江南 泰佐

非常勤講師
メディア論

江南 泰佐

PROFILE

大阪大学文学研究科前期修士課程。
主にラジオメディアをベースとした音楽・アート番組の企画・作成・発信。

メディア・インタビュー

長年ラジオの音楽番組DJとして活動。音楽セレクト、企画、台本作成も担当。
音楽セレクトについては2000年前後から世界のあちこちで生まれてきた新しいルーツ音楽のシーンを積極的にとりあげると同時に、環境問題という21世紀の”今”の問題を念頭に関西のラジオ番組では初めてと言われた「フィールドレコーディング」音源の特集をプログラム、セレクト。担当番組は週4回放送の帯番組、2時間生放送、公開収録などさまざまなスタイルで企画、放送される。
またインタビュアーとしては300人以上にわたる第一線の音楽家のインタビューを展開。例えばアイルランドの伝統音楽のトップグループのAltanのMairead Ni Mhao aigh氏やカラフト・アイヌの伝統弦楽器トンコリ奏者OKI氏といったトラッドシーンからドイツの音楽グループCANのメンバーIrmin Schmidt氏といった電子音楽シーン、アメリカの即興演奏者Jim O'Rouke氏、そして日本の新しいJAZZシーンを牽引する菊池成孔氏、東京スカパラダイスオーケストラなどが挙げられる。2009年にはKBS京都ラジオと京都アルファステーションの合同番組『Kyoto Radio Day09 ecoes Special Radio Program』において矢野顕子氏インタビュアーとして抜擢。

・2015年 アートエリアB1「鉄道芸術祭vol.4」関連プログラム ネット配信音楽番組
「快音採取 世界の音旅」
・2009年~2013年 KBS京都放送 ラジオ番組「オトダマ・ラジオ」
・2009年 『Kyoto Radio Day09 ecoes Special Radio Program』矢野顕子氏インタビュー担当
・2006年~2007年 NPO GROUP “organic platform FOON” インターネットラジオ番組 「Radio FOON」
・1998年~2005年 KBS京都放送 ラジオ番組「far east jungle」

舞台・ワークショップ作品構築

2016年からはインドネシアの音楽家も交えながら演劇・舞台、東洋音楽の手法を参考にした異ジャンル間での双方向コミュニケーション表現プロジェクト「影の色彩 ワヤンプロジェクト/おどる影絵!」に参加。同プロジェクトのワークショップや舞台作品が入選、ノミネートされている。

・2016年「おどる影絵!」ポコラート全国公募展 vol.6 ワークショップ部門入選@東京アーツ千代田3331
・2016年「影絵芝居 夜叉ケ池」P新人賞受賞ノミネート@金沢市民芸術村ドラマ工房
・2016年「影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐 ー おどる影絵!まるびぃ満月影絵楽団とともに ー 」@金沢21世紀美術館

作曲・演奏

キーボーディストとしてクラムボン、エマーソン北村氏、イルリメをはじめとする国内の音楽家達とのライブ・セッションはもちろん、辻本知彦氏(ex.シルクドソレイユ)といったコンテンポラリーダンサーともステージでセッションを展開。また近年は作曲家・指揮者Yannick Paget(仏)氏作曲の現代音楽楽曲シリーズ企画にピアノで参加。ソロ作品、コラボレーション作品、企業PV音楽も含め参加アルバム・楽曲提供も多数。最新のソロ作品としては enami Taisuke 「 f e r m e n t 」(Meister Musik)がある。

教育方針

過去からの遺産を受け継ぎながらも21世紀の”今”という時代性にこだわったコンテンポラリーなアプローチ、切り口、批評性に敏感な視野を共有できるようにしたいと思っています。

オフィシャルサイト

soundcloud:https://soundcloud.com/enamitaisuke