音楽で人と社会をつなぐ
仕掛け人に!

音楽を活かしたイベントを形にして
新たなコミュニケーションを創造

音楽で社会や地域を活性化させる〝仕掛け人”を育てようと、これまで多くの演奏家や作曲家を育ててきた大阪音楽大学に2016年春、新たに誕生したのがミュージックコミュニケーション専攻です。
多くのファンを魅了する人気アイドルの陰には、さまざまなイベントを企画しプロモーションする仕掛け人の存在が欠かせません。いま、社会に求められているのは、新しい価値を持ったモノやコトを企画し具体化する、コミュニケーションのプロフェッショナルなのです。街を活気づける音楽フェスやストリートパフォーマンス、地域や企業とコラボしたカルチャーイベントなど、音楽で人と社会をつなぐ仕掛け人=「ミュージックコミュニケーションのプロ」を育てることが本専攻の狙い。「音楽で人と社会をつなぐ」とは、すなわち音楽と「あなた」との豊かな関係について考えながら、自分で音楽の場をつくること。仲間たちと気になるメンバーを集めてコンサートを企画したり、ZINE( 冊子)をつくったり、憧れのアーティストを招いてトークショーを実施したり、といったことも可能です。それらの経験を大学の授業として実践的に体験できることが何よりの魅力。音楽を通じて、新しいコミュニケーションのカタチづくりにトライしませんか?

プロの仕事を
実地で学ぶ

実務に即したプロジェクト型授業で
企画運営に必要な実践力を
身につける

企画を考え、課題解決プロセスをさまざまな切り口で学ぶプロジェクト型授業「ミュージックコミュニケーション演習」と、マネジメント系専門知識を深める多くの実践演習科目。学内外での企画立案や取材、企業担当者への提案など、具体的な案件をもとにした実践的経験を積むことで、あらゆる企画運営に必要なスキルが身につきます。
もちろん知的・実技バックグラウンドを強化する音楽系科目も充実。社会からの多様な依頼を通じて、「出来事のクリエイター」である仕掛け人を目指せます。

ミュージック
コミュニケーション演習

音楽によって人と人とが
出会う場を企画・実践する
プロジェクト型のメイン科目

○コミュニケーションについて考える○ビジネスマナーを知る○企画を考える○企画書を書く○プレゼンテーションする○地域とそこに暮らす人を知る○チラシやWEBページで広報する○メディアにリリースする○予算を管理する○実践的な英語演習でコミュニケーション能力を培う○著作権について学ぶ○音楽施設の運営方法を知る

イベントの実施

学内外フィールドでの
実践的な学び

トップクリエーターによる
特別講義
仕掛人としての
知的バックグラウンドを強化する

音楽学の科目群

音楽実技を経験する

実技演習科目群 ※オプション(有料)でマンツーマンの実技レッスンも可能!

学内で「プロダクション」が
スタート!

2017年4月、本格的な音楽活動を手がける「プロダクション」が学内に誕生。さまざまな音楽イベントやプロジェクトに携わりながら、企画立案のコツやイベント運営方法を学びます。専門スタッフのサポートのもと、CD販売や楽曲配信といったビジネスモデル、在学生のプロモーションまでをもトータルに担当。ミュージッククリエーション専攻と直結したプロダクションを通じて、在学中から憧れの音楽事業にしっかりと関わっていけます。

音楽の総合大学ならでは!
抜群の環境と豊富な人脈が
学びにも将来にも生きる

アイデアの源となる専門的な音楽系科目も学べ、演奏のプロを目指す学生たちと協働しながらイベントを行えるのは、大音ならではの強みです。
学内の施設・設備も素晴らしく、学生主催の演奏会が連日開催される「ミレニアムホール」はもちろん、プロも公演する「ザ・カレッジ・オペラハウス」を活用できることも。世界各地の貴重な楽器類や10万点以上の音楽資料を所蔵する「音楽メディアセンター」も学内にあり、専門的な研究も可能です。4年間で広げた専門的な知見や人脈は、将来携わる企画にも生きてくるでしょう。

2017年度より
ミュージックコミュニケーション専用教室がオープン!

さまざまなビジュアル資料も並ぶ、クリエイティブな環境。教室としてだけでなく、イベントスペースとしても活用できる設計です。プロジェクタやスピーカーなどのメディア設備も簡単にセッティングでき、ミラーボールまで用意しています。音楽ライブやトークショー、クラブイベントなど、多様な利用を想定した造りになっています。

行政との事業連携も!

大音の所在地である豊中市は、「音楽あふれるまち」を掲げる音楽文化推進都市。「とよなか音楽月間」をはじめ、音楽を活用した文化事業が盛んです。行政と本学による連携プロジェクトも継続的に実施。この地ならではの地域活性化策が学べます。

可能性は無限大!
卒業後の活躍ステージ

現代社会で必要とされているのは、他者との対話を通して物事を実現できる人。 本専攻は「音楽を通した場」で社会との関わりを学んでいきますが、そこで得られる経験や基礎的な素養は、左に挙げる職業ではもちろん、音楽産業だけでなく、社会のあらゆる現場に役立つ汎用性の高いスキルにつながります。

目指せる職業例

◆イベントプロデューサー ◆イベントディレクター ◆地域プランナー ◆コンサートプロデューサー ◆コンサートプロモーター ◆コンサート・ステージスタッフ ◆アーティスト(芸能)マネージャー ◆アートマネージャー ◆音楽番組制作プロデューサー ◆音楽教師 ◆地域文化研究者 ◆地域コーディネーター ◆キュレーター ◆レコード会社スタッフ(A&R) ◆レコード会社スタッフ(宣伝) ◆レコード会社スタッフ(ストラテジック/カタログ) ◆音楽雑誌編集者 ◆音楽ライター ◆音楽評論家 ◆広告代理店 ◆地域メディア・スタッフ ◆NPO職員 ◆文化行政担当者 ほか