グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大阪音楽大学について


学長からのメッセージ


 音楽は人を夢中にさせる「不思議な力」を宿しています。生きるために欠かせない、あるいは人生を変える存在となっている人も少なくありません。音楽に関わる誰もが、それぞれの運命的な出会いを経て、その深み、高みを目指すことになります。われわれの学びの場では、この「不思議な力」が何に由来するのか、どうすれば磨き上げることができるのか、そしてどのようにその魅力を人と共有できるのかについて日々探究しています。

 ご存じのように社会は思いもよらない困難な状況に直面し、領域にかかわらず自分自身の存在意義と社会に果たす役割が問われています。「ちから強い音楽人をここから」。本学が社会に向けて発信しているメッセージの一つです。
「音楽人」とはどのような人物像を指すのでしょうか。音楽性や技術を持つことは言うまでもありません。音楽を学ぶ中で培われる忍耐力、集中力、創造力、協調性など人間形成に必要な幅広い力を具えた人のことだと、私たちは考えています。厳しい時代だからこそ必要とされる「音楽」や「人材像」について、私たちはメッセージの意味を今一度しっかりと問い直し、学びの場に生かしてゆくことをお約束します。

 現在、大阪音大には従来の伝統的な音楽の学びと、新しく開設された専攻やコースの勢いが響き合うダイナミックな活力が渦巻いています。従来の音楽の学びに加えて、音楽の社会に果たす役割の実践を目指します。この大きな渦の中に、一人でも多くの人たちが「ちから強い音楽人」を目指し、同時に「音楽の不思議な力」を真摯に求めるために加わられることを願っています。

(2023年4月1日)