大阪音楽大学 学校概要

トップ | 学校概要 | 附属機関・施設・関連団体 | 音楽幼稚園 | 音楽幼稚園について

音楽幼稚園について



保育の中に幼児音楽教育を織り込んだ、独自のカリキュラムを持つ幼稚園です。 「音楽を通して豊かな心を育てる」を指標に保育を行なっています。
特に様々な楽器に触れる楽器遊び『Poco』では、楽器を使って子どもの意欲を育みます。
また、広い芝生の園庭(1,477㎡)は春から秋にかけて裸足で遊びます。 毎週水曜日はオープン保育の日、一人一人が自由に活動を選んで取り組みます。 年に5,6回専門講師による体育指導も実施します。
就園前の2歳児の親子で歌やリズムを楽しむあそびのおへや『りんごクラブ』もあります。


子どもが音楽を心から楽しむことにより豊かな情操を育て、子どもの個性と可能性を伸ばします。 また、さまざまな活動に子どもが自信を持って取り組み、自ら向上しようとする心を養います。 豊かな人間性の成長の基礎を培うために、自立した心を育みます。


  • ・創造性を育成するために、子どもの感性を刺激し子ども自身の発想を生かしながら 音楽に能動的に関わろうとする意欲を育てます。
  • ・発表する喜び・協力する心・自律する心を育てるために、集団で取り組む音楽を中心とした保育を展開します。
  • ・豊かな感性、生き生きとした個性を育てるために、実験的な研究の成果に基づいた独自の音楽カリキュラムによる 豊富な音楽体験(遊び)の場を提供します。
  • ・豊かな表現力を身に付けるために、子どもが伸びやかな気持ちで絵画製作活動に取り組むことができるような、 創造のための環境を整えます。
  • ・自発的積極的に行動する子どもを育成するために、オープン保育を実施します。
  • ・自然に親しむ心を育てるために、園内の畑でイチゴやサツマイモ、プランターでは草花を育て、 観察する機会を多く持ちます。
  • ・自然に親しむ心を育てるために、芝生の園庭を裸足で遊び大地を体感します。
  • ・人間関係を築く力を育むために、会話や絵本の読み聞かせを通して言葉による自己表現力(話す能力と聞く能力) を養います。
  • ・人間関係を築く力を育むために、自分の気持ちに共感を得る体験や自己肯定感を持つ体験を多く与えて 他者への理解や思いやりの心を育てます。
  • ・のびのびと身体を動かし身体が健やかに成長するために、専門講師による体育指導をはじめ、 身近な道具を使った体育活動を実施します。
  • ・社会性を身につけるために、社会見学・公共の場での発表会・音楽鑑賞会の実施を通して、 様々な職業の人々に接する機会を持ちます。
  • ・社会性を身につけるために、場に応じた正しい挨拶やふさわしいマナーを指導します。



2016年度 自己評価はこちらをご覧ください。
2016年度 学校関係者評価はこちらをご覧ください。