グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専攻・コース

ホーム > 専攻・コース > ダンスパフォーマンス・コース(2年制)

ダンスパフォーマンス・コース(2年制)


プロのダンサーを目指すなら、大音ダンスパフォーマンス・コース!
さまざまな“国内唯一”を誇る育成カリキュラム
ジャンルを超えた応用性の高いダンサーを育成するため、舞踊と音楽の関係性を基礎から学び、
身体表現と音楽表現が一体化した舞踊の知識と高度なテクニックを磨きあげます。
---------------※2019年度以降の「ダンスパフォーマンス・コース」の学生募集を停止することにいたしました。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 
《お問合せ》入試センター(TEL:0120-414-015)


コースの特色

※上記はダンス専門科目のみの記載

毎日体を動かすカリキュラム

月~金までそれぞれ違うスタイルのダンス演習を開講。特定のカテゴリーに偏ることなく、将来活躍できる選択肢を増やします。

現役ダンサーによる、個々の進度に合わせたレッスン

多岐にわたる表現が求められるダンスパフォーマンス。各スタイルの第一線で活躍する講師陣から、現役プロならではの経験と実績に裏づけられた指導を受けることができます。

踊るための音楽知識を習得

「楽譜を見て振付ができるダンサー」を目指します。あらゆる音楽を使用したダンス演習と並行し、音楽の歴史的背景や曲構成を理解。ダンス表現に欠かせない繊細な感性も育みます。
ジャズダンス中心の理由って?
ミュージカルやオペラ、ショー、舞踊劇…プロのダンスパフォーマーに求められる表現力は多岐にわたります。そのため、どのジャンルにも応用が利く「ジャズダンス」を軸に身体表現の基礎~応用を習得することで、将来の選択肢が大きく広がるのです。

大舞台での発表
在学生と卒業生が出演。全作品オリジナル振付で、全員が日本舞踊、クラシックバレエ、モダンダンス、ジャズ、ダンス、それぞれのショーを披露。その他、学外でのイベント出演の機会もあります。

新校舎「100周年記念館」にダンス専用のレッスンフロアが完成!
自分自身の動きをしっかりと確認できる、壁一面が鏡張りの演習室。
同じフロアにシャワー室やパウダーコーナーを完備しています。


紹介ムービー

卒業生・学生紹介

さまざまな舞台で活躍するプロダンサーを育成

多角的な学びで表現の幅が広がった
在学中はジャズダンス、バレエ、モダンダンス、日本舞踊を徹底的に勉強。現役で舞台に立つ先生方からのレッスンは、学ぶことがとても多かったです。踊ることに欠かせない「音楽」についても基礎から学べ、表現面の向上にもつながりました。

秋山 憂美さん
ダンスパフォーマンス・コース 2012年 卒業 クラシックバレエ講師

  

頑張っていること
重心を意識して力や勢いだけで動かないようにしっかり身体を感じて理に叶った動きをしながら、とにかく多くの練習をこなします。
目標
思うままに自在に動けるようになることです。
大音のオススメ!
様々な演奏会が頻繁に開催されるので、気軽に観に行けて楽しい!

水口 真理子さん
ダンスパフォーマンス・コース2年 埼玉県立芸術総合高等学校舞台芸術科出身

北浜 竜也 講師
(コース主任/ジャズダンス)

日本ジャズダンス芸術協会理事長。舞台、TV、ミュージカル、テーマパーク、主宰するダンスグループでの公演など、多岐にわたるシーンで幅広く活躍している。

中尾 公美 講師
(クラシックバレエ)

越智インターナショナルバレエ団出身。キエフバレエ学校留学。元シュトゥットガルトバレエ団、クリスチャンファランガ氏のもとで研修を積み、数々の舞台に出演。

粕谷 理恵 講師
(モダンダンス)

日本モダンダンス界の第一人者が1967年に設立した「アキコ・カンダ ダンスカンパニー」所属。主要メンバーとして青山劇場、新国立劇場など、全ての公演に出演。

花柳 旭叟 講師
(日本舞踊)

花柳流師範。日本舞踊協会会員、兵庫県舞踊文化協会評議員。「旭叟の会」を主宰し、創作舞踊を発表する。大阪府芸術劇場奨励新人賞、大阪文化祭奨励賞などを受賞。

富岡 由佳 講師
(ジャズダンス)

