教員紹介

豊富な実績を持つ、コミュニケーションデザインのプロが指導!

久保田 テツ

- Profile -

1995年よりシンクタンク勤務し、都市空間におけるアートプロジェクトのメセナ事業運営に携わる。
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)特任准教授を経て、本学准教授に就任。
CSCDでは主に映像メディアデザインとコミュニケーションに関する教育研究、映像ドキュメンテーション実践、アートを軸とした社学連携事業などに取り組む。また、映像作家および音響作家としても活動中。

2000年度より早稲田大学メディアネットワークセンター(現グローバルネットワークセンター)非常勤講師。
NPO remo[特定非営利活動法人記録と表現とメディアのための組織]理事。

NPO remo[特定非営利活動法人記録と表現とメディアのための組織]

音楽に浸り、音楽にまつわる出来事を創造しよう。

音楽の豊かさや楽しさは〈聴く〉や〈演奏する〉だけではありません。
〈観る〉や〈知る〉や〈語る〉、そして〈着る〉〈食べる〉だってあるのかもしれません。

このたび新設されるミュージックコミュニケーション専攻では、そうした音楽との新しい出会いの〈場〉を創造できる人、音楽をテーマとしたさまざまなイベントを企画し、人々を巻き込みながら運営できる「出来事のクリエイター」の育成を目指しています。

音楽は、世界中で、社会で、地域で、とても多くの価値を持った表現として人々に親しまれています。
人を勇気づけたり、社会にメッセージを送ったり、仲間を増やすことだってできます。
音楽の音色や形式は実に多様ですし、日本国内に限っても数え切れないほどの種類の音楽が楽しまれています。

大阪音楽大学は、そのような「音楽」の専門家が集う関西を代表する場所です。
みなさん自らがたっぷりと音楽に浸りながら、同時に、音楽で人を幸せにしたり、一緒に考えたり、新しいことを知る出来事を創造しながら社会に巣立ってゆける。

それが「ミュージックコミュニケーション専攻」の魅力です。


久保田先生のイベント実績例
◎サウンドデザイン(作編曲)
日東電工「サウンドロゴ」
Coca-Cola「Billboard」
日産自動車「NISSAN IFORMATION CHANNEL」
ハーゲンダッツ「チャイ味」
小学館「少年サンデー」
SEGA「WCCF」
Discovery Japan「Global Warning PSA/Athelete」
Discovery Japan「世界に拍手」
MTV JAPAN「SCREEN」
MTV JAPAN「CONSENSUS」
SPACE SHOWER TV「TOP100」
SPACE SHOWER TV「SUPER HITS」
SPACE SHOWER TV「LIFE」 など
◎中高生のためのVJワークショップ
VJとは「ビデオ (ビジュアル) ジョッキー」のこと。撮影だけでなく素材を広く収集・編集しながら新たな映像を作り出していく活動です。中学生&高校生を対象に、YouTube上の映像をサンプリング、VJ用のフリーソフトを使用して映像を創作&上映するイベントを実施。作品は「Apple Store 心斎橋」で発表しました。
Collaboration/大阪新美術館建設準備室(旧大阪市立近代美術館設立準備室)
◎Radio graf
大阪を拠点に、家具・空間・プロダクトから食やアートにわたって多様なクリエイティブ活動を展開する「graf」。Radio grafは、grafにまつわるアーティストやデザイナーなど10名のゲストと展開するインターネットラジオ番組。この録音編集、サウンドロゴやジングル制作など全てのサウンドデザインを担当しました。
Website/graf
◎ラボカフェ・プロジェクト
2008年にオープンした社学連携スペース「アートエリアB1」。対話型イベントや音楽系イベントを実施しており、2014年秋に開催した「鉄道芸術祭 vol.4/音のステーション」ではアーティストのセレクトからラジオ、コンサートなどを企画&実施しました。また音楽評論やラジオDJなどで有名なピーターバラカン氏やゴンチチのチチ松村氏などを迎えたブルーグラスイベントなどにも参画。
Website/アートエリアB1
◎アート&テクノロジー知術研究プロジェクト「知デリ」
大学と社会が連携し、アートや科学技術、文学などさまざまな分野で活躍するゲストを迎えて表現や技術について話し合うトークプログラム。それぞれが持つ「知術」(知識と技術)を参加者と交換し、新しい発想の創出やアイデアの実現につなげることを目指す。Apple Storeや阪急うめだ本店などでも実施。
WebSite/知デリ
◎受賞
PROMAX/ASIA AWARD2007 BEST SOUND DESIGN SILVER「Global Warning PSA-“Athelete”DISCOVERY JAPAN」
商業映像の国際コンペティション「PROMAX/ASIA」において、ディスカバリージャパン/キャンペーンCMに向けて制作したサウンドがBEST SOUND DESIGN銀賞を受賞しました。

