大阪音楽大学 学部・専攻

トップ | 学部・専攻 | 短期大学部音楽科 | ミュージカル・コース

ミュージカル・コース

NEWS

■オフィシャルブログ開設!「徒然 DAION ミュージカル
ミュージカルコースの指導スタッフ陣が、日々思ったことをつづっています。

紹介ムービー















コースの特色

ミュージカル俳優に必要なのは表現技術と想像力です。
指導陣に多彩なクリエイティブスタッフがそろうこのコースでは、劇団四季の中心メンバーだった教員や、
ヴォーカル、クラシックバレエ、ジャズダンスの指導者らが「上達する方法」を惜しみなく伝えます。
ヴォーカル、ダンス、演技の勉強を重ね、ひたむきにレッスンに励むことで、作品の感動を伝える俳優を目指します。

① 少人数制で基礎から徹底して学べる

細やかな基本重視の反復練習で、確かな実力を養います。

② 講師は舞台経験豊富な一流のプロたち

劇団四季の元団員や現役の演出家など一流の講師陣が指導。

③ 一人ひとりの感性に合わせた指導

学生一人ひとりに寄り添い、独創的な表現力も伸ばします。

④ 体系化したカリキュラムを設定

基礎から技術を積み上げ、オリジナルミュージカルを公演。

ミュージカルに必要な“基礎技術”を磨く豊富なレッスン!

  • ● ミュージカル総合演習
  • ● ミュージカル創作演習
  • ● 台本読解演習
  • ● 実践演技体系
  • ● ミュージカル歌唱法
  • ● ヴォーカル・メソッド
  • ● ミュージカル舞踊演習(ジャズ)
  • ● ミュージカル舞踊演習(バレエ)
  • ● ミュージカル・レッスン(個人レッスンとしてヴォーカル・ダンス・演技)
  • ● 副科声楽
  • ● 日本舞踊
  • ● ミュージカル音楽講座

ミュージカル総合演習

小作品を用いて「基本練習」を繰り返す!
小作品のシーンを抜き出したシーン・テキストで演習。舞踊・歌唱・演技を合わせた総合的基本練習を徹底的に繰り返します。

  • >発声基本
    「喉の開き」と「柔らかいお腹」に注意し、発声の基礎を確認。腹式発声を徹底します。
  • >歌唱基本
    自らの体を楽器として理解し、反復練習。歌唱に必要な技術や感性、表現力を養います。
  • >演技基本
    俳優とは、「反応」し、「行動」する人であるという、演技の基本概念を体得していきます。

  • >ダンス・振付
    振付家がダンスに込められた行動線をレクチャー。正しいポジションでの振りを覚えます。
  • >ソロヴォーカル&コーラス
    それぞれに求められる発声で歌えるよう追究。楽譜を正しく読み取ることにも留意します。
  • >発表
    練習の集大成をいよいよ発表。オープンキャンパスや高校への出張授業などで披露します。

ミュージカル創作演習

プロ劇団と同じ過程でオリジナルのミュージカルを創り上げる!
プロ劇団、プロカンパニーと同様の過程で、オリジナルのミュージカルを創作。俳優として参加します。

  • >台本読み合わせ
    まずは台本を読み通し、作品全体のテーマを把握。登場人物同士の交流を読み解きます。
  • >歌唱音どり
    楽譜を見ながら音楽を聴き、楽曲の音程をチェック。歌のレッスンへとつなげます。
  • >荒立ち
    おおよその立ち位置や動きを決めつつ練習。登場人物の基本関係を把握していきます。

  • >ソロヴォーカル&コーラス
    各パートに対し、音楽監督が歌唱指導。演出と融合された表現を身につけていきます。
  • >ダンス・振付
    振付家によるナンバーの振付と舞踊表現を体得。心の動きと体の動きの一致を目指します。
  • >小返し通し稽古
    部分的に繰り返して稽古を重ねながら、最初から最後までの流れをつかんでいきます。

  • >技術スタッフ参加
    プロの美術、照明、音響スタッフらが参加。作品におけるスタッフワークへの理解を深めます。
  • >衣裳合わせ
    本番での衣裳を決めるための細かな調整を行います。加えてメーキャッププランも作成。
  • >通し稽古
    作品を最初から最後まで通して練習。全体の統一感や求められるテンポ感も確認します。
>舞台稽古
舞台上での通し稽古を完了させれば、いよいよ本番。オリジナルミュージカルの披露です!

年度末にはホールや劇場で「オリジナルミュージカル」を上演!

