足立 知謙

作曲家、ピアニスト、
サウンドクリエイター

足立 知謙

PROFILE

IVORY MUSIC主宰。

現在、大阪と渋谷のアトリエを拠点に、VOLVO、SUBARU、JRなど数多くの企業のテレビCMや映像作品の楽曲を手がけるほか、ミュージカル作品『UNIVERSE』(dysmic制作・avex協賛)や丹波市音頭、グランフロント大阪クリスマス演出曲など、幅広いジャンルに渡って作曲活動を展開している。

2014年11月、神戸市室内合奏団より委嘱を受け、「100万回生きたねこ」(講談社刊)を題材に、チェンバーオーケストラと朗読の為の組曲を作曲。
邦楽の新たな可能性を探るため、2012年、胡弓奏者、木場大輔とのユニット“KODACHI~木立~”を結成。各地のコンサート、NHK番組出演等、更に活動の幅を広げている。

•足立知謙オフィシャルサイト「IVORY MUSIC」

音楽に魅了された仲間が出会い、学び合える最高の場所。

私はミュージッククリエーション専攻で「ジャンルセミナー」と「ショートコンテンツ実践」を担当します。

前者ではあらゆる音楽を取り上げ、それぞれに代表される名盤や典型とされる曲の分析、さらに歴史やファッション、社会に与えた影響も学びます。
後者ではCM やショートムービー、商業施設や店頭に流れる音楽まで制作し、短時間で多くのアイディアを形にすることを目的とした講義を実施します。
これらを学ぶことで作曲家から音楽教師まで、音楽に関わるさまざまな職業を目指せるだけでなく、それに付随する柔軟性や発想力などは広告関係や企業の企画室などでも役立つでしょう。

私は29歳になる年に公務員の職を辞め、音楽家としてプロ宣言をしました。
自分の音楽への情熱を世に問い、可能性にチャレンジしたかったからです。

大阪音楽大学には素晴らしいプロの音楽家と、音楽に魅了された仲間が集っています。
ミュージッククリエーション専攻もそんなみんなが出会い、学び合える最高の場所にしたいと考えています。
ぜひ仲間になってください。

SHARE YOUR PASSION!!