- Profile -

兵庫県立芸術文化センター(2005年10月開館)、ゼネラルマネージャー。
神戸大学経営学部卒業。朝日放送(株)入社、事業部で音楽事業を担当。

1982年、ザ・シンフォニーホール開館準備より2003年まで、21年間ホール運営、自主事業を担当。事業部長を務める。この間、1,000を超える自主事業の企画運営を行う。また、海外からオペラ団、オーケストラ等の招聘企画を行う。

2003年10月より現職。年間200を超える自主事業を行う。
2015年9月より大阪音楽大学客員教授就任。

兵庫県神戸市出身。

林 伸光


平田 オリザ

- Profile -

劇作家・演出家・青年団主宰。
こまばアゴラ劇場芸術総監督・城崎国際アートセンター芸術監督。
1962年東京生まれ。
国際基督教大学教養学部卒業。

1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。
1998年『月の岬』で第5回読売演劇大賞優秀演出家賞、最優秀作品賞受賞。
2002年『上野動物園再々々襲撃』(脚本・構成・演出)で第9回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。
2002年『芸術立国論』(集英社新書)で、AICT評論家賞受賞。
2003年『その河をこえて、五月』(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。
2006年モンブラン国際文化賞受賞。
2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。

東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター客員教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐、京都文教大学客員教授、(公財)舞台芸術財団演劇人会議理事長、埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみマネージャー、日本劇作家協会副会長、日本演劇学会理事、(財)地域創造理事、豊岡市文化政策担当参与。
2015年7月より大阪音楽大学客員教授就任。


- Profile -

ナムコ(現バンダイナムコゲームス)、キャビア(現マーベラス)でクリエイター、プロデューサーとしてさまざまなゲーム作品に携わった後、株式会社イルカを設立。TV番組、アニメの企画、ゲーム、アプリ開発、音楽制作など各種コンテンツのプロデュース業務を行う。
CM、WEB、イベントなど様々なジャンルの映像制作にも携わりつつ、現在はバーチャルとリアルの融合を目指し、CGによるデジタルの要素と、実写や舞台、ライブなどの面白さを組み合わせた作品づくりに取り組んでいる。

株式会社イルカ(代表取締役)
株式会社オルカ(代表取締役)
有限会社モナカ(取締役)
株式会社ディアステージ(取締役)

岩﨑 拓矢


西村 理

- Profile -

国立音楽大学音楽学学科卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を経て、同大学院博士後期課程で学ぶ。
博士後期課程在籍中にNHK交響楽団の機関誌『フィルハーモニー』編集協力を務める。

ウィーン国立音楽大学博士課程に留学。
2001年度、2002年度、2006年度、2007年度ローム ミュージック ファンデーション奨学生。
博士(音楽学)。

音楽とメディア(雑誌や新聞、ラジオ放送など)との関係を軸に、主に20世紀初頭のウィーンと大阪の音楽文化について研究を行っている。

大阪音楽大学准教授。