大阪音楽大学 学校概要

トップ | 学校概要 | 附属機関・施設・関連団体 | 音楽メディアセンター〔楽器資料館〕 | 催事スケジュール

催事スケジュール

●大阪音楽大学楽器資料館・大阪芸術大学博物館共同企画

平成29年度文化庁地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業
交流する大学ミュージアムを目指して ~大学の扉を開く~
「音楽を再生する道具とその変遷」

 日時:
2017年10月28日(土) 14:00開演(13:30開場)
 会場:大阪音楽大学楽器資料館
     (第2キャンパス 100周年記念館3階)
     終了致しました

 人間は生活の便利さ、快適さを求め、さまざまな道具を生み出してきました。「音」においては、伝達、祈り、楽しみなどを目的として音具や楽器を創出し、やがて紙などに記録された音楽作品を時空に現わす道具として高めてきました。そして、瞬時に消える音を記録し、再生する道具をも考案してきました。
技術革新により、音楽を再生する道具は進歩し続けているように思われますが、置き去られた「音」は少なくありません。音楽を再生する道具をとおして「創作された時刻」「経過してきた時間」を皆さまと共にたどってまいります。

 

◆ 歴史的ピアノを楽しむ ~ピアノは大きくなった~
モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンらが創作活動を行った年代のオリジナル・ピアノで、楽曲が創作された当時の音色をお楽しみいただきます。
フォルテピアノ演奏:中村展子(大阪音楽大学大学院講師)

 

◆蓄音機はこんな音を再現していた
蓄音機の再生音のみずみずしさを体験すろとともに、デジタル再生との違いを体験していただきます。また、録音当時の生の楽器の音と聴きくらべていただきます。
蓄音機解説:柳 知明(東大阪市民美術センター学芸部長)

◆パイプオルガン、そして電子の音
鍵盤の左右に付けられたストップ(音栓)の役割は?
音楽の小宇宙、パイプオルガンの魅力をご紹介するとともにあの名曲をお楽しみいただきます。
オルガン演奏:土橋 薫(大阪音楽大学特任教授)

●平成29年度文化庁地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業
 交流する大学ミュージアムを目指して ~大学の扉を開く~
《スタンプラリー》 知識の宝を探しに行こう
 開催期間:
2017年9月~2018年1月
関西圏にある18の大学ミュージアム(博物館・美術館・文学館等)が連携して、大学組織の枠組みを越えた人材育成や地域貢献を行っています。様々な可能性を持つ大学ミュージアムの扉を、ぜひ開いてください。
期間中に各大学ミュージアムのスタンプを集めた方には大学ミュージアムグッズをプレゼントします。
各ミュージアムの窓口でスタンプを押してもらい、スタンプが集まったら、大学ミュージアムの窓口へお持ちください。スタンプ3種類でグッズ1点、10種類でグッズの詰め合わせ、コンプリート(18種類)で特製グッズ1点をお渡しします。
・各ミュージアムで、スタンプラリー用紙と加盟館一覧の冊子をご用意しています。
・各ミュージアムの開館日、開館時間などは、かならずホームページなどでご確認のうえ、お出かけください。
その他関連情報・最新情報はこちら→ かんさい・大学ミュージアムネットワーク facebook