年度末にホールや劇場で上演する「オリジナルミュージカル」。上演するにあたり衣裳や大道具、小道具などの準備で技能向上のための個別レッスンが縮小されることはありません。あくまでも俳優としての技術を高めることが最優先。俳優の仕事は「作品に貢献すること」。「オリジナルミュージカル」の上演は舞台美術をできるだけ簡素にし、自分たちの演技、歌唱、ダンスでいかに作品に貢献できるかを試す場となっています。

第6回公演「ママ、ふり向かないで」

第5回公演「かがり火 恋唄」

第4回試演会「ガラスの戦士」

第3回試演会「マリリン」

第2回試演会「Madam Oz」

第1回試演会「あの鐘を鳴らすのは あなた」


オフィシャルブログはこちら

ミュージカルコースの指導スタッフ陣が、日々思ったことをつづったブログはこちら!
徒然 DAION ミュージカル

学生紹介

----------------------------------
敷村珠夕 2年
平安女学院高等学校 出身

ミュージカルは歌・ダンス・芝居全てが必要です。好きな事に没頭できて充実している反面、どれも課題は山積み、授業外での自習は必須でハードだと感じる事もあります。それでも、学んでも学んでも新しい発見や成長に出会える日々に、気づけば夢中になっていました。追求する事の面白さに気づき、手間や大変さも含めて楽しいと感じられる時間は自分の可能性を広げてくれます。

----------------------------------
齋藤茉結 1年
札幌聖心女子学院高等学校 出身

日々、台本の一つ一つのセリフの解釈について様々な角度から考え、悩み、見ていただくお客様により伝わるよう日々研鑽しています。また自分に足りない技術や、表現力の課題に取り組んでおり、まだまだ学ぶことがたくさんあり、学び足りないと痛感しています。一人ひとりに丁寧な指導をして下さる先生方のもと、自分の理想に一歩近づけたとき、やりがいを感じ、勉強することの楽しさを実感します。舞台に立つための勉強はもちろん、社会に出るための礼儀作法などを「なぜ今そうする必要があるのか」という理由を含めてご指導くださるので、一つ一つに納得して取り組むことができます。さらに、後輩一人ひとりに目を配り、真剣に向き合い、ご指導くださる先輩方のおかげで、安心して大学生活を過ごすことができています。様々な夢や目標をもった仲間たちと切磋琢磨しながら過ごす毎日は、有意義で充実したとても大切な時間です。


上部団体「DAION座」

目標は関西発信のミュージカル上演!


DAION座」は大阪音楽大学短期大学部音楽科ミュージカル・コースの教員と選抜された卒業生とで構成されています。他にも学外のパートナー俳優や照明・装置・音響などのテクニカルパートナーも名前を連ねており、大阪から発信する、より質の高い作品の上演を目指しています。
DAION座代表 羽鳥三実広

座員の紹介


上願 由佳 さん(宝塚北高等学校 出身/ミュージカル・コース 2014年 卒業)

歌い、踊り、演じる楽しさを体感!

歌・ダンス・芝居が三位一体になるミュージカル。きれいに踊ろうと思うと歌えなくなったり、発声のことを考えすぎると演技に気持ちが入らなかったり…。とても難しいですが、先生方の分かりやすく丁寧なご指導で、難しさを乗り越えるやりがい、楽しさを知りました。ミュージカルを通して、素敵な先生や一生涯の仲間、新しい自分に出会える大音。濃密な2年間があなたを待っていますよ!

活動スケジュール

  • 2015年10月10日(土)
    豊中市役所ロビーミュージカル「ホップ!ステップ!ミュージカル!!」
    場所:豊中市役所 第2庁舎ロビー
    出演:DAI-ONミュージカル研究会(麻生麗奈、小林未来、上願由佳)
    ミュージカル・コース学生(榎園優子、坂本佳帆、西口藍花、藤本真凜、山本裕麻、大竹萌絵、折田英里華)
 
 
  • 2015年10月23日(金)
    大阪音楽大学公開講座「音楽の宝石箱」 ~ミュージカルの楽しみ方を見つけてみよう!~
    場所:高槻市生涯学習センター2階 多目的ホール
    出演:松田ひろ子、DAI-ONミュージカル研究会(麻生麗奈、小西奈津子、小林未来、上願由佳)、藤井いづみ(ピアノ)
  •  
  • 2015年12月5日(土)
    スノーマンフェスティバル
    場所:阪急うめだ本店9階 祝祭広場
  •  
  • 2016年3月18日(金)、19日(土)
    ミュージカルコース第5回公演 オリジナルミュージカル「かがり火 恋唄」の上演
    場所:ローズ文化ホール(庄内)
    出演:東平聞(大音卒)、DAI-ONミュージカル研究会、ミュージカル・コース1、2年生ほか
  •  
  • 2016年7月31日(日)
    梅田ゆかた祭り
    場所:梅田周辺特設ステージ
    出演:DAI-ONミュージカル研究会、ミュージカル・コース1、2年生
  •  
  • 2016年10月15日(土)
    フラワーアートミュージアム2016「花コン」
    場所:大阪ステーションシティ5F「時空の広場」特設ステージ
    出演:ミュージカル・コース1、2年生、DAI-ONミュージカル研究会
  •  
  • 2016年12月24日(土)
    梅田スノーマンフェスティバル2016「ソング&ダンスショー
    場所:阪急うめだ本店9階 祝祭広場
    出演:DAI-ONミュージカル研究会
  •  



