検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


声楽客員教授

井原 広樹いはら ひろきHiroki IHARA

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
演出 客員教授


学歴・学位

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒
アカデミア・ムジカーレ・エウロペア ディプロマ

専門分野

オペラ演出

研究テーマ

現代における活きたオペラ上演方法の探求

研究・社会活動

大阪音楽大学声楽学科卒。油井成行氏に師事。

その後関西歌劇団 演出部に入り、飛鳥峯王、桂直久、故菅沼潤、中村敬一、ウーゴ・ デ・アーナ、ステファノ・モンティ、イヴァン・ステファヌッティ他各氏のアシスタ ント、また演出家として内外の約300公演に参加する。

1995年より文化庁在外派遣研修員として、又(財)ローム ミュージック ファンデーションの奨学生として、元スカラ座 演出室長のアントネッロ・マダウ・ディアツ氏のもとイタリア・ペ ルージャ市のアッカデーミア・ムジカーレ・エウローペアに留学し、三年の演出コースにおいてディプロマを得る。又同年より演出家ステーファノ・モンティ氏のアシスタントとして、ローマ歌劇場の“トゥーランドット”、スポレートのヌオーヴォ歌劇場の“ファルスタッフ”、ベルガモのドニゼッティ歌劇場の“リゴレット”、ファーノの野外劇場の“フィガロの結婚”、コモ歌劇場とパヴィーアのフラスキーニ歌劇場の“イル・トロヴァトーレ”他において協力する。1999年イタリアの10歌劇場における、As.Li.Co.移動公演“魔笛“に演出補として協力。同年パヴィーア市のフラスキーニ歌劇場、マチェラータ市のラウロ・ロッシ歌劇場において、在イタリア日本国総領事館後援のもと“夕鶴”のイタリア初演を演出し、オペラ雑誌“L’OPERA”他において好評を得る。この“夕鶴“は2005年にメキシコの国立芸術宮殿において、又第33回国際セルヴァンテス・フェスティウァルにおいてメキシコ大統領観劇のもとメキシコ初演される。2001年ロンバルディア州オペラ協議会主催”蝶々夫人“をフラスキーニ歌劇場、ポンキエッリ歌劇場、グランデ歌劇場、マントヴァ歌劇場他イタリアの6歌劇場15公演において演出し、2006年と2007年韓国の大邸歌劇場で、また2007年イタリアの野外劇場コモ・フェスティバルと4歌劇場9公演で再演。2003年と2008年コモ歌劇場、ドニゼッティ歌劇場他イタリアの5歌劇場20公演においてG.プッチーニの“トゥーランドット”を演出し、朝日新聞に取り上げられ、イタリアの各新聞評において高く評価される。2010年“イル・トロヴァトーレ”をイタリアのペルジネとペーザロそしてオーストリアのアムシュテッテンの各野外劇場。2014年韓国の大邸啓明アートセンターで、ナブッコ。2015年イタリアレッチェ歌劇場“蝶々夫人”。2017年韓国大邱オペラハウスにて“Tirandot”。

日本国内での主な演出は、2000年ニュー・オペラシアター神戸“魔笛”(兵庫県芸術奨励賞 )2001年吹田メイシアターで関西歌劇団“夕鶴“。2002年大阪音楽大学オペラハウスでF.ブゾーニの“トゥーランドット”(音楽クリティック・クラブ賞、大阪文化祭賞)。2003年新国立劇場小劇場ハイドンの“無人島”。2004年アルカイックホールでG.プッチーニの“トゥーランドット”。2005年みつなかホールで“愛の妙薬”。2006年みつなかホールで“ドン・パスクワーレ”(兵庫県芸術奨励賞)、いずみホールでG.ヴェルディの“オテロ”。2007年東京室内歌劇場公演G.F.ヘンデルの“アルチーナ”。2008年広島アステール・プラザ“ドン・ジョヴァンニ”。2009年みつなかオペラ“椿姫”(佐川吉男音楽賞奨励賞)、関西二期会創立45周年記念公演“ラ・ボエーム”。 2010年みつなかオペラ“アイーダ”(音楽クリティック・クラブ賞奨励賞)、関西歌劇団“フィガロの結婚”(大阪文化祭賞奨励賞)。2011年みつなかオペラ“ファヴォリータ”、関西歌劇団“イル・トロヴァトー レ”。2012年関西二期会“アドリアーナ・ルクヴルール”、みつなかオペラ“ランメルモールのルチア”、四国二期会“秘密の結婚”(佐川吉男音楽賞奨励賞、ブルーポラリス優秀作品賞)。2013年北九州シティオペラ “アイーダ”(北九州市民文化賞)、京都春秋座“蝶々夫人”。2014年オペラde神戸”カルメン”、四国二期会第40回記念公演”魔笛”、みつなかオペラ”清教徒”(三菱UFJ信託音楽賞奨励賞)、大阪音楽大学オペラハウス“カーリュー・リヴァー”“鬼娘 恋の首引き”(文化庁芸術祭大賞) 。2015年みつなかオペラ“ノルマ” 。2016年オペラde神戸“蝶々夫人” 、関西歌劇団“皇帝ティートの慈悲” (大阪文化祭賞奨励賞)。2017年大阪音楽大学オペラハウス“偽の女庭師”など。

演出家として、2011年尼崎市民芸術奨励賞、2012年川西市民文化賞、吹田市文化功労賞受賞。

教育方針

オペラ創りを通して、能動的な創作意識を高める。

所属学会・団体

現在、関西歌劇団演出家、同団理事。みつなかオペラ実行委員。伊丹市民オペラ実行委員。北九州シティオペラ客員演出家。大阪音楽大学客員教授。くらしき作陽大学非常勤講師。

その他

母校への感謝を、日々の糧とする。

TAG LIST

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る