けるポピュラー音楽ビジネスの現場にも的確に対応できる人材を育成しているポピュラー・コース。本学ならではの活動やポイントもいっぱいです。

高校の音楽系クラブの現場で在学生が活躍中!

大阪音楽大学と同じ大阪府豊中市内にある高校軽音楽部の皆さんを招いて毎年開催しているクリニックで、教員とともにレクチャーを担当したり、授業の一環として高校部活動の現場に直接訪問して指導のアシストを行ったりと、培った力を社会に還元しつつ、指導者としての第一歩を学べる環境があります。

大阪府内の大規模ホールで毎年コンサートを開催

約1年の間に本学で身につけた力を発表する舞台として、毎年1月頃に、「ポピュラー・コース・コンサート」を実施。梅田のサンケイホールブリーゼをはじめ、大阪府内の大規模ホールで催しています。

授業内で実施するミニコンサートで学んだ成果を確認!

毎年秋には、授業の一環として、学内で「ポピュラー・コース ミニコンサート」を開催。ステージパフォーマンスはもちろん、セッティングや照明、プログラム作成や司会など、すべての作業を学生たちが担います。

大手レーベルを通じて、在学中からプロ活動する学生も

学内で大手レーベルによるオーディションが実施されることも。そのチャンスをきっかけにプロのサポートメンバーとして活躍するなど、大学で学びながらも在学中にプロとしての活動をスタートさせる学生も登場しています。

大型テーマパークなどで活躍する卒業生も多数輩出中!

ライブ活動やレコーディング活動はもちろん、学んだことを活かして、大型テーマパークでパフォーマーとして活躍する卒業生も多数、輩出中。皆それぞれに広くエンタテイメントの世界へ羽ばたいています。


学生紹介・レッスン概要

ヴォーカルクラス

音楽現場をリアルに知れる授業が魅力!
Q.大音に入学してみて、いかがですか?
充実した授業が魅力です。先生方が音楽現場で実際に経験されたことを聞けるので、リアリティがすごいです。練習室も充実しているので、毎日学校で歌って帰ります。
Q.あなたが大事にしている練習法は?
車の中で曲を聴いて、毎日歌うようにしています。家の中だと大きな声が出せないので、車は私にとって小さなスタジオです。朝の時間帯を使って、練習を続けています。
Q.今もっとも頑張っていることは?
入学当時から今も変わらず歌うことです。歌は、歌えば歌うほど難しく、簡単にはつかめないものだと痛感します。だからこそ、とてもやりがいを感じ、努力できるのです。
Q.あなたの目標は何ですか?
洋服が大好きなので、ファッションショーの音楽などを制作するのが目標です。親が服飾系の仕事をしているのですが、服と音楽は共通するところが多いと思います。ヴォーカルクラス 2年
廣瀬 友美さん(帝塚山学院高等学校 出身)

MON TUE WED THU FRI
1
2 電子音響機器演習I ポピュラー・ヴォーカル・セミナーIIa ポピュラー・ヴォーカル・
レッスンAIII
3 ポピュラー音楽演習I
(ポピュラー・ヴォーカル)
MIDIシステム・テクノロジーIII ポピュラー・
インストゥルメントBIII
4 心理学A コラボレート・スタディIIa
(ポピュラー・ヴォーカル)
バンド・パフォーマンスI
(ポピュラー)
レッスン概要
  • ポピュラー歌唱法の理解 歌唱技術の習得
  • 音階、音程レッスン
  • 英語のリンキング(リエゾン)アクセント
  • ロング・トーン練習
  • 練習項目および練習方法の要点の指導
  • 各種の発声スタイルの発展
  • 2声・3声のコーラス練習
  • アーティキュレーション(歌い方)の理解と活用
  • メロディー・フェイク
  • 音域の拡張
  • 音楽用語の理解と活用
  • 音楽的起伏の理解
  • フレージングの理解
  • ロック・スタイル、ジャズ・スタイル、ボサノヴァ・スタイルetc.

