大阪音楽大学 学部・専攻

トップ | 学部・専攻 | 短期大学部音楽科 | 声楽コース

大学音楽学部 音楽学科

100年もの間、数多くの著名な演奏家たちを輩出してきた大阪音楽大学。
学習環境の最大の特徴は、全国でも珍しいオペラハウスを備えた大学であることと、
プロの世界と同じシステムで行われる授業があるということ。
本学のカリキュラムの強さは、国内外で活躍する歌手の多さからも明らか。
驚きと感動の大音で、世界の檜舞台への道を開きませんか。



授業の特色

これが声楽 自慢の時間割! 〈ある大学3年次の履修モデル〉


声楽界の第一線で活躍する約70名の教員が、一人ひとりの個性を見極めた指導を行います。

毎週45分の個人レッスン+毎日の歌唱グループレッスン
実技の授業量が違う!


◎『歌唱表現特別研究』では特任准教授から直接レッスンを受けられる!


【短大はココがスゴイ!】
◎2年間に凝縮して学ぶから
マンツーマンレッスンも週2回
◎多彩なジャンルの
歌唱法を学べる!
 世界名曲講座/日本名曲講座/合唱/ヴォーカルアンサンブル/歌曲発語演習...

プロへの最短ルート、 “特研”って?

オーディションにより選抜し、3年次より“プロフェッショナルな演奏家”を養成する特別研究クラスを設置。「オペラ特別研究」「歌曲特別研究」という形でそれぞれの専門分野を深く研究し、プロの演奏家として活躍するための技術を磨きます。〈大学対象〉

歌曲は4カ国語を研究、オラトリオも。

イタリア、ドイツ、フランス、日本の4カ国語の歌曲やオラトリオ(宗教曲)を、それぞれ専門分野の教員によるレッスンで学習します。

充実したホール&スタジオ施設!

声楽学生憧れの舞台

ザ・カレッジ・オペラハウス
756の客席を備えた本格的なオペラ劇場。学生たちによる演奏会はもちろん、内外の著名な音楽家を招いての演奏会も開催。日本で初めて専属のプロ管弦楽団・合唱団を持った劇場です。


音響・照明など最新設備を完備

ミレニアムホール
室内楽コンサートに最適な、音楽ホール型教室。音響や照明技術など舞台機構の操作法を実践を通じて学べます。在学生なら原則無料で使用することができ、連日のように演奏会やイベントが開催されています。


声楽専用の贅沢な教室

オペラスタジオ
実際のオペラ劇場のステージと同じ広さに設計された、鏡張りの演習場。オペラ関連の授業はほとんどここで行います。衣装・大道具・小道具などもすべて備えた贅沢な環境です!

オペラの授業だけでも多種多様!

◎「オペラ実習」がすごい!

オペラ研究「魔笛」大満足の公演後!

今のオペラ界で歌手に求められる技術と音楽性を学べる「オペラ実習」! 大学院&大学専攻科&大学4年生との合同の授業で、1年に1本のオペラを完成させます。厳しいオーディションによって配役が決められ、全国の主要な劇場で活躍する指揮者や演出家から、プロさながらの細やかな指導を受けられる絶好の機会。成果発表となるザ・カレッジ・オペラハウスの公演では満員の観客を前に、舞台に立つ感動と貴重な実践経験を積むことができます。

◎ミレニアムホールで成果発表する 「オペラ研究」も。

オペラ実習の成果「学生オペラ」の公演風景

「オペラ研究」では、全員がキャストとして一つの役を原語で学び、ドラマや役柄を通して歌唱表現や演技を研究。12月にはミレニアムホールでオペラ全幕の発表会を行い、オペラをつくりあげる工程や舞台に関するすべてを学びます。

◎学生だけで創り上げるオペラ、「Tutti」。

専攻やコースの垣根を越えて、100名近い学生が参加する学生主体のオペラ公演「Tutti」。そのコンセプトは、学生がすべて行う、ということ。演奏・出演はもちろん、資金集めからオーディション、美術や衣装など裏方の仕事にいたるまで、すべて学生の手で進められます。1981年から30年以上も続くイベントとして、本学の学生の自主性を尊重する伝統を脈々と受け継いでいます。

アルベルト・ゼッダ氏を囲んで

プロの公演にもカヴァーキャストとして参加!
世界的巨匠の指揮者アルベルト・ゼッダ氏に直接一人ひとりが指導を受け、得がたい経験をしています。

◎オペラは原語じゃなきゃ意味がない!

オペラの授業は早くから日本語訳ではなく原語公演を取り入れている本学。学生のうちから“原語”で歌い演じることは簡単ではありませんが、これが本当に重要なことなのです。大音では入学直後の1年生からイタリア人講師によるイタリア語のディクション(発音法)&歌唱を研究し、正しいアクセントで美しく発語できるよう、子音と母音の扱い方から顔・身体全体を使った表情法まで学んでいきます。こうして在学中から原語で歌うことに慣れるため、卒業後プロの世界でとまどうことがありません。5人しか合格しない難関である「新国立劇場オペラ研修所」に多くの卒業生が合格しているのも、これらの成果といえます。

ネイティブ講師による発語指導

*短大のみ **大学のみ


実績と進路

文化庁芸術祭大賞など数々の賞を受賞するオペラ公演

多くの卒業生がプロの歌手として、「ザ・カレッジ・オペラハウス」公演にソリストや合唱団として出演し続けています。

〔声楽のおもな進路〕
●オペラ歌手 ●ミュージカル俳優 ●指導者 ●学校教員 ●公演スタッフ(裏方) ●イベント運営 ●ホール運営 ●音楽ライター 



カリキュラム


 短 大【教育目標】

世界に広がる音楽文化を広量な精神をもって理解、摂取し、時代に先駆けた創造的、実験的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、幅広い人間力や音楽即戦力を備えた音楽人を育成すること。

短大は「実技レッスン」を中心としたカリキュラム!

実技レッスン
(週2回)

①45分の個人レッスン(自分のレッスン)

②30分の実技レッスン(下記より選択)

●作曲 ●声楽 ●ピアノ ●管楽器 ●弦楽器 ●打楽器 ●クラシックギター ●邦楽楽器 ●ジャズ ●ポピュラー・ヴォーカル ●ポピュラー・インストゥルメント ●電子オルガン ●ミュージカル ●ダンス

※くわしくはこちらから
コース関連科目

本コースの学びの中心となる科目です。

音楽基礎科目

音楽を勉強するうえで共通の基礎となる科目。専門の音楽力を着実に伸ばすため、基本的に必ず受講となります。

ソルフェージュ/音楽理論/作曲法/音楽史(世界と日本の音楽を考える)/指揮法/合唱/器楽合奏(含和楽器)/副科声楽/副科鍵盤楽器演習
共通選択科目

専門性を高めるための授業や、自身の興味に合わせて選択できる多様な音楽分野の科目が用意されています。

デスクトップ・ミュージック演習/ポピュラー音楽講座/MIDIシステム・テクノロジー/電子音響機器演習/音楽史(西洋音楽トピックス)/音楽史(ジャズ)/ダンス/視奏/リズムソルフェージュ/ピアノ構造論/音楽探検/音楽療法基礎/音楽療法/音楽療法応用技法/童謡・唱歌講座/副科吹奏楽/副科邦楽合奏/インストラクター概論/ミュージック・ビジネス・マネジメント

※隔年開講等により不開講となる場合があります/コースによっては必修や対象外となる科目もあります

一般教育科目・
外国語科目・
保健体育科目

音楽をより深く理解するうえで欠かせない科目や、教養を広げる多彩な科目があります。

【一般教育科目】

教養基礎セミナー/文学/哲学/日本国憲法/西洋史/心理学/音響学/美学・芸術学/ 情報処理概論/日本語ライティング演習/クリティカル・シンキング演習/音楽活動ポートフォリオ作成

【外国語科目】

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語

【保健体育科目】

体育

履修におけるバックアップ

プラスレッスン制度(要申込)

専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

オープンレッスン制度(要申込)

在籍している専攻・コースにかかわらず、すべての教員のレッスンが聴講できます。

オフィスアワー

授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。

大学と短大間の単位互換制度

大学在籍者が短大の授業を履修しても「大学」の単位として認定される制度です。
同じく、短大在籍者が大学の授業を受講しても単位として認定されます。
※認定される単位数や対象の科目には条件があります。

特別実習

通常の授業とは別に、学生が取り組むさまざまな活動(演奏、伴奏、舞台制作、ボランティア、創作、研究など)を単位として認定します。

<科目例>

・創作活動特別実習 ・伴奏特別実習 ・舞台論特別実習
・社会活動特別実習 ・インターンシップ特別実習
・演奏論特別実習専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

大学コンソーシアム大阪の単位互換

「大学コンソーシアム大阪」に加盟する他大学の授業を履修し、修得した科目を大阪音楽大学の単位として認定する制度です。


取得できる資格

・中学校教諭二種免許状(音楽)


受験までの流れ

受験までの流れはこちらをチェック!

体験イベント

オープンキャンパス

日程はこちらから
 

高校生のためのオペラセミナー

詳しくはこちらから