グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻・コース

ホーム > 専攻・コース > ポピュラー・コース(2年制)

ポピュラー・コース(2年制)



NEWS&TOPICS

最新情報

公式ツイッターではポピュラー・コースの最新情報をお伝えしています。フォロー&いいね、お待ちしています!

高校生バンドコンテスト「ポピュラー・ミュージック・フェスティバル2018」

2018年8月8日(水)、高校生バンドコンテスト「ポピュラー・ミュージック・フェスティバル2018」を本学で初開催しました!

大学内で行う学生ミニライブ!

K号館「学生サロン」では学生によるミニライブを年3回実施しています。1年生&2年生の混合メンバーで行われるミニライブは学生の目標舞台のひとつ。予約不要&入場無料ですのでお気軽にお越しください!日程は公式ツイッターでお知らせしています。


自分のオリジナル曲を本格レコーディング

K号館1階の「録音スタジオ」では本格的なレコーディングが可能です。授業で録音実習を行うほか、授業外でも各自利用OK。プロのレコーディングを体験できます。

学生主体のミニコンサート!

毎年秋に体育館で行われる「ミニコンサート」ではステージでのパフォーマンスはもちろん、呼び込みや、照明、プログラムの作成などライブ運営に必要な全ての知識を学べます。ミニライブとはまた違った雰囲気のコンサート、どうぞお楽しみに。日程は公式ツイッターでお知らせします(入場無料&予約不要)。

2年間の集大成「ポピュラーコース・コンサート」

在学中に身につけた力を発表する舞台として毎年1月末に実施。プロを目指すミュージシャンの卵たちの渾身のステージをぜひご覧ください!(2018年度会場:サンケイホールブリーゼ


コースの特色

「将来ポピュラー音楽で生きていきたい」あなたのためのポピュラー・コース

1992年、日本の大学で初めて「ポピュラー・コース」を設置した本学。徹底した「実践+理論」のカリキュラムにより音楽業界で活躍する人材を送り出してきました。
凝縮した2年間のカリキュラムで、プロの現場で通用する技術と表現力を身につけます。


紹介ムービー

教員は実力派の「スタジオミュージシャン」

指導員は全員、一流のミュージシャンとして活躍中です。これまでのライブ活動やレコーディングの経験が指導力に繋がっています。また音楽業界の事情に精通していることから、学生の卒業後の進路も十分にサポート。学生が憧れる「プロ」が集結しています。

≫指導員をみる

カリキュラムは「洋楽」がベース

流行り廃りの激しいポピュラー業界で活躍するには流行に応じる力も大切。J・ポップは洋楽の流行に強く影響を受けるため、洋楽を知ることでJ・ポップの流行も読めるようになるのです。大音のカリキュラムが「洋楽」中心なのはこうした理由があります。

多くの実践経験を積むため、あえて「2年間」に

ポピュラー音楽業界は経験重視の世界。チャンスを逃さず、より早い段階からチャレンジできるようカリキュラムを2年間に凝縮し、ベースとなる基礎力をしっかり育てます。卒業後「もっと勉強してみたい」なら短大専攻科へ進学することも、他の音楽ジャンルに興味が出たなら大学3年次に編入することも可能。進路を自由に選べるのも短大の大きなメリットです。

表現に深みを与える「知識」も重視

「理論」系科目が充実しているのも大音ならでは。知識を伴うことで実技レッスンだけでは得られない、深みのある演奏力が生まれます。興味があれば、第二主科目としてクラシック系科目(作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、邦楽)や他の音楽ジャンル(ジャズ、ミュージカル、電子オルガン)を学ぶことも可能です。

ポピュラー・コースの中心科目

実践 自分自身のスキルアップ
  • ポピュラー・ヴォーカル・レッスン
  • ポピュラー・インストゥルメント・レッスン
  • ベーシック・キーボードI・II
  • キーボード演習I・II
グループワーク
  • バンド・パフォーマンス
  • コラボレート・スタディ
理論
  • MIDIシステム・テクノロジーI・II・III・IV
  • ポピュラー・ヴォーカル・セミナー
  • ポピュラー・インストゥルメント・セミナー
  • ミュージック・ビジネス・マネージメントI・II
  • ポピュラー音楽演習Ia・Ib・IIa・IIb
  • ポピュラー音楽講座I・II
  • 電子音響機器演習I・II
  • 作曲法I・II
  • インストラクター概論I・II
*インストゥルメントは「ギター、E ベース、ピアノ・キーボード、ドラム・パーカッション、サックス・フルート」の総称