ギタークラス

苦手な演奏法も丁寧に教えてもらえます
Q.大音に入学してみて、いかがですか?
得意分野だけでなく、幅広いジャンルや音楽も勉強できるのが、とても良いです。知らない曲や苦手な演奏法も、先生方が丁寧に教えてくださり、着実に克服できます。
Q.あなたが大事にしている練習法は?
メトロノームに合わせてのスケール練習を心がけています。また、楽曲を練習するときは、その曲を演奏しているギタリストの音色や手癖などにも注意しています。
Q.今もっとも頑張っていることは?
学内外での演奏活動です。オープンカレッジやポピュラー・コース・コンサートなどの大学行事だけでなく、いろいろなライブハウスやライブバーでも頑張っています。
Q.あなたの目標は何ですか?
あらゆるジャンルを演奏、作成できるミュージシャンです。ただ弾けるだけではなく、ギターを通じて多くのプロデュースができるアーティストを目指しています。ギタークラス 2年
土谷 美聡さん(比叡山高等学校 出身)
MON TUE WED THU FRI
1 ポピュラー・インストゥルメント・セミナーIIa
2 インストラクター概論I ポピュラー・インストゥルメント・レッスンAIII
3 MIDIシステム・テクノロジーIII ポピュラー音楽演習I
(ポピュラー・インストゥルメント)
ポピュラー・インストゥルメントBIII
4 哲学A コラボレート・スタディIIa
(ポピュラー・インストゥルメント)
バンド・パフォーマンスI(ポピュラー)
5 ミュージック・ビジネス・マネジメントI
レッスン概要
  • 指板上の音程ポジション
  • フレージング、アーティキュレーション
  • 五線譜、Cメロ譜、コード譜、リズム譜、タブ譜の読譜法
  • 各種スケール練習
  • コード・フォーム
  • エフェクター研究
  • 基本奏法(オルタネイト・ピッキング、ハンマリング・オン、プリング・オフ、スライド、チョーキング、ミュート、ビブラート、フィンガー奏法、ストローク奏法)
  • レコード・コピーのポイントおよび方法
  • アドリブソロ演奏
  • アドリブソロ演奏に必要となる多様なスケールの理解
  • ギター・メンテナンス(オクターブ調整、弦高調整、ネック調整、フレット調整、ペグ調整)
  • 各種リズム・パターンの理解(ロック、R&B、ファンク、ラテン音楽、フュージョン、シャッフル、レゲエetc.)

Eベースクラス

一流プロの先生方による体験談は興味深い!
Q.大音に入学してみて、いかがですか?
先生の実体験のお話には、いつも驚かされています。さまざまな音楽の歴史や、時代背景による変化も知れて面白い。選択次第でクラシックなども学べて楽しいです。
Q.あなたが大事にしている練習法は?
“ノリ”は休符からは生まれるので、常に休符を意識して演奏すること。あとは好きなベーシストの作品を視聴して、テクニックやパフォーマンスをまねしています。
Q.今もっとも頑張っていることは?
音楽の知識を増やすことです。各音楽が広まった時代に流行していたものや、ロック、ファンクなど、各音楽ジャンルのフレーズや表現技法についても勉強しています。
Q.あなたの目標は何ですか?
一番は人から憧れられるようなベーシストになること。そこへ一歩ずつ近づくための目標もたくさんありますが、今一番身近なのは、先生に褒めていただくことです。Eベースクラス 2年
大木 亜結夢さん(兵庫県立武庫荘総合高等学校 出身)
MON TUE WED THU FRI
1 ポピュラー・インストゥルメント・セミナーIIa 情報処理概論
2 インストラクター概論I ポピュラー・インストゥルメント・レッスンAIII 童謡・唱歌講座A
3 リズムソルフェージュI ポピュラー音楽演習I
(ポピュラー・インストゥルメント)
ピアノBIII
4 コラボレート・スタディIIa
(ポピュラー・インストゥルメント)
バンド・パフォーマンスI(ポピュラー)
5 ミュージック・ビジネス・マネジメントI 邦楽楽器BI
※すべて2016年度取材時の情報です。
レッスン概要
  • 基本奏法
  • 基本的なフィンガリングの習得
  • 基本的なピッキングの習得
  • 読譜力のレベルアップ
  • 初見演奏の習得
  • コード・ネームによる演奏
  • 基本的なコードの理解
  • エレクトリックベースのコード・フォームの習得
  • テンション・コード、分数コードの理解
  • スケールの理解
  • 演奏に必要なスケールの理解と習得
  • 著名ベーシストの演奏スタイルの研究
  • ピック奏法、スラップ奏法、コード奏法、ハーモニクス奏法の習得
  • アドリブソロ演奏
  • アドリブソロ演奏に必要となる多様なスケールの理解
  • クラシック、ロック、ジャズを含む幅広い範囲でのフレーズ研究

