1994年 ザ・カレッジ・オペラハウス主催公演

年表に掲出したコンサート・オペラ・シリーズⅠ《魔弾の射手》、モーツァルト・オペラ・シリーズⅤ《魔笛》、日本オペラ・シリーズⅡ《よさこい節》以外の公演は以下の通り。この年のザ・カレッジ・オペラハウス主催公演は全10件であった。
 

5月17日 インテグレーティッド・ウインズ ウインズ・スプリング・コンサート
チラシ
画像

画像

5月20日 ブルーノ=レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル
チラシ
画像

画像

5月24日 ハンク・ジョーンズ ピアノ・トリオの夕べ(第3回ハンク・ジョーンズ ピアノ・ワークショップ)
チラシ
画像

画像

6月10日 ザ・カレッジ・オペラハウス第11回定期演奏会
チラシ
画像

画像

10月7日 ザ・カレッジ・オペラハウス第12回定期演奏会
チラシ
画像

画像

10月20、24、25日 ベートーヴェン・ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会(オペラハウス室内楽シリーズ その5)
宗倫匡教員が自身の音楽活動の集大成として行ったもので、東京、名古屋と巡演した最終公演であった。宗教員によれば全曲演奏の動機について、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは「春」、「クロイツェル」の副題で知られる第5、第9番以外は演奏される機会が少ないが、全10曲の個性は全く異なり、その発展の様子を聴いてもらいたかったと述べている。
 
チラシ
画像

画像

11月10日 仲道郁代 ピアノ・リサイタル
チラシ
画像

画像