出身者の進路

ミュージカル・コース出身者の進路です(フリー・一般就職は除く)。

■2015年度生
・トライストーン・エンタテイメント 1名
・劇団四季 1名
・USJ 1名
・ミュージカルアカデミー 2名
・劇団「ポップンマッシュルームチキン野郎」 1名
・株式会社PuR Global Entertainment 1名

■2014年度生
・劇団四季 2名
・USJ 3名
・劇団キャラメルボックス 1名
・DAI-ON ミュージカル研究会 2名
 ・賢プロダクション 1名

■2012年度生
・劇団四季 1名
・USJ 3名
・サンミュージックブレーン 1名
・DAI-ON ミュージカル研究会 3名

■2011年度生
・劇団ピープルパープル 1名
・劇団扉座 1名
・DAI-ON ミュージカル研究会 1名

教員紹介

■オリジナルミュージカルを製作する「クリエイティブ指導陣」

劇団四季の元中心メンバーや現役の演出家など、一流の講師陣が指導にあたります。それぞれがプロとして培った舞台経験と理論をあますところなく伝え、技術とメンタルに磨きをかけます。

「表現の楽しさにつながる基本の徹底」を軸に熱血指導。
羽鳥 三実広 教授/脚本・作詞・演出・総合指導
慶應義塾大学卒。大学までバスケットボールに没頭。大学3年時、劇団四季研究所に入所し、以後同劇団に27年間活動。俳優業の傍ら、演出助手、脚本執筆、演技教師を兼務し、多くのメインキャストを育てる。退団後の2004年、シアタープロジェクト羽鳥を立ち上げ、「羽鳥塾」での俳優育成と創作活動を開始。近年は全国各地でのワークショップも精力的に実施。脚本・作詞・演出作品は、「ソロミュージカル・YAKUMO」(青山円形劇場・2004年)、「夜物語」(前進座劇場・2009年、2010年)、「孤児マリア」(俳優座劇場・2012年、2014年)。2011年より大阪音楽大学短期大学部教授。


身体と発声のクセを発見し、目的に合わせてレクチャー。
松田 ひろ子 准教授
/作曲・編曲・音楽監督・ヴォーカル指導
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。劇団四季を経てシンガーとして活動するほか、クラシック・ミュージカルの垣根を越えた幅広いジャンルの歌唱指導には定評がある。バッハなど宗教曲のソリストをはじめ、オーケストラコンサートの司会やファミリーコンサート、ギターや打楽器、お琴など器楽とのコラボレーションなど多彩な取り組みは、各方面から注目を浴びる。DAI-ONミュージカル研究会副代表。そのほかミュージカルショーやコンサートイベントの構成・編曲も意欲的に手がける。「まほろば—21世紀創作歌曲の会」会員。

童謡・歌謡曲、現代音楽をミュージカルに活用。
藤井 いづみ 助手
/編曲・ピアノ伴奏・音楽副監督
大阪芸術大学ピアノ科卒業。お茶の水女子大学文教育学部研究科修了。その後、ポーランド・チェコにて室内楽の研さんを重ねるものの、ジャズに目覚めてジャズマンと結婚し、クラシック界から遠ざかる。6年を経て破局…。室内オペラ「夕立ち」~故・磯部淑作曲~初演稽古ピアノがきっかけになり、母校大学院助手として勤務。心機一転、日本歌曲研究と伴奏・古典的な分野の通奏低音奏者として、活動を再開する。その後、本学ミュージカル・コースでの指導を担当。童謡・歌謡曲から室内音楽~現代音楽などの作品をミュージカルに生かす方法を研究テーマとしている。