ドラム・パーカッションクラス

レッスン概要
  • 基本奏法
  • ・基本スティッキング
    ・アップストローク・ダウンストローク・タップ
    ・アクセント コンパウンドスティッキング
    ・ルーディメンツ
    ・スネア&ベースドラムコンビネーション
  • 著名ドラマーのドラミング・スタイル
  • ジャンル別リズム・パターン
・2beat 3beat 4beat 8beat 16beat
・Latin(Afro Cuban, Cha Cha, Bossa Nova, Calypso,Salsa, Samba, Ska beat, Mambo, Habanera,Bolero, Rhumba, Beguine)
・Pop Ballad ・Shuffle ・Hard Rock ・Swing ・Fusion・Funk ・Pop Rock ・Zydeco ・Hip Hop ・R&B ・Gospel・Twist ・Oldies ・Techno ・Country
  • ポリリズムの研究
  • フィル・イン
  • リズム・アレンジの研究
  • ドラム譜読み
  • ラテン・パーカッション基本奏法の習得
  • シンコペーションの習得
  • B・P・M、テンポの管理
  • ドラム・セッティング
    (チューニング、セッティング、メインテナンス)
  • ドラム・アーティキュレーションの習得
  • リズム・バランス、リズム・タイミングの研究




ピアノ・キーボードクラス

レッスン概要
  • コード・ネームの理解
  • コード・フォームの習得
  • コード・フィーリング
    (コード・サウンド)
    ベーシック・フォーム、
    テンション・フォーム、
    ポップス・フォーム、
    ジャズ・フォームなどの習得
  • コード・プログレッションの理解
  • 転調 固定ド~移動ド 絶対音と相対音、テンション・コード、分数コードの理解
  • 読譜力、初見力の習得
  • Cメロ譜による演奏の習得
  • ジャンル別伴奏スタイルの研究
  • 複数の鍵盤による演奏の習得
  • シンセサイザーおよびその周辺機器等の操作、演奏の習得
  • 著名なプレイヤーの演奏スタイルの研究
  • アドリブソロ演奏の習得
  • アドリブソロ演奏に必要となる多様なスケールの理解
  • クラシック、ロック、ジャズを含む幅広い範囲でのフレーズ研究

サックス・フルートクラス

レッスン概要
  • ポピュラー演奏法の理解、演奏技術の習得
  • 管楽器の演奏法における多様なアーティキュレーションの習得
  • 音階、音程レッスン
  • 読譜力のレベルアップ
  • 初見演奏の習得
  • 音域の拡張
  • ロング・トーン練習
  • 各種ビブラート・スタイル
  • 基本的なコードの理解
  • テンション・コード、分数コードの理解
  • 演奏に必要なスケールの理解と習得
  • 著名演奏家の演奏スタイルやフレージングの研究
  • インプロビゼーションの方法


教員紹介

現場で活躍中の一流プロが、個性を引き出し細やかに指導!

