西村 理

准教授
ミュージックコミュニケーション演習
音楽ホール運営論・運営実践演習
音楽ジャーナリズム
関西音楽文化史演習A ほか

西村 理

一口に「音楽」と言っても、世の中には多種多様な音楽があり、その音楽を楽しんでいる人たちもさまざまです。そうした状況を踏まえて、音楽とは何かを改めて問い、音楽をどのように伝えていったら良いのか、一緒に考えていきましょう。

PROFILE

国立音楽大学音楽学学科卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を経て、同大学院博士後期課程で学ぶ。
博士後期課程在籍中にNHK交響楽団の機関誌『フィルハーモニー』編集協力を務める。

ウィーン国立音楽大学博士課程に留学。
2001年度、2002年度、2006年度、2007年度ローム ミュージック ファンデーション奨学生。
博士(音楽学)。

音楽とメディア(雑誌や新聞、ラジオ放送など)との関係を軸に、主に20世紀初頭のウィーンと大阪の音楽文化について研究を行っている。

大阪音楽大学准教授。