大阪音楽大学 学校概要

トップ | 学校概要 | 附属機関・施設・関連団体 | 音楽メディアセンター〔楽器資料館〕 | 楽器分類

所蔵資料検索

楽器分類

●気鳴楽器

  • ・トランペット・ホルン属:管内が円筒または円錐形で、奏者の唇の振動によって発音する。
  • ・単打簧笛属:一枚のリードの振動によって発音する。
  • ・複簧笛属:二枚のリードの振動によって発音する。
  • ・自由簧笛属:吸っても吹いても振動する自由なリードによって発音する。
  • ・縦笛属:管の上端開口部の縁に息を吹きつけて発音する。
  • ・刻笛属:管の上端V型エッジに息を吹きつけて発音する。
  • ・嘴笛属:通息口から側面に設けたエッジに息を吹きつけて発音する。
  • ・横笛属:管の側面孔の縁に息を吹きつけて発音する。
  • ・パンパイプ属:複管で、各管の上端開口部の縁に息を吹きつけて発音する。
  • ・自由気鳴楽器属:管を持たず、空気(息)の流れによって発音体を振動させる。

●弦鳴楽器

  • ・棒型ツィター属:棒に張った弦の振動によって発音する。
  • ・筒型ツィター属:筒に張った弦の振動によって発音する。
  • ・長板胴ツィター属:長形板に張った弦の振動によって発音する。
  • ・板型ツィター属:板に張った弦の振動によって発音する。
  • ・短棹リュート属:共鳴胴に棹(ネック)をつけて、張った弦の振動によって発音する。棹は胴より短い。
  • ・長棹リュート属:共鳴胴に棹(ネック)をつけて、張った弦の振動によって発音する。棹は胴より長い。
  • ・リラ属:共鳴胴から出た2本の腕木に横棒を渡して、共鳴胴と横棒の間に張った弦の振動によって発音する。
  • ・弓型ハープ属:共鳴胴を延長した弓型の棹(ネック)から響板に対して垂直に張った弦の振動によって発音する。
  • ・竪型ハープ属:共鳴胴と棹(ネック)が折れ曲がった関係にあり、響板に対して垂直に張った弦の振動によって発音する。

●体鳴楽器

  • ・合撃体鳴楽器:一対の楽器を打ち合わして発音する。
  • ・打撃体鳴楽器:ばちなどで打って発音する。
  • ・踏撃体鳴楽器:足で踏んで発音する。
  • ・搗撃体鳴楽器:地面などに叩きつけて発音する。
  • ・振撃体鳴楽器:振って発音する。
  • ・擦奏体鳴楽器:刻みのある表面を擦って発音する。
  • ・撥奏体鳴楽器:はじいて発音する。
  • ・摩擦体鳴楽器:摩擦によって発音する。

●膜鳴楽器

  • ・浅型単面鼓属:膜直径より胴の短い開胴単面鼓。
  • ・深型単面鼓属:膜直径より胴の長い開胴単面鼓。
  • ・浅型釜鼓属:膜直径より胴の短い閉胴単面鼓。
  • ・深型釜鼓属:膜直径より胴の長い閉胴単面鼓。
  • ・浅型両面鼓属:膜直径より胴の短い両面鼓。
  • ・深型両面鼓属:膜直径より胴の長い両面鼓。

●楽器以外の立体資料

  • ※付属:楽器本体以外のもの。 バチ、台、部品など。
  • ※その他:発音原理を持たない立体資料。 人形、玩具など。