大阪における現代音楽

1959年は大阪における現代音楽に関して重要な年である。前年に作曲家グループ「えらん」が演奏活動を開始したのに加え、BK(現・NHK大阪放送局)による電子音楽の試みがなされ、上野晃が現代音楽研究所を立ち上げ、朝日会館において第1回演奏会を開催した。プログラムからわかるように、しっかりと構成された日本とヨーロッパの作品が中心であり、現代音楽研究所の方向が見て取れる。『音楽芸術』で数ページに及ぶ特集が組まれるなど、演奏会は大きな話題を呼んだ。



作曲家グループ「えらん」テープによる第1回作品発表会 プログラム表紙

プログラム




現代音楽研究所 第1回現代作品演奏会と公開討論会 プログラム


※画像をクリックすると拡大します