1970-1979 of 大阪音楽大学音楽学専攻

音楽を仕事にする!― 少人数ゼミでの徹底指導で、音楽を職業にする夢を実現しよう


音楽学専攻へのお問い合わせ ongakugaku@daion.ac.jp

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



過去の卒業研究・修士論文題目
1970-1979

1970年度(昭和45)第1回

【卒論】

・ユダヤ教聖歌の特質

・ショパンのピアノ音楽についての考察

・繁太夫ものについて

・J.S.Bachのテーマについて -平均律クラヴィア曲集

1971年度(昭和46年)第2回

【卒論】

・岳の山伏神楽

・日本の音楽教育の制度的変遷と目的性 ~特に小学校教育を中心として~

・J.S.Bachのクリスマスオラトリオにおけるパロディーの研究

・フィデリオを中心とした調性に関する考察

・Claude Debussyのピアノ作品の研究 ~特に前奏曲集第1週を中心にして~

・CorelliのConcerto Grosso研究

・ベートーヴェン第三交響曲「英雄」における人間像

・Dido and Aeneas

1972年度(昭和47年)第3回

【卒論】

・B.G.M.の効果に関する研究

・リズムについての考察

・岩手県における田植踊

・G.B.サンマルティーニのシンフォニー

・Claude Debussyのピアノ作品の研究 ~”水の反映”を中心にして~

・ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の研究 ~No.16作品135を中心にして~

・リヒャルト・シュトラウスの交響詩に関する一考察

1973年度(昭和48年)第4回

【卒論】

・沖縄『八重山』における古謡に関する研究

・C.Ph.E.Bachのリート作品に関する一考察

・一自閉症児の音楽療法の経験

・ロシア民謡の歴史

・楽劇『ニーベルンク』に関する一考察

・幼児の音楽教育課程における臨床教育心理学的考察

・幼児の音楽教育についての考察

・『井筒』における旋律型の推移

・『ドン・ジョバンニ』におけるレポレロの位置について

1974年度(昭和49年)第5回

【卒論】

・筑紫箏についての一考察

・純正律と平均律について

・ピアノ演奏法 -モーツァルトピアノソナタのソナタ形式の曲における-

・バロック時代における南・北ドイツのオルガンの響きについての考察

・リストの《ハンガリア・ラプソディー》における民族的考察

・バッハ(J.S.Bach)の二声インベンション(Zweistimmigen Inventionen)に関する理論的研究

・音楽におけるロマン的なるもの -その理念と形相について-

・弓奏楽器についての一考察 -ヴィオラ・ダ・ガンバを中心に-

1975年度(昭和50年度)第6回

【卒論】

・野川流地歌の研究

・C.Ph.E.Bachのファンタジーアについての一考察

・A.Schonberg:《五つのピアノ曲》に関する一考察

・能勢の民謡

・初期のアメリカ黒人音楽

・Johann Christain Bachのクラヴィアソナタ

・Stabat materにおける”調と音楽”についての考察

・シューベルトとレーヴェのバラードにおける考察 -ゲーテの詩による-

・鍵盤楽器における”調律法の変遷”とその意義について

・W.A.Mozartのピアノ・ソナタにおける展開部についての考察 ~マンハイム・パリ旅行時代の作品を中心として~

・義太夫節「妹背山婦女庭訓」三段目切「山の段」の研究

・Bela Bartok,「Mikrokosmos」の分析的研究

【専攻科】

・音楽の内在的意味の研究 方法論的一試論

1976年度(昭和51年)第7回

【卒論】

・拍節的リズムの力動的性質に関する一考察

・音楽的能力に関する一考察

・Basso Continuoの衰退とその歴史的意義 -Trio Sonataの変遷を通じて-

・貝塚市東の盆踊りと子守唄 -音楽と人間の結びつきについての一考察-

・E.T.A.ホフマンにおける音楽の理念と実践

・発見学習と音楽教育

・ミンネゼンガー、O.v.Wolkenstein研究

・S.V.ラフマニノフの24の前奏曲

1977年度(昭和52年)第8回

【卒論】

・ピアノと音楽生活 -19世紀イギリス社会におけるピアノを中心とした諸現象について-

・MonteverdiのMadrigale研究 -第1巻から第5巻における書法の変遷-

・Claude Debussyのピアノ作品に関する一考察 ~主として《月の光》と《鐘の音》を題材とする作品の音楽的語法について~

・音楽能力の測定に関する一考察 -音楽能力テストに基づく-

・ドラマティカーとしてのR.シュトラウス -H.v.ホーフマンスタールとの往復書簡から-

・アメリカ南部における民間伝承音楽についての一考察 -フィドル音楽を中心に-

・クセの謡における一考察

・竹本座曲風の確立と展開

・テレマンの音楽にみられる作曲様式の新しさについて

・イランの伝統的芸術音楽について -ラディーフを中心に-

・16世紀フランスにおけるプランルの研究

・Paul Hindemithの作曲理論に関する一考察

【専攻科】

・三味線組歌における歌の旋律構造の研究

・パレストリーナのモテト研究

・作品分析の方法について ~メイヤー,「音楽の説明」を中心に~

・E.T.A.ホフマンの音楽批評

1978年度(昭和53年)第9回

【卒論】

・ミヨーと多調性

・グラウンドにおける変奏技法 -オルティスの《変奏論》を中心として-

・偶然性の音楽

・日本の小学校における音楽教育理念の変遷 -昭和22年度学習指導要領を中心に-

・日本の小学校における唱歌教材の研究 -明治から昭和20年まで-

・尺八古典本曲における美的なものと宗教的なもの

・ブラームスの緩徐楽章における主題旋律

・アレッサンドロ・スカルラッティのオペラ作品の研究

1979年度(昭和55年)第10回

【卒論】

・J.S.Bachのフーガにおける展開の技法 ~平均律クラヴィーア曲集 第一巻24曲のフーガにおける間奏を中心に~

・日本における鍵盤楽器開発の歴史的概観

・ストラヴィンスキーの音楽と音楽感にみられる独自性について

・アメリカ芸術音楽におけるチャールズ E.アイヴズの存在とその意義 -ピアノ・ソナタNo.2を中心に-

・ニューミュージックに関する音楽学的一考察

・17・18世紀における木管楽器(リコーダーとフルート)の変遷とその音楽

・イギリスのヴァージナル音楽におけるパヴァヌ

・風流小唄踊 -近世初頭の民俗音楽の状況-

・宮良村の”ユンタ””ジラバ”に関する一考察

【専攻科】

・ミヨーの旋律における一考察

・「スペインのフォリア」考察

・琴古流尺八古典本曲の装飾性

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|

milk_btn_next.png