関西吹奏楽の躍進

1960年代前半の全日本吹奏楽コンクールにおける関西勢の躍進は目覚ましい。特に1962年(昭和37年)は地区の大会かと見紛うばかりの大活躍であった。とりわけ演奏に定評のあったのは阪急百貨店である。講評の賛辞から図抜けた上手さが推し量られる。少年音楽隊の育成システムが上手く機能していたことがうかがえる。以下、当時の関西勢の大活躍を記したい。

 

 1961年11月12日 第9回全日本吹奏楽コンクール(東京都台東体育館)
中学校の部 1位 兵庫県  西宮市立今津中学校吹奏楽部
高等学校の部 2位 大阪府  天王寺商業高等学校音楽部
大学の部 2位 大阪府  関西大学応援団吹奏楽部
一般の部 2位 兵庫県  明石高等学校OB吹奏楽団
職場の部 1位 大阪府  阪急百貨店吹奏楽団

 

 1962年10月28日 第10回全日本吹奏楽コンクール(室蘭市富士製鉄体育館)
中学校の部 1位 兵庫県  西宮市立今津中学校吹奏楽部
高等学校の部 1位 大阪府  天王寺商業高等学校音楽部
大学の部 1位 兵庫県  関西学院大学応援団総部吹奏楽部
一般の部 1位 大阪府  明石高等学校OB吹奏楽団
職場の部 1位 兵庫県  阪急百貨店吹奏楽団

 

 1963年11月10日 第11回全日本吹奏楽コンクール(岐阜市民センター)
中学校の部 2位 奈良県  天理中学校吹奏楽部
高等学校の部 2位 大阪府  天王寺商業高等学校音楽部
大学の部 1位 兵庫県  関西学院大学応援団総部吹奏楽部
一般の部 1位 大阪府  明石高等学校OB吹奏楽団
職場の部 1位 兵庫県  阪急百貨店吹奏楽団
西宮市立今津中学校吹奏楽部は3年連続1位による招待演奏を行った。
 
 
 1964年11月8日 第12回全日本吹奏楽コンクール(高松市市民会館)
中学校の部 1位 兵庫県  西宮市立今津中学校吹奏楽部
高等学校の部 1位 奈良県  天王寺商業高等学校音楽部
大学の部 1位 兵庫県  関西学院大学応援団総部吹奏楽部
一般の部 1位 兵庫県  明石高等学校OB吹奏楽団
阪急百貨店吹奏団は3年連続1位による招待演奏を行った。
 
 
 1965年11月14日 第13回全日本吹奏楽コンクール(長崎市公会堂)
中学校の部 1位 兵庫県  西宮市立今津中学校吹奏楽部
高等学校の部 1位 奈良県  天理高等学校吹奏楽部
大学の部 1位 大阪府  関西大学応援団吹奏楽部
職場の部 1位 大阪府  阪急百貨店吹奏楽団
明石高等学校OB吹奏楽団と関西学院大学応援団総部吹奏楽部は3年連続1位による招待演奏を行った。



全5部門を制覇した関西勢の快挙を伝える朝日新聞(昭和37年10月29日)

画像
※画像をクリックすると拡大します