ダンスグループ「The DancircleK′variation」主宰。様々な舞台等に出演、東京を拠点に活動中。日本ジャズダンス芸術協会会員。宮崎渥巳ダンススタジオ所属。

森本 絢子 助手
(ジャズダンス)

ジャズダンスサークル「A'A Groovin Hearts」主宰。各所ダンススクールにてジャズダンス、ストリートダンスの講師を務めるほか全国各地で年100回以上の舞台に出演、振付も手掛ける。

カリキュラム

教育目標

世界に広がる音楽文化を広量な精神をもって理解、摂取し、時代に先駆けた創造的、実験的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、幅広い人間力や音楽即戦力を備えた音楽人を育成すること。
13ジャンルから組み合わせ自由なレッスンが週2回!
(1)45分の個人レッスン(自分のコース)
第一主科目
作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、クラシックギター・レッスン、マンドリン・レッスン、邦楽楽器、ジャズ・レッスン、ポピュラー・ヴォーカル・レッスン、ポピュラー・インストゥルメント・レッスン、電子オルガン・レッスン、ミュージカル・レッスン、ダンス・レッスン
(2)30分の実技レッスン(自由に選択)
第二主科目
作曲、声楽、ピアノ、管楽器、弦楽器、打楽器、クラシックギター、マンドリン、邦楽楽器、ジャズ、ポピュラー・ヴォーカル、ポピュラー・インストゥルメント、電子オルガン、ミュージカル、ダンス
*一部の科目はグループレッスンになります
コース関連科目 本コースの学びの中心となる科目です
ダンス初級/ダンス上級/クラシックバレエ/ダンス演習/モダンダンス/日本舞踊
音楽基礎科目 音楽を勉強するうえで共通の基礎となる科目。専門の音楽力を着実に伸ばすため、基本的に必ず受講となります
ソルフェージュ/音楽理論/作曲法/音楽史(世界と日本の音楽を考える)/指揮法/合唱/器楽合奏(含和楽器)/副科声楽/副科鍵盤楽器演習
共通選択科目 専門性を高めるための授業や、自身の興味に合わせて選択できる多様な音楽分野の科目が用意されています
デスクトップ・ミュージック演習/ポピュラー音楽講座/MIDIシステム・テクノロジー/電子音響機器演習/音楽史(西洋音楽トピックス)/音楽史(ジャズ)/ダンス/視奏/リズムソルフェージュ/ピアノ構造論/音楽探検/音楽療法基礎/音楽療法実践/音楽療法応用技法/童謡・唱歌講座/副科吹奏楽/副科邦楽合奏/インストラクター概論/ミュージック・ビジネス・マネジメント
※隔年開講等により不開講となる場合があります。コースによっては必修や対象外となる科目もあります。
一般教育科目・
外国語科目・
保健体育科目
音楽をより深く理解するうえで欠かせない科目や、教養を広げる多彩な科目があります
一般教育科目
教養基礎セミナー/文学/哲学/日本国憲法/西洋史/心理学/音響学/美学・芸術学/コミュニケーション実践法/情報処理概論/日本語ライティング演習/クリティカル・シンキング演習/音楽活動ポートフォリオ作成
外国語科目
英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語
保健体育科目
体育

履修におけるバックアップ

オープンレッスン制度(要申込)
在籍している専攻・コースにかかわらず、すべての教員のレッスンが聴講できます。
オフィスアワー
授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。
大学と短大間の単位互換制度
大学在籍者が短大の授業を履修しても「大学」の単位として認定される制度です。
同じく、短大在籍者が大学の授業を受講しても単位として認定されます。
※認定される単位数や対象の科目には条件があります。
特別実習
通常の授業とは別に、学生が取り組むさまざまな活動(演奏、伴奏、舞台制作、ボランティア、創作、研究など)を単位として認定します。
【科目例】
  • 創作活動特別実習
  • 伴奏特別実習
  • 舞台論特別実習
  • 社会活動特別実習
  • インターンシップ特別実習
  • 演奏論特別実習専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

取得できる資格

  • 中学校教諭二種免許状(音楽)

入試・オープンキャンパス