アメリカでの経験を生かし笑顔の花を咲かせるダンスを。
橋本 亜美 講師
/ダンス・振付担当
幼少時代にクラシックバレエを始め、2002年宝塚北高校演劇科へ進学。芝居・歌・ダンス・伝統芸能などを学ぶ。卒業後、米国カリフォルニア州の大学へ留学し、パフォーミングアーツ/ダンスを専攻。在学中、LA最大のダンスショーケース「CARNIVAL」ほか、多数のイベントに参加。卒業後、米国ディズニーランドでパフォーマーを経験。帰国後、数々の舞台を踏み、2009年、ダンスパフォーマンスグループ「JAMBA」結成。多くのプロジェクトイベントに参加。年に一度開催する自主公演ではパフォーマーのほか、 振付・演出も担当。2012年よりダンス指導、振付など活動の場を広げている。


イギリスで得た作曲力を、俳優経験からも磨き上げる。
小島 良太 講師
/作曲・オーケストラ編曲・音源制作
オックスフォード大学数学科卒業後、ギルドホール音楽院にて作曲を学ぶ。2000年度英国NSDF演劇祭音楽部門作曲家賞を受賞。2002~08年、劇団四季に在団。「ライオンキング」や「マンマミーア!」ほか多数のミュージカルに、シンガー、ダンサーとして出演。退団後もミュージカル「ドロウジーシャペロン」、「モンティパイソンのスパマロット」などに出演。ミュージカルライブやコンサートにも多数出演し、俳優のみならず作曲家、ピアニストとしても活動。多くのミュージカルやテーマパーク・ショーなどの作曲・作詞・編曲を担当。さらにはナレーションやゲームの声優も行っている。


ダンサーやアーティストとのコラボレーション経験を教育の場に。
齊藤 まり子
助手/ピアノ伴奏・音楽助手
大阪音楽大学音楽学部器楽専攻卒業、音楽専攻科ピアノ専攻修了。ウィーンムジークセミナーなど、国内外のマスタークラスで研さんを積む。第15回滋賀県ピアノコンクール第1位、第9回日本演奏家コンクール第3位など多数受賞。「ザ・カレッジ・オペラハウス推薦コンサート2012」、「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2015、2016」などへ出演する一方で、2010~2015年は次世代文化芸術推進事業にも参加し、小・中・養護学校にて演奏会を行う。ソロ、アンサンブルで音楽ホールでの演奏活動はもとより、劇場、カフェなどで、ダンサーやアーティストとのコラボレーションにも取り組んでいる。

■ミュージカルに必要な「基本技術」を指導する講師陣

宝塚歌劇団、劇団四季…多くの一流プロを育成。
金沢 淑子 講師
/ヴォーカル・メソッド
大阪音楽大学声楽学科卒業後、音楽研究科作曲専攻修了。宝塚音楽学校講師。ミュージカルの歌唱指導および編曲も数多く経験し、舞台スタッフの仕事にも精通。ドラマシティ・ミュージカルスクールの設立に深く関わり、音楽主任として数多くの人材を育成。CDや楽譜を出版も多数で、ミュージカルやポピュラーの編曲譜は200曲以上。


劇団四季で観客を魅了した艶のある美しい唱法を伝授。
鈴木 喬子 講師
/ヴォーカル・メソッド
東京芸術大学声楽科を卒業後、劇団四季に入団。「キャッツ」シラバブ、「オペラ座の怪人」クリスティーヌ、「エビータ」 タイトルロール、「J・C・S」マリア、「美女と野獣」ベル、「ウエストサイド物語」マリアなど、数々の舞台に主演し観客を魅了。退団後は声楽の講師を務めつつ、コンサートへの出演やミュージカル作品の作曲なども行う。「ピュア・クレール・ムジーク」を主宰し、後進の指導にも尽力。


バレエをベースにダンスの可能性を探る。
小川 紗世 講師
/ミュージカル舞踊演習(バレエ)
7歳よりクラシックバレエを始める。大阪芸術大学舞台芸術学科舞踊コース卒業。卒業後はコンテンポラリーダンスを学ぶ。バレエ講師を務める一方で、様々な公演にも出演。自身の主宰するバレエスタジオではダンスインストラクターや新体操選手などにもバレエの指導に励む。


心に響くダンスを研究し、多くの受賞チームを輩出。
圓月 久美子 講師
/ミュージカル舞踊演習(ジャズ)
5歳からクラシックバレエ、6歳からジャズダンスを始める。武庫川女子大学短期大学部体育学科に進学。指導のノウハウ、体の基礎知識を学び、卒業後、実技助手として後輩の指導に励む。母親が主宰する「スタジオみき」で指導も担当。自身も舞台で活躍するとともに、テレビやアーティストから振付や指導の依頼も多数。ダンスコンテストにおいても数々のチームを受賞へと導く。