主な音楽カテゴリー

ロック・スタンダード/J・ポップ/A・O・R/フュージョン/ジャズ・スタンダード/ブルース/ゴスペル・ミュージック/R&B /ブラック・コンテンポラリー/カントリー&ウエスタン/ラテン音楽/ テクノ・ポップ/ ポピュラー・ピアノ音楽/ピアノ・ソロ/ラウンジ・ミュージック/ 映画音楽

学生紹介&レッスン概要

(掲載情報は2018年度取材時のものです)

ヴォーカルクラス

2年/瀬合乙葉(兵庫県立武庫之荘総合高等学校出身)

Q. 大音に入学してみて、いかがですか?
実技レッスンで、的確な指示をしていただけ、悩みも相談にのってくれたりと、とてもいい出会いができたと思っています。学校内で出会った仲間と一緒に、グループを組んで1つの音楽を作ることができたのが嬉しいです。教職科目との両立はとても大変ですが、どちらもいい加減にならないように頑張っています。

Q. あなたが大事にしている練習法は?
自分の歌声を録音して、プレイバックすることです。原曲との差、発音、声がつぶれているのかなどを確認しています。私は低音が苦手なので、先生から指導を受けた、喉を開ける練習をしています。

Q. 今もっとも頑張っていることは?
ポピュラーコースドラムの子と2人で組んでいるユニットです。私は、キーボードボーカルをして、ドラムの子はカホンを叩いています。オリジナル曲を中心に、ライブハウスやイベントで演奏しています。今年は、もっと大きなイベントに出演できるよう、たくさんオリジナル曲を作ろうと思います。

Q. あなたの目標は何ですか?
自分らしいパフォーマンスを完成させることです。そのためにはどんな曲も歌えるようにならないといけないし、オリジナルを作る能力をもっと上げなければいけないので頑張ります!
MON TUE WED THU FRI
1 英語
2 インストラクター概論 副科声楽 ミュージカル(第二主科目)
3 日本国憲法 ポピュラーヴォーカルセミナー ポピュラー音楽演習 ヴォーカルレッスン(第一主科目)
4 打楽器 コラボレートスタディ バンドパフォーマンス
レッスン概要
  • ポピュラー歌唱法の理解 歌唱技術の習得
  • 音階、音程レッスン
  • 英語のリンキング(リエゾン)アクセント
  • ロング・トーン練習
  • 練習項目および練習方法の要点の指導
  • 各種の発声スタイルの発展
  • 2声・3声のコーラス練習
  • アーティキュレーション(歌い方)の理解と活用
  • メロディー・フェイク
  • 音域の拡張
  • 音楽用語の理解と活用
  • 音楽的起伏の理解
  • フレージングの理解
  • ロック・スタイル、ジャズ・スタイル、ボサノヴァ・スタイルetc.

ギタークラス

1年/山下航史(大阪府立福井高等学校出身)

Q. 大音に入学してみて、いかがですか?
今までとは違った視点から、音楽をとらえるようになりました。

Q. あなたが大事にしている練習法は?
2拍4拍のリズムを意識することです。

Q. 今もっとも頑張っていることは?
指板の音を全て覚え、楽曲に合わせたコードフォームを選んで弾くことです。

Q. あなたの目標は何ですか?
曲の制作者の方の様々な要望に答えることができて、その上に自分の音楽を表現できるような、スタジオミュージシャンになることです。
MON TUE WED THU FRI
1 音楽理論 教養基礎セミナー 英語
2 ソルフェージュ ポピュラー・インストゥルメンタル・セミナー ポピュラー音楽演習 ポピュラーギター(第一主科目)
3 ポピュラー音楽講座 体育A 作曲法
4 哲学A コラボレート・スタディ MIDIシステムテクノロジー バンド・パフォーマンス
5 ポピュラーギター(第二主科目)
レッスン概要
  • 指板上の音程ポジション
  • フレージング、アーティキュレーション
  • 五線譜、Cメロ譜、コード譜、リズム譜、タブ譜の読譜法
  • 各種スケール練習
  • コード・フォーム
  • エフェクター研究
  • 基本奏法(オルタネイト・ピッキング、ハンマリング・オン、プリング・オフ、スライド、チョーキング、ミュート、ビブラート、フィンガー奏法、ストローク奏法)
  • レコード・コピーのポイントおよび方法
  • アドリブソロ演奏
  • アドリブソロ演奏に必要となる多様なスケールの理解
  • ギター・メンテナンス(オクターブ調整、弦高調整、ネック調整、フレット調整、ペグ調整)
  • 各種リズム・パターンの理解(ロック、R&B、ファンク、ラテン音楽、フュージョン、シャッフル、レゲエetc.)

