平成4年度 特別講義・演奏週間

 特別講義
 
 ジャコモ・マンゾーニ 濃野雄二 二宮和子 マリア・レアーリ ジャック・ランスロ
画像 画像 画像 画像 画像
5月19日
作曲
5月19日
フルート
5月19日~全3回
クラリネット
5月21日
チェロ
5月30日~全3回
クラリネット

オレグ・マイセンベルク スティーヴン・ミード マルタ・ランティエリ ルーベン・ゴンザレス 吉田治人
画像 画像 画像 画像 画像
6月1日
ピアノ
6月13日
ユーフォニアム
6月15日~7月10日
声楽
6月29日
ヴァイオリン
7月25日
トランペット

マルタ・ランティエリ アラン・ダミアン 前田昭雄  ピエール・ジョルジョ・
モランディ
ルイス・デ・パブロ
画像 画像 画像 画像 画像
9月1~17日
選抜学生オペラ演出
9月19日
クラリネット
9月22日
楽理
9月28日
声楽
10月8日
作曲

ホルスト・ギュンター ハンク・ジョーンズ ダニエル・ドゥファイエ 山高哲誠 尹伊桑
画像 画像 画像 画像 画像
11月4、5日
声楽
12月3、4日
ジャズ
12月7日
サクソフォーン
‘93年1月13日
打楽器
(退任記念特別講義)
3月31日
作曲

当年度は、この他に以下の特別講義・公開レッスンを開催。演奏週間中のものを含め、全28件(短大音楽専攻特別講義「テーマ研究講義」を除く)。
 
5月18日   日伊音楽交流「音楽の虹フェスティバル」
 現代音楽のためのシンポジウム「伝統と現代」
 
作曲
11月4日   新田英開 声楽


 

声楽の公開レッスンに加え、この年の第4回選抜学生オペラ《フィガロの結婚》の演出も手がけたマルタ・ランティエリは、約20年間ウィーン国立歌劇場の演出家であった。学生達はたびたび、「音楽的に、語るように、そしてノーブルに演じて欲しい」と指導されていたという。
 
ゲネ・プロ
画像
楽屋にて
画像
終演後
画像


 

また、7月6日、ザ・カレッジ・オペラハウスにおいて、ロシアの世界的メゾ・ソプラノ、エレーナ・オブラスツォワのリサイタルが声楽特別講義として行われた。アンコール6曲を含む18曲が演奏された。
 
E.オブラスツォワ
メゾ・ソプラノ リサイタル

画像

舞台袖で談笑するE.オブラスツォワとM.ランティエリ
画像



 

 演奏週間

4年ぶりにロジェ・ブートリー客員教授が吹奏楽演奏会、定期演奏会のタクトを振り、特別講義、公開レッスンなども行った。演奏会9、発表・討論会10、特別講義7の全26件の催しに出演者、鑑賞・受講者(学外含む)のべ約8,000名が参加した。吹奏楽演奏会のアルカイックホール以外はオペラハウスを中心に学内で開催。

 
総合プログラム
画像
学内外26件の催し一覧(10月20日~11月22日)
画像

 

大阪音楽大学管弦楽団演奏会 大阪音楽大学短期大学部
第1回演奏会
第7回ピアノ・グランド・コンサート
画像 画像 画像 画像
10月20日
10月20日
10月27日
11月6日

音楽学部専攻科ピアノ
アンサンブル発表会
第25回吹奏楽演奏会 ダニエル・ドワイヨ&北野徹
ジョイント・リサイタル
ロジェ・ブートリーによる
作曲特別講義
画像 画像 画像 画像
11月12日
11月14日
11月16日
11月16、19、20日

第15回邦楽演奏会 第6回新作展 第35回定期演奏会  
画像 画像 画像 画像
11月17日
11月18日
 
11月21日、22日

 

チラシ    
大阪音楽大学管弦楽団演奏会
画像
第25回吹奏楽演奏会
画像
第35回定期演奏会
画像