商業演劇やテーマパークなど広く活躍するダンサーを指導。
谷 寿美 講師
/ミュージカル舞踊演習(ジャズ)
6歳でバレエ・TAPを始め、数々のTVに出演。スクールメイツとしてトップアイドルらのバックダンサーを務め、レコードもリリース。10代後半から米国、中国、豪州など海外公演に参加。帰国後、主演に抜擢されたミュージカル「ダンサー」の大ヒットを皮切りに、「アリスの不思議な冒険」「京都レビュー」など数々の主演を務める。2002年頃より指導に専念。世界各所で活躍するダンサーらを育てている。



カリキュラム

■教育目標
世界に広がる音楽文化を広量な精神を持って理解、摂取し、時代に先駆けた創造的、実験的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、幅広い人間力や音楽即戦力を備えた音楽人を育成すること。

短大は「実技レッスン」を中心としたカリキュラム!

実技レッスン
(週2回)

①45分の個人レッスン(自分のレッスン)

②30分の実技レッスン(下記より選択)

●作曲 ●声楽 ●ピアノ ●管楽器 ●弦楽器 ●打楽器 ●クラシックギター ●邦楽楽器 ●ジャズ ●ポピュラー・ヴォーカル ●ポピュラー・インストゥルメント ●電子オルガン ●ミュージカル ●ダンス

※くわしくはこちらから
コース関連科目

本コースの学びの中心となる科目です。

ミュージカル総合演習/ミュージカル創作演習/ミュージカル歌唱法/ヴォーカル・メソッド/ミュージカル舞踊演習(バレエ)/ミュージカル舞踊演習(ジャズ)/ミュージカル音楽講座/ダンス演習/ジャズ・ダンス/日本舞踊

音楽基礎科目

音楽を勉強するうえで共通の基礎となる科目。専門の音楽力を着実に伸ばすため、基本的に必ず受講となります。

ソルフェージュ/音楽理論/作曲法/音楽史(世界と日本の音楽を考える)/指揮法/合唱/器楽合奏(含和楽器)/副科声楽/副科鍵盤楽器演習
共通選択科目

専門性を高めるための授業や、自身の興味に合わせて選択できる多様な音楽分野の科目が用意されています。

デスクトップ・ミュージック演習/ポピュラー音楽講座/MIDIシステム・テクノロジー/電子音響機器演習/音楽史(西洋音楽トピックス)/音楽史(ジャ ズ)/ダンス/視奏/リズムソルフェージュ/ピアノ構造論/音楽探検/音楽療法基礎/音楽療法/音楽療法応用技法/童謡・唱歌講座/副科吹奏楽/副科邦楽 合奏/インストラクター概論/ミュージック・ビジネス・マネジメント

※隔年開講等により不開講となる場合があります/コースによっては必修や対象外となる科目もあります

一般教育科目・
外国語科目・
保健体育科目

音楽をより深く理解するうえで欠かせない科目や、教養を広げる多彩な科目があります。

【一般教育科目】

教養基礎セミナー/文学/哲学/日本国憲法/西洋史/心理学/音響学/美学・芸術学/ 情報処理概論/日本語ライティング演習/クリティカル・シンキング演習/音楽活動ポートフォリオ作成

【外国語科目】

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語

【保健体育科目】

体育

履修におけるバックアップ

プラスレッスン制度(要申込)

専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

オープンレッスン制度(要申込)

在籍している専攻・コースにかかわらず、すべての教員のレッスンが聴講できます。

オフィスアワー

授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。

大学と短大間の単位互換制度

大学在籍者が短大の授業を履修しても「大学」の単位として認定される制度です。
同じく、短大在籍者が大学の授業を受講しても単位として認定されます。
※認定される単位数や対象の科目には条件があります。

特別実習

通常の授業とは別に、学生が取り組むさまざまな活動(演奏、伴奏、舞台制作、ボランティア、創作、研究など)を単位として認定します。

<科目例>

・創作活動特別実習 ・伴奏特別実習 ・舞台論特別実習
・社会活動特別実習 ・インターンシップ特別実習
・演奏論特別実習専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

大学コンソーシアム大阪の単位互換

「大学コンソーシアム大阪」に加盟する他大学の授業を履修し、修得した科目を大阪音楽大学の単位として認定する制度です。


取得できる資格

・中学校教諭二種免許状(音楽) 


受験までの流れ

受験までの流れはこちらをチェック!

体験イベント

授業見学

羽鳥三実広教授が指導する「ミュージカル総合演習&創作演習」を実際に見てみませんか?日程を確認&予約するだけでOKです。ぜひこの熱気を体感してみて!

■お申込み・お問合せ
(フリーコール)0120-414-015
「ミュージカル・コース授業見学」係まで