Eベースクラス

2年/横江紳也(京都府立工業高等学校出身)

Q. 大音に入学してみて、いかがですか?
志を同じとする学生が数多く在籍しているので、毎日刺激をもらいつつ過ごせています。様々なジャンルの音楽の基礎、歴史を学ぶことができるのが強みだなと思います。

Q. あなたが大事にしている練習法は?
リズム感が課題なので、精度をあげるためクリック練習を重点的に行っています。また、対応力をみにつけるため積極的にセッションに参加しています。

Q. 今もっとも頑張っていることは?
音楽理論の学習、ジャズセッション。

Q. あなたの目標は何ですか?
どんなジャンルにも対応できるプレイヤーになること。サポートやインストラクター等の仕事について、音楽で生活できるようになること。
MON TUE WED THU FRI
1 音響学
2 インストラクター概論 音楽理論 ジャズ(第二主科目)
3 インストゥルメンタルセミナー ポピュラー音楽演習 ベース(第一主科目)
4 英語 コラボレートスタディ ビッグバンド(任意) バンドパフォーマンス
5 ミュージックビジネスマネジメント
レッスン概要
  • 基本奏法
  • 基本的なフィンガリングの習得
  • 基本的なピッキングの習得
  • 読譜力のレベルアップ
  • 初見演奏の習得
  • コード・ネームによる演奏
  • 基本的なコードの理解
  • エレクトリックベースのコード・フォームの習得
  • テンション・コード、分数コードの理解
  • スケールの理解
  • 演奏に必要なスケールの理解と習得
  • 著名ベーシストの演奏スタイルの研究
  • ピック奏法、スラップ奏法、コード奏法、ハーモニクス奏法の習得
  • アドリブソロ演奏
  • アドリブソロ演奏に必要となる多様なスケールの理解
  • クラシック、ロック、ジャズを含む幅広い範囲でのフレーズ研究

ドラム・パーカッションクラス

2年/川西虎太朗(大阪府立長尾高等学校出身)

Q. 大音に入学してみて、いかがですか?
音楽を学ぶ学生しかいない、恵まれた環境で、たくさんの仲間に出会えとても有意義に過ごせています。

Q. あなたが大事にしている練習法は?
クリック練習などの基礎練習です。

Q. 今もっとも頑張っていることは?
アーティクキュレーションなど曲に対してどうアプローチするのか研究するために、たくさん曲を聴く事、コピーする事です。

Q. あなたの目標は何ですか?
ドラム講師をしながら、ライブミュージシャンとして活躍する事です。
MON TUE WED THU FRI
1
2 インストラクター概論I ドラム(第二主科目)I 副科鍵盤楽器演習 ドラム(第一主科目)I
3 インストゥルメントセミナー ポピュラー音楽演習
4 キーボード演習 MIDIシステムテクノロジー コラボレート・スタディa バンド・パフォーマンス
5 ミュージック・ビジネス・マネジメント
レッスン概要
  • 基本奏法
  • ・基本スティッキング
    ・アップストローク・ダウンストローク・タップ
    ・アクセント コンパウンドスティッキング
    ・ルーディメンツ
    ・スネア&ベースドラムコンビネーション
  • 著名ドラマーのドラミング・スタイル
  • ジャンル別リズム・パターン
・2beat 3beat 4beat 8beat 16beat
・Latin(Afro Cuban, Cha Cha, Bossa Nova, Calypso,Salsa, Samba, Ska beat, Mambo, Habanera,Bolero, Rhumba, Beguine)
・Pop Ballad ・Shuffle ・Hard Rock ・Swing ・Fusion・Funk ・Pop Rock ・Zydeco ・Hip Hop ・R&B ・Gospel・Twist ・Oldies ・Techno ・Country
  • ポリリズムの研究
  • フィル・イン
  • リズム・アレンジの研究
  • ドラム譜読み
  • ラテン・パーカッション基本奏法の習得
  • シンコペーションの習得
  • B・P・M、テンポの管理
  • ドラム・セッティング
    (チューニング、セッティング、メインテナンス)
  • ドラム・アーティキュレーションの習得
  • リズム・バランス、リズム・タイミングの研究





ピアノ・キーボードクラス

2年/上田愛華(私立京都文教高等学校出身)

Q. 大音に入学してみて、いかがですか?
他コースの学生との交流や講義を通して、今まで自分が知らなかった音楽やその歴史を知ることができました。入学前は1人で演奏することが多かったですが、色々な人と一緒に演奏して意見を出し合うことでまた違った楽しみ方を感じています。

Q. あなたが大事にしている練習法は?
バンドパフォーマンスや音楽演習で原曲を中執に再現するために音色選びを大切にしています。数多くある音色の中から一つを選び出す作業は時間がかかりますが、音源を何度も繰り返し聞くようにしています。キーボードはたくさんの音色で演奏することができるので、楽器に合わせた奏法も練習しています。

Q. 今もっとも頑張っていることは?
授業で誰された曲をしっかりと理解した上で演奏することです。音色選びや奏法はもちろんですが、曲が作られた時の時代背景や作者の生い立ちなどを知り、より深く曲を理解することで様々なジャンルを表現できるように自主的に調べるようにしています。

Q. あなたの目標は何ですか?
大学で学んだことを発信していこうと思っています。演奏活動や人に教えることで、大学で得た知識や技術を共有していきたいです。卒業後、よりたくさんのことを発信できる人になるために、努力しようと思います。
MON TUE WED THU FRI
1 音響学 情報処理概論
2 インストラクター概論 ジャズピアノ(第二主科目) ピアノ構造論 ポピュラーピアノ(第一主科目)
3 インストゥルメンタルセミナー ポピュラー音楽演習
4 MIDIテクノロジー コラボレートスタディ バンドパフォーマンス
5 ミュージックビジネスマネジメント
レッスン概要
  • コード・ネームの理解
  • コード・フォームの習得
  • コード・フィーリング
    (コード・サウンド)
    ベーシック・フォーム、
    テンション・フォーム、
    ポップス・フォーム、
    ジャズ・フォームなどの習得
  • コード・プログレッションの理解
  • 転調 固定ド~移動ド 絶対音と相対音、テンション・コード、分数コードの理解
  • 読譜力、初見力の習得
  • Cメロ譜による演奏の習得
  • ジャンル別伴奏スタイルの研究
  • 複数の鍵盤による演奏の習得
  • シンセサイザーおよびその周辺機器等の操作、演奏の習得
  • 著名なプレイヤーの演奏スタイルの研究
  • アドリブソロ演奏の習得
  • アドリブソロ演奏に必要となる多様なスケールの理解
  • クラシック、ロック、ジャズを含む幅広い範囲でのフレーズ研究

サックス・フルートクラス

2年/古居郁実(私立箕面自由学園出身)

Q. 大音に入学してみて、いかがですか?
実技レッスンに加え、世界の現在の音楽事情、専門用語や実際スタジオミュージシャンとしてご活躍されている講師による授業が多く、また、同時にJAZZやClassicも勉強できフレキシブルな学生生活を送っています。

Q. あなたが大事にしている練習法は?
少しの息の使い方でその曲の雰囲気などが決まるので、基礎的なロングトーン、好きなプレイヤー、楽曲の耳コピ。

Q. 今もっとも頑張っていることは?
2年次から管楽器専攻への3年次編入に向けてポピュラーコースで学ぶことにプラスして、クラシックの音楽理論、ソルフェージュ、一般科目など他の学生よりも科目が多いですが両立させようと努力しています。

Q. あなたの目標は何ですか?
ポピュラー、クラシック両方を学び卒業した後、インストラクターとテーマパークなどでのパフォーマー、また、管楽器のみでなく、ウィンドシンセサイザーを使った活動を考えています。
MON TUE WED THU FRI
1 ソルフェージュ 英語
2 インストラクター概論 音楽理論 MIDIテクノロジー 副科吹奏楽
3 インストゥルメンタルセミナー ポピュラー音楽演習 ピアノ(第二主科目)
4 キーボード演習 ポピュラーサックス(第一主科目) コラボレートスタディ バンドパフォーマンス
5 ミュージックビジネスマネジメント
レッスン概要
  • ポピュラー演奏法の理解、演奏技術の習得
  • 管楽器の演奏法における多様なアーティキュレーションの習得
  • 音階、音程レッスン
  • 読譜力のレベルアップ
  • 初見演奏の習得
  • 音域の拡張
  • ロング・トーン練習
  • 各種ビブラート・スタイル
  • 基本的なコードの理解
  • テンション・コード、分数コードの理解
  • 演奏に必要なスケールの理解と習得
  • 著名演奏家の演奏スタイルやフレージングの研究
  • インプロビゼーションの方法


教員紹介

現場で活躍中の一流プロが、個性を引き出し細やかに指導!