取得できる資格

  • 中学校教諭二種免許状(音楽)

入試・オープンキャンパス


短大カリキュラム

教育目標

世界に広がる音楽文化を広量な精神をもって理解、摂取し、時代に先駆けた創造的、実験的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、幅広い人間力や音楽即戦力を備えた音楽人を育成すること。
13ジャンルから組み合わせ自由なレッスンが週2回!
(1)45分の個人レッスン(自分のコース)
第一主科目
作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、クラシックギター・レッスン、マンドリン・レッスン、邦楽楽器、ジャズ・レッスン、ポピュラー・ヴォーカル・レッスン、ポピュラー・インストゥルメント・レッスン、電子オルガン・レッスン、ミュージカル・レッスン、ダンス・レッスン
(2)30分の実技レッスン(自由に選択)
第二主科目
作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、クラシックギター、マンドリン、邦楽楽器、ジャズ、ポピュラー・ヴォーカル、ポピュラー・インストゥルメント、電子オルガン、ミュージカル、ダンス
*一部の科目はグループ・レッスンになります
そのほか
音楽基礎科目/コース関連科目/共通選択科目/一般教育科目/外国語科目/保健体育科目
コース関連科目 本コースの学びの中心となる科目です。
ポピュラー・ヴォーカル・セミナー/ポピュラー・インストゥルメント・セミナー/コラボレート・スタディ/ポピュラー音楽演習/バンド・パフォーマンス/ベーシック・キーボード/キーボード演習
音楽基礎科目 音楽を勉強するうえで共通の基礎となる科目です。
ソルフェージュ/音楽理論/作曲法/音楽史(世界と日本の音楽を考える)/指揮法/合唱/器楽合奏(含和楽器)/副科声楽/副科鍵盤楽器演習
共通選択科目 専門性を高めるための授業や、自身の興味に合わせて選択できる多様な音楽分野の科目が用意されています。
デスクトップ・ミュージック演習/ポピュラー音楽講座/MIDIシステム・テクノロジー/電子音響機器演習/音楽史(ジャズ)/ダンス/視奏/リズムソルフェージュ/ピアノ構造論/音楽探検/音楽療法基礎/音楽療法実践/音楽療法応用技法/童謡・唱歌講座/副科吹奏楽/副科邦楽合奏/インストラクター概論/ミュージック・ビジネス・マネジメント
※隔年開講等により不開講となる場合があります。コースによっては必修や対象外となる科目もあります。
一般教育科目・
外国語科目・
保健体育科目
音楽をより深く理解するうえで欠かせない科目や、教養を広げる多彩な科目があります。
一般教育科目:教養基礎セミナー/文学/哲学/日本国憲法/西洋文化史/心理学/音響学/美学・芸術学/コミュニケーション実践法/情報処理概論/日本語ライティング演習/クリティカル・シンキング演習/音楽活動ポートフォリオ作成/キャリアプラン
外国語科目:英語/ドイツ語/イタリア語
保健体育科目:体育

履修におけるバックアップ

オープンレッスン制度(要申込)
在籍している専攻・コースにかかわらず、すべての教員のレッスンが聴講できます。
オフィスアワー
授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。
オフィスアワー
授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。
大学と短大間の単位互換制度
大学在籍者が短大の授業を履修しても「大学」の単位として認定される制度です。
同じく、短大在籍者が大学の授業を受講しても単位として認定されます。
※認定される単位数や対象の科目には条件があります。
特別実習
通常の授業とは別に、学生が取り組むさまざまな活動(演奏、伴奏、舞台制作、ボランティア、創作、研究など)を単位として認定します。
【科目例】
  • 創作活動特別実習
  • 伴奏特別実習
  • 舞台論特別実習
  • 社会活動特別実習
  • インターンシップ特別実習
  • 演奏論特別実習専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。
対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル