平成5年度 特別講義・演奏週間

 特別講義
 
 ティニー・ヴィルツ ケルナー・ピアノ・トリオ ルドルフ・ケレル フィリップ・キュペール ダンテ・マッツォーラ
画像 画像 画像 画像 画像
5月31日~6月1日
ピアノ
6月10
ピアノ
6月30日
ピアノ
7月3日
クラリネット
9月28日
声楽

前田昭雄 ジュリアス・ベーカー 宮本文昭 テオ・ブラントミュラー ヴォルフガング・プラート
画像 画像 画像 画像 画像
9月29日
楽理
9月30日
フルート
10月2日
オーボエ
10月8日
作曲
10月19日
楽理

エーリッヒ・アンドレアス ミラン・トルコヴィッチ ヴォルフガング・シュルツ フー・ツォン クロード・ドゥラングル
画像 画像 画像 画像 画像
10月19~20日
ピアノ
10月20日
ファゴット
10月21日
フルート
10月26~30日
ピアノ
11月5日
サクソフォーン

菅原淳 ジャン=
ジャック・デュンキ
エドワード・ウォルソン 渡辺護  
画像 画像 画像 画像  
11月5日
打楽器
11月9日
ピアノ
‘94年1月17日
ヴァイオリン
2月14日
楽理
(退任記念特別講演)
 
 

当年度は演奏週間中のものを含め、全23件(短大音楽専攻特別講義「テーマ研究講義」を除く)。また6月2日、11月1日には特別講義で公開レッスンを行ったティニー・ヴィルツ、フー・ツォン(年表中に写真掲載)のリサイタルも開催した。
 
ティニー・ヴィルツ ピアノ・リサイタル
画像

 

 
 演奏週間

バイロイト音楽祭の舞台に立ち、ジュゼッペ・シノーポリらとの共演も行うなど、欧米での活躍めざましいメゾ・ソプラノの片桐仁美の凱旋公演となるリサイタルなど、演奏会9、発表・討論会12、特別講義5の全26件の催しを開催。会場は吹奏楽演奏会のアルカイックホールを除いて、他はオペラハウスを中心に全て学内。第36回定期演奏会は、その片桐をソリストに迎えたマーラー《亡き子をしのぶ歌》やヴェーベルン《パッサカリア》、ブラームス《交響曲第4番》と3曲とも本学初の演奏曲であった。

 
総合パンフレット
画像
学内外26件の催し一覧(10月19日~11月27日)
画像

 

大阪音楽大学管弦楽団
演奏会
第8回
ピアノ・グランド・コンサート
短大音楽専攻ジャズ・
ポピュラー・クラス発表会
短期大学部第2回演奏会
画像 画像 画像 画像
10月19日
10月29日
11月10日
11月15日

片桐仁美
メゾ・ソプラノリサイタル
新田英開による特別講義 楽器博物館第38回
レクチャー・コンサート
作曲専攻生による討論会
画像 画像 画像 画像
11月16日
11月16日
11月17日
11月17日

第16回邦楽演奏会 有森博ピアノ・リサイタル 第36回定期演奏会 第27回吹奏楽演奏会
画像 画像 画像 画像
11月18日
11月19
11月20日
11月27日

 

チラシ    
短期大学部第2回演奏会
画像
第36回定期演奏会
画像
第26回吹奏楽演奏会
画像