検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


管楽器特任准教授

西本 淳にしもと じゅんNISHIMOTO Jun

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
サクソフォーン 特任准教授


学歴・学位

大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業
大阪音楽大学大学院音楽研究科管弦打研究室修士課程修了
音楽学士、音楽修士

専門分野

サクソフォーンの演奏法

主な担当科目

管楽器(サクソフォーン)、室内楽

研究テーマ

サクソフォーンの演奏法。基本的なテクニック、現代音楽に必要な特殊奏法の研究。20世紀以降の作品を中心に幅広い時代の作品に触れ、豊かな音楽性を身につける。

研究・社会活動

2003年:ノナカ・サクソフォン・コンクール・クラシック部門第1位。
2004年:第8回松方ホール音楽賞・選考委員奨励賞受賞。
2006年:バンドジャーナル(音楽之友社)サクソフォーンワンポイントレッスン連載。
2007年:平成18年度坂井時忠音楽賞受賞。

東京オペラシティ「コンポージアム2011~サルヴァトーレ・シャリーノの音楽」にソリストとして出演。2015年いずみシンフォニエッタ第34回定期演奏会において、ディアナ・ロタル作曲「シャクティ」のソリストとして関西初演を務め好評を博す。フランス・ストラスブールで開催された第17回世界サクソフォンコングレスに参加。サントリー芸術財団サマーフェスティバルに出演。

これまでに、東京シンフォニエッタ、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団等と共演。大阪市音楽団、大阪フィル、日本センチュリー、関西フィル、読響等の客演奏者を務める。また全国各地の吹奏楽部の指導、共演も数多く、吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテスト、マーチングコンテスト、各種ソロコンクールの審査員も務めている。

NHK-FMリサイタル、NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」に出演。

教育方針

楽器演奏のテクニックはもちろん、深い読譜力を身につけるのは演奏するにあたって大変重要な事です。創造力に富んだ専門的職業音楽家を育成し、楽しく豊かな音楽人生を送る事が出来るよう共に勉強していきたいと思います。

所属団体

西宮音楽協会、日本サクソフォーン協会会員

その他

出版物
ブルーオーロラサクソフォンカルテットCD「The First Blue」「Blue Bach」「和樂」(オクタヴィアレコード)

演奏活動
日本ウインドアンサンブル首席コンサートマスター、ブルーオーロラ・サクソフォンカルテット テナー・サクソフォン奏者

審査員活動
全日本吹奏楽コンクール、東海・関西・中国・四国吹奏楽コンクール、関西・四国アンサンブルコンテスト、関西・中国マーチングコンテスト各支部大会、日本クラシック音楽コンクール、いかるが音楽コンクール、堺学生管楽器ソロコンクール他

海外滞在経験
フランス・パリ(ヴァンソン・ダヴィッド、フィリップ・ブラキャールのもとで研鑽を積む)

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る