グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大阪音楽大学について


学長からのメッセージ


 音楽は人を夢中にさせる「不思議な力」を宿しています。音楽が生きるために欠かせない存在となっている人も少なくありません。関わる誰もがそれぞれの運命的な出会いを経て、深み、高みへと誘われるのです。われわれの学びの場は、その「不思議な力」が何に由来するのか、どうすればその表現を磨き上げることができるのか、そしてどのようにその魅力を人と共有できるのかを日々探究しています。それは傍観するだけの立場の数百倍もエネルギーを有する場所だと言えるのです。
 「ちから強い音楽人をここから」。以前よりわれわれが社会に向けて発信しているメッセージです。一体「音楽人」とはどのような人物像を指すのでしょうか。高度な音楽性や技術を持つことは言うまでもなく、加えて音楽を学ぶ中で培われる忍耐力、集中力、創造力、協調性など人間形成に必要な幅広い力を具えた人のことだと、われわれは考えています。そして、その意味を今一度しっかりと問い直し、学びの場に生かしてゆくことを約束します。
 今、大阪音楽大学には、100周年記念館の運用が本格的に始まることにより、新専攻と従来の専攻やコースがその活力をぶつけ合うダイナミックな活力が渦巻いています。この渦の中に音楽の宿す「不思議な力」を真摯に探究する人たちが、一人でも多く加わることを願っています。
大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部学長 本山秀毅