取得できる資格

  • 中学校教諭二種免許状(音楽)

カリキュラム

教育目標

世界に広がる音楽文化を広量な精神をもって理解、摂取し、時代に先駆けた創造的、実験的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、幅広い人間力や音楽即戦力を備えた音楽人を育成すること。

13ジャンルから組み合わせ自由なレッスンが週2回!

(1)45分の個人レッスン(自分のコース)
第一主科目
作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、クラシックギター・レッスン、マンドリン・レッスン、邦楽楽器、ジャズ・レッスン、ポピュラー・ヴォーカル・レッスン、ポピュラー・インストゥルメント・レッスン、電子オルガン・レッスン、ミュージカル・レッスン、ダンス・レッスン
(2)30分の実技レッスン(自由に選択)
第二主科目
作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、クラシックギター、マンドリン、邦楽楽器、ジャズ、ポピュラー・ヴォーカル、ポピュラー・インストゥルメント、電子オルガン、ミュージカル、ダンス
*一部の科目はグループ・レッスンになります
そのほか
音楽基礎科目/コース関連科目/共通選択科目/一般教育科目/外国語科目/保健体育科目

科目一覧

コース関連科目 本コースの学びの中心となる科目です。
ポピュラー・ヴォーカル・セミナー/ポピュラー・インストゥルメント・セミナー/コラボレート・スタディ/ポピュラー音楽演習/バンド・パフォーマンス/ベーシック・キーボード/キーボード演習
音楽基礎科目 音楽を勉強するうえで共通の基礎となる科目です。
ソルフェージュ/音楽理論/作曲法/音楽史(世界と日本の音楽を考える)/指揮法/合唱/器楽合奏(含和楽器)/副科声楽/副科鍵盤楽器演習
共通選択科目 専門性を高めるための授業や、自身の興味に合わせて選択できる多様な音楽分野の科目が用意されています。
デスクトップ・ミュージック演習/ポピュラー音楽講座/MIDIシステム・テクノロジー/電子音響機器演習/音楽史(ジャズ)/ダンス/視奏/リズムソルフェージュ/ピアノ構造論/音楽探検/音楽療法基礎/音楽療法実践/音楽療法応用技法/童謡・唱歌講座/副科吹奏楽/副科邦楽合奏/インストラクター概論/ミュージック・ビジネス・マネジメント
※隔年開講等により不開講となる場合があります。コースによっては必修や対象外となる科目もあります。
一般教育科目・
外国語科目・
保健体育科目
音楽をより深く理解するうえで欠かせない科目や、教養を広げる多彩な科目があります。
一般教育科目:教養基礎セミナー/文学/哲学/日本国憲法/西洋文化史/心理学/音響学/美学・芸術学/コミュニケーション実践法/情報処理概論/日本語ライティング演習/クリティカル・シンキング演習/音楽活動ポートフォリオ作成/キャリアプラン
外国語科目:英語/ドイツ語/イタリア語
保健体育科目:体育

履修におけるバックアップ

オープンレッスン制度(要申込)
在籍している専攻・コースにかかわらず、すべての教員のレッスンが聴講できます。
オフィスアワー
授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。
オフィスアワー
授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。
大学と短大間の単位互換制度
大学在籍者が短大の授業を履修しても「大学」の単位として認定される制度です。
同じく、短大在籍者が大学の授業を受講しても単位として認定されます。
※認定される単位数や対象の科目には条件があります。
特別実習
通常の授業とは別に、学生が取り組むさまざまな活動(演奏、伴奏、舞台制作、ボランティア、創作、研究など)を単位として認定します。
【科目例】
  • 創作活動特別実習
  • 伴奏特別実習
  • 舞台論特別実習
  • 社会活動特別実習
  • インターンシップ特別実習
  • 演奏論特別実習専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。
対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